金山町(福島)の「雪」【雪の量や時期に関する傾向を知る】

自然・気候

福島県大沼郡金山町(かねやままち)は、福島県会津地方西部に位置する町です。町内は概ね東西方向に只見川が流れており、それ以外はほとんどが山地となっています。

典型的な「日本海側気候」の地域で気温も低いため、福島県内有数の豪雪地であり、長期間雪に覆われやすい環境となっています。

豪雪地帯
特別豪雪地帯金山町全域

雪の時期

特に降りやすい時期12月〜3月
降る場合がある時期11月・4月
根雪・長期間雪に覆われやすい
・12月(特に後半)〜4月(特に前半)にかけて見られやすい
・3月中に根雪が消える年もあり
・特に雪が多い年は、4月後半にも見られる場合あり
金山町中心部(役場周辺)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

金山町中心部(役場周辺)・最大1m以上の積雪となる年が大半
・最大2m以上の積雪となる年も時折あり
・一部の暖冬年のみ、最大1m未満の積雪に留まる
地域差・どこであっても非常に多い
・東側よりも西側で更に多い傾向
・滝沢、大塩、横田、越川、山入地域などの雪が特に多い
周辺地域との比較・会津若松市と比べ極めて多い
全て「過去の一般的な傾向」

金山アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)975cm(平年値)
年間最深積雪162cm(平年値)
観測史上最大の積雪深230cm(2015/3/12)

気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。

雪の要因

要因・主に冬型の気圧配置
・南岸低気圧、気圧の谷などのケースも
大雪のケース・主に強い冬型の気圧配置

注意点

福島県金山町公式ホームページ 自然の恵みと笑顔あふれる かねやま
金山町公式ホームページ

金山町は、町中心部でも積雪が一部の年では2m以上に達し、只見町に近い西側では積雪が3m以上に達するケースもあるなど、福島県内のみならず、国内で見てもかなり雪が多い地域となっています。

雪が少ない地域のみならず、「会津若松市街地」などある程度雪が積もる地域と比べた場合も、極端に雪が多い地域ですので、車の運転などには特に注意が必要です。

内陸で気温が低いため、乾いた雪の影響で「吹雪・地吹雪」となり、視界が悪化することもあります。