【檜枝岐村の雪】標高が高い・雪も非常に多い

自然・気候

福島県南会津郡檜枝岐村は、福島県の南西端に位置する村です。村内は事実上ほぼ全域が山地で、標高は人が住む地域でも1,000m近い環境となっています。

日本有数の豪雪地として知られ、標高が高く気温も非常に低いため、雪が降る期間が長いことも特徴です。

豪雪地帯
特別豪雪地帯檜枝岐村全域

雪の時期

特に降りやすい時期12月〜3月
降る場合がある時期11月・4月
※過去にはごくまれながら10月後半の降雪事例もあり
根雪・長期間雪に覆われやすい
・12月〜4月(特に前半)にかけて見られやすい
・3月中に根雪が消える年はかなりまれ
・4月後半頃にかけて雪が残った年もあり
檜枝岐村中心部(役場周辺)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

檜枝岐村中心部(役場周辺)・2m以上の積雪が一般的な地域
・特に雪が多い年は3m以上の積雪も
・暖冬年であっても最大1m前後〜2m程度の積雪が見られる
地域差・どこであっても非常に多い
・標高が上がると更に増える場合あり
周辺地域との比較・会津若松市と比べ極めて多い
全て「過去の一般的な傾向」

檜枝岐アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)1221cm(平年値)
年間最深積雪222cm(平年値)
観測史上最大の積雪深339cm(2015/2/15)
気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。

雪の要因

要因・主に冬型の気圧配置
・南岸低気圧、気圧の谷などのケースも一般的
大雪のケース・主に強い冬型の気圧配置
・他地域では大雪にならない場合も、気温が低いため大雪になりやすい

注意点

檜枝岐村は、福島県内のみならず、日本国内でも屈指の豪雪地です。積雪が2m以上となるケースが珍しくありません。アクセスルートは国道352号線1本であり、他地域では雨の場合でも、村内では積雪しているケースも多いため、運転などには十分な注意が必要です。

平均気温は札幌より低いため「雪が降る期間」も長く、11月や4月など、平地では雪をイメージする機会がほぼない時期であっても、年によっては積雪するケースがあります。

内陸で気温が低いため、乾いた雪の影響で「吹雪・地吹雪」となり、視界が悪化することもあります。