【山田町の雪】雪はそれほど多くない・積もること自体は一般的

自然・気候

岩手県下閉伊郡山田町(やまだまち)は、岩手県の太平洋側(東側)に位置する村です。東側を太平洋に面する村内は、船越半島と呼ばれる半島などに囲まれた「山田湾」が見られることが特徴である一方、海沿いを除き平地はほぼなく、全体的には山地が多くを占めています。

気候は「太平洋側」の特徴がはっきり見られ、冬は晴れる日が多めです。但し、比較的寒冷な地域のため、雪が降る・積もる機会も時に見られます。

豪雪地帯山田町全域
特別豪雪地帯指定なし

雪の時期

やや降りやすい時期12月〜2月
降る場合がある時期11月〜4月
根雪・根雪にならないことが大半
・まれに見られる場合も期間は短め
山田町中心部(役場周辺)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

山田町中心部・20cm以上の積雪は「多い」水準
・50cm以上積もるようなことはほぼない地域
・雪が少ない年は、最大10cm未満に留まったケースも
地域差・状況に応じ南北、内陸部と海沿いで「雪・みぞれ・雨」の違いが生じる場合あり
・宮古市で雪、釜石市で雨となる場合の「境界線」付近になりやすい
周辺地域との比較
※中心部の場合
・宮古市より少ない
・盛岡市と比べかなり少ない
・気仙沼市と比べ多い
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

要因・低気圧、気圧の谷、冬型の気圧配置など様々
大雪のケース・三陸沖で低気圧が発達するケース

注意点

岩手県山田町ホームページ

山田町は「太平洋側」の地域であり、冬は晴れる日が多いなど、日本海側の地域と比べると雪は大幅に少ない地域です。但し、大船渡・気仙沼方面といったより雪がより少なめの地域と比べると、雪になる機会が多くなります。

低気圧通過時には、大船渡方面で雨で、宮古方面で雪となるケースが見られますが、その場合の雪と雨の境界線付近になりやすい地域です。頻度が多いとは言えませんが、車で移動する際に急に雪景色に変わるケースがあります。

また、まれに「乾いた雪」となり、風の影響を受ける場合は視界不良となるケースもあります。