【天栄村の雪】東西で極端に異なる雪の量

自然・気候

福島県岩瀬郡天栄村(てんえいむら)は、福島県の中通り地域に位置する村です。村内は東西に細長く、東側はなだらかな丘陵地となっている所が多いですが、西側は奥羽山脈一帯の山深い環境で標高も高めです。

気候は東側は「太平洋側気候」で冬に晴れが多い一方、西側ほど「日本海側気候」の特徴が見られるようになり、雪が増えやすい地域となっていきます。地域差が極めて大きいことがポイントです。

豪雪地帯天栄村全域
特別豪雪地帯

雪の時期

やや降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
かなりまれに降る場合がある時期11月・4月
根雪・見られないことが多い
・雪が多い一部の年に限り見られる場合あり(概ね1月、2月中で期間は短め)
天栄村中心部(役場周辺)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

天栄村中心部(役場周辺)・20〜30cm程度積もれば十分に「大雪」と言える地域
・50cm以上積もるようなケースは極めてまれ
・雪が少ない年は、最大10cm未満に留まるケースも
地域差・町の東西で極端な差が見られる
・西側の山間部ほど雪が「どんどん増える」傾向
・湯本地域などでは時に1m以上の積雪も見られる
周辺地域との比較(中心部で見た場合)・郡山市と同等程度〜やや多い
・白河市と同等程度〜やや多い
・福島市よりやや少ない
全て「過去の一般的な傾向」

湯本アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)610cm(平年値)
年間最深積雪87cm(平年値)
観測史上最大の積雪深137cm(2001/3/6)
気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。なお、湯本アメダスは「村内で特に雪が多い場所」にあります。天栄村役場周辺では30cm程度の雪が「かなりの大雪」と言える環境ですので、「全く状況が異なる」点を確認しておく必要があります。

雪の要因

要因・冬型の気圧配置、南岸低気圧、気圧の谷など様々
・西側ほど冬型の気圧配置の影響を受けやすい
大雪のケース・強い冬型の気圧配置
・寒気が十分かつ発達する南岸低気圧

注意点

天栄村ホームページ トップページ

天栄村は、村内の東西で極端なくらい「雪の量が異なる」特徴があります。西部の標高が高めの山沿いでは、日本海側に似たような気候となっており、湯本方面など積雪1m以上となることがある地域も見られます。一方で、村役場などのある東側は、郡山・白河市内の平地とそれほど大きな差はなく、時折積もる程度のことが多くなっています。

村内の東西を通る国道118号線などを車で運転する際には、路面状況が短時間で大きく変化することがあるため、特に注意が必要です。

なお、気温が低めの地域のため、雪の量が少ない場合でも時に吹雪・地吹雪と言えるような状態となり、視界が悪化するケースがあります。