【川崎町の雪】西側ほど増える傾向の地域

自然・気候

宮城県柴田郡川崎町(かわさきまち)は、宮城県の南西部に位置する町です。東側を山形県に隣接する町内は、蔵王連峰とその山麓部に含まれる地域などが広がっています。

気候は西側ほど日本海側気候の特徴が、東側ほど典型的な太平洋側気候の特徴が大きくなります。雪は地域によってはかなり多くなる場所もあり、平地も含め降る・積もることは珍しくありません。

豪雪地帯川崎町全域
特別豪雪地帯

雪の時期

降りやすい時期12月〜2月
降る場合がある時期11月・3月・4月
根雪・見られない年も一般的
・見られる場合主に1月、2月中
川崎町中心部(役場周辺)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

川崎町中心部(役場周辺)・最大20〜30cm台程度の積雪となる年が多い
・50cm以上積もるケースはそれほど多くない
地域差・東側よりも西側で雪が増えやすい
・県境に近い側などは、1m以上の積雪も見られる環境
周辺地域との比較
※中心部の場合
・仙台市と比べ多い
・山形市と比べやや少ない
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

要因・主に冬型の気圧配置
・低気圧、気圧の谷などのケースも
大雪のケース・強い冬型の気圧配置
・太平洋上を発達しながら通る低気圧(寒気が残っている場合)

注意点

宮城県川崎町公式ホームページ トップページ
宮城県川崎町公式ホームページです。

川崎町は、宮城県内の太平洋に面する地域と比べ、雪は多い地域です。蔵王連峰による地形的な影響もあり、地域によっては雪雲が発達しやすく、雪の量がかなり多くなることもあります。

町内の地域差(主に東西)も大きく、標高が高い地域・山形県境に近い側などは、1mを上回るようなかなりの積雪となる場合もあります。

内陸部で気温が低いため、乾いた雪の影響で「吹雪・地吹雪」となり、視界が悪化するケースも時折見られます。