【岩泉町の雪】内陸側は比較的積もりやすい

自然・気候

岩手県下閉伊郡岩泉町(いわいずみちょう)は、岩手県の中央部〜東部に位置する町です。「本州で最も面積が広い町」である町内は「北上山地」一帯にあたり、東端部の一部のみ太平洋に面していますが、ほとんどは内陸部の地域となっています。

気候は日本海側の気候ではないものの、一部を除き内陸部で気温が低く、雪となる機会が多い環境となっています。

豪雪地帯岩泉町全域
特別豪雪地帯指定なし

雪の時期

特に降りやすい時期12月〜3月
降る場合がある時期11月〜4月
根雪・各年ごとの差が大きい
・1〜2月にかけて見られやすい
岩泉町中心部(役場周辺)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

岩泉町中心部(役場周辺)・最大20〜50cm程度の積雪となる年も多め
・50cm以上の積雪事例はまれ
・雪が少ない年は、最大20cm未満に留まる場合も
地域差・標高に応じ大きく変化
・東西では「西側」の雪が多い
・釜津田、大川、門、安家地区などの雪が多め
・雪が特に多い場所では過去に1m以上の積雪となった年も
・小本方面は役場周辺と比べ雪が少ない
周辺地域との比較
※中心部の場合
・盛岡市と同等程度
・宮古市と比べかなり多い
・八戸市と比べ多い
全て「過去の一般的な傾向」

岩泉アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)243cm(平年値)
年間最深積雪37cm(平年値)
観測史上最大の積雪深97cm(2003/3/8)
気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。

雪の要因

要因・低気圧、気圧の谷、冬型の気圧配置など様々
大雪のケース・三陸沖で低気圧が発達するケースが多い

注意点

岩泉町

岩泉町は、地理的には太平洋側寄りの地域ですが、内陸部の地域のため「太平洋側沿岸部」と比べると雪が多い傾向があります。雪が少ない地域から車で訪れる場合は、運転に注意が必要です。

人が住む地域の標高は0m程度〜500m以上と様々で、町内の地域差がかなり大きく(特に西側の地域では雪が多くなりやすい)、場所によっては50cm以上の積雪が珍しくない地域、まれに1m程度〜の積雪に達する地域があります。

内陸で気温が低く「乾いた雪」となりやすいため、風を伴う場合は「吹雪・地吹雪」が生じ視界不良となるケースもあります。