【軽米町の雪】雪の量や時期に関する傾向を知る

自然・気候

岩手県九戸郡軽米町(かるまいまち)は、岩手県の北端部に位置する村です。北側を青森県に接する町内は、「北上山地」の北側に位置し、森林が大半を占めています。

「太平洋側」の気候的特徴が強く、冬は晴れる時間も長めですが、気温が低く雪が降る・積もることはごく一般的な地域です。

豪雪地帯軽米町全域
特別豪雪地帯指定なし

雪の時期

降りやすい時期12月〜2月
降る場合がある時期11月〜4月
根雪・年ごとに状況は大きく異なる
・1〜2月にかけて見られやすい
軽米町の中心部(役場周辺)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

軽米町の中心部(役場周辺)・多い場合で30〜40cm台程度の場合が目立つ
・50cm以上積もるケースはまれ
・雪が少ない年は、最大20cm前後に留まる場合も
地域差・標高が高い地域ほど雪がやや増えやすい
周辺地域との比較
※中心部の場合
・八戸市よりやや多い
・盛岡市と同等程度
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

要因・低気圧、気圧の谷、冬型の気圧配置など
・様々なパターンが見られる
大雪のケース・三陸沖で低気圧が発達するケースが多い

注意点

岩手県軽米町ホームページ

軽米町は、地理的には太平洋側寄りの地域であり、日本海側の地域と比べ雪は多くありません。一方で、例えば仙台方面等と比べれば「十分に降る・積もる」地域です。真冬の時期は「根雪がごく一般的」ですので、雪が少ない地域から車でアクセスする場合は注意が必要です。

気温が低いため「乾いた雪」となりやすく、風を伴う場合は「吹雪・地吹雪」が生じ視界不良となるケースがあります。