【只見町の雪】日本国内有数の豪雪地

自然・気候

福島県南会津郡只見町(ただみまち)は、福島県の西端に位置する町です。水力発電が盛んな地域として知られる町内は山地・ダム湖(田子倉湖・只見湖)が大半を占めており、人が住む地域も含め標高は比較的高くなっています。

福島県内のみならず「日本有数」の豪雪地として知られ、冬のみならず春の前半などにかけて、かなり長期間雪に覆われることが日常となっています。

豪雪地帯
特別豪雪地帯只見町全域

雪の時期

特に降りやすい時期12月〜3月
降る場合がある時期11月・4月
根雪・長期間雪に覆われやすい
・12月〜4月にかけて見られやすい
・一部の年では11月下旬頃から見られる場合も
・3月中に根雪が消える年はまれ
・特に雪が多い年は、5月初めの時点で残っている年も
只見町中心部(役場周辺)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

只見町中心部(役場周辺)・2m以上の積雪が一般的な地域
・特に雪が多い年は3m以上の積雪も
・最大1m未満の積雪に留まる年は極めてまれ
地域差・どこであっても非常に多い
・南会津町(南郷)に近い集落などで若干減る場合も
周辺地域との比較・会津若松市と比べ極めて多い
全て「過去の一般的な傾向」

只見アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)1233cm(平年値)
年間最深積雪231cm(平年値)
観測史上最大の積雪深341cm(2013/2/25)
気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。

雪の要因

要因・主に冬型の気圧配置
・南岸低気圧、気圧の谷などのケースも
大雪のケース・主に強い冬型の気圧配置

注意点

【只見町の雪の状況についてご確認ください】|只見町公式ホームページ|福島県
南会津郡只見町の公式ページです。只見町は福島県の西南にあり、西南部は新潟県に接しています。伊南川や只見川の清らかな流れと、豊かな森林資源に恵まれています。

只見町は、福島県内のみならず「日本国内」屈指の豪雪地です。積雪が2m以上となるケースが珍しくありません。根雪は長期間残り、5月の時点でも道路脇などに見られる場合があります。

新潟方面から入る雪雲が、山地の地形の影響で発達しやすいため、より内陸側で更に標高の高い場所よりも、只見町内の中心部などの積雪が多くなるケースも一般的です。会津若松市街地と比べても極端な差があり、車で移動する場合などは特に注意が必要です。

内陸で気温が低いため、乾いた雪の影響で「吹雪・地吹雪」となり、視界が悪化することもあります。