【片品村の雪】豪雪地への玄関口・地域差大

自然・気候

群馬県利根郡片品村(かたしなむら)は、群馬県の北東端に位置する村です。村内は日光白根山・至仏山・武尊山一帯にあたり、北側は有名な「尾瀬」エリア一帯にもなっているなど、深い山々・豊かな自然環境が特徴で、人が住む地域の面積は限られています。

気候は関東平野一帯の冬に晴れやすい気候から「日本海側気候」に一気に変化していく場所で、基本的に雪はかなり多い地域となっていますが、村内の地域差も非常に大きくなっています。

豪雪地帯
特別豪雪地帯片品村全域

雪の時期

降りやすい時期12月〜3月
まれに降る場合がある時期11月・4月(山地では珍しくない)
根雪(役場周辺の場合)・年ごとの差が大きい
・1〜2月頃を中心に見られやすい
・12月、3月の根雪となるケースも
・役場周辺よりも北側へ行くと根雪の頻度が急増、期間は急拡大の傾向
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

片品村中心部(役場周辺)・村内では雪が少なめの地域
・時に50cm以上積もるケースあり
・1m単位の積雪は通常見られない
地域差・町内でも「倍程度では済まない極端な差」が見られる
・北側や山深い側へ行くほど雪が急増
・2m以上の積雪が一般的な地域あり(場合によっては3m以上も)
・丸沼温泉一帯など標高が特に高い地域は雪に覆われる期間が非常に長い
周辺地域との比較(中心部で見た場合)・沼田市と比べかなり多い
・高崎市と比べ極めて多い
・前橋市と比べ極めて多い
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

要因・主に冬型の気圧配置
・南岸低気圧の影響も多め
・北側、山沿いほど冬型の気圧配置の影響を受けやすい
大雪のケース・強い冬型の気圧配置
・寒気が十分かつ発達する南岸低気圧

注意点

片品村役場ホームページ
小さくても輝く村。群馬県片品村公式サイトです。

片品村は、関東平野一帯の気候から、日本海側の気候へとダイナミックな変化が見られる場所で、雪は北側・山沿いほど急増します。極端なケースでは、車で村内の10分程度の距離を移動するだけで、積雪が1m単位で異なるケースもないとは言えません。アクセスする際には、関東平野一帯の雪が少ないイメージではなく、かなりの豪雪地であるという前提で訪れる必要があります。

標高は高く、気温がかなり低いため、雪はかなりの長期間残りやすくなっています。数日に渡り晴れている場合であっても、場所によっては凍結路面が見られやすい地域です。

乾いた雪として降りやすく、風を伴う場合「吹雪・地吹雪」のような状態となり視界が悪化することもあります。