【志賀町の雪】基本的な傾向を知る(時期・量など)

自然・気候

石川県羽咋郡志賀町(しかまち)は、石川県の能登地方(能登半島)に位置する町です。町内は南北に細長く、西側を日本海に面しており、平地・丘陵地が混在した環境となっています。

気候は「日本海側気候」の特徴が見られ、「冬型の気圧配置」となる際に雪が降る・積もることは珍しくありません。また、海沿いということで、強い季節風が吹き付けやすい環境です。但し、雲の動きの関係上、雪の量は比較的増えにくいほか、北陸地方のため気温はそれほど低くなく、平地の「冬の気候」には年ごとの差が生じやすいと言えます。

豪雪地帯指定

豪雪地帯志賀町全域
特別豪雪地帯

雪の時期

比較的降りやすい時期12月〜2月
まれに降る場合がある時期3月
ほぼ降らない(極めてまれに降る事例がある程度)時期11月・4月
根雪・根雪にならない年が多い
・まれに見られる場合は主に1〜2月中の一部など
上記は志賀町中心部(役場付近)の場合・過去の一般的な傾向

雪の量

志賀町中心部(役場付近)・年ごとの差が大きい
・最大10〜30cm台程度積もる年が多め
・一部の年で50cm以上と多めの積雪が見られる
・1m前後積もるような豪雪は極めてまれ
・大暖冬の場合、最大10cm未満の積雪に留まるケースも
地域差・海沿いよりは内陸側で多い傾向
・状況によっては北側より南側で多い場合あり
周辺地域との比較
※中心部で見た場合
・七尾市と比べやや少ない
・金沢市と比べやや少ない
・高岡市と比べ少ない
上記は過去の一般的な傾向

雪の要因

主な要因冬型の気圧配置(西高東低)
風向き(冬型)「西寄り」から雲が入る場合に雪がまとまりやすい傾向
大雪の要因(冬型)主に強い冬型の際に「JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)」の影響を受けるケース
その他要因頻度は少なく影響は小さい(ごくまれに南岸低気圧など)

ここがポイント

石川の雪みちナビ
石川県,除雪対策,雪みちネットワーク

志賀町は、主に雲が流れ込んで来る側である西側を日本海に面する地理的特性上、沿岸部の雪は県内でも少ない傾向が見られる地域です。町内でも富来方面の一部など北側の沿岸部では、地域によっては30cm以上積雪する機会が少ないような地域も存在します。

一方で、特に海からの季節風が強く吹き付けやすい環境のため、それほど頻度は多くないものの、気温が低い状況で雪が降る場合は、吹雪などによる視界不良に見舞われるケースもあります。

北陸地方ということで、総合的に見ると「湿った重い雪」が降る場合が目立ちます。平地で長期間積雪が残るケースは少ないものの、状況によっては「ぬかるみ」や「再凍結」などで道路状況が悪くなることもあります。