【北塩原村の雪】雪の量や時期に関する傾向を知る

自然・気候

福島県耶麻郡北塩原村(きたしおばらむら)は、福島県の会津地方北部に位置する村です。村内は磐梯山西側の「裏磐梯」と呼ばれるエリアにあたり、大半は山地となっており、中央には「桧原湖」が見られます。

日本海側気候の特徴が見られる上に、標高が高い内陸部で気温が低いため、雪はかなり多い地域です。

豪雪地帯
特別豪雪地帯北塩原村全域

雪の時期

降りやすい時期12月〜3月
降る場合がある時期11月・4月
根雪・ほとんどの年で生じる
・特に1〜2月に見られやすい
・12月、3月に見られるケースも
北塩原村中心部(役場周辺)を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

北塩原村中心部(役場周辺)・ほとんどの年で最大50cm以上積もり、1m程度に達するケースも
・積雪1mを大きく上回った事例あり
地域差・標高に応じてかなりの差あり(高い場所で急増)
・役場周辺は最も標高が低いため、「村内では」雪が多くない地域
・裏磐梯エリア(桧原湖周辺)は1〜2m程度の積雪が一般的
周辺地域との比較
※中心部の場合
・福島市と比べかなり多い
・会津若松市と比べ多い
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

要因・主に冬型の気圧配置
・南岸低気圧、気圧の谷などのケースも
大雪のケース・主に強い冬型の気圧配置

注意点

北塩原村ホームページ

北塩原村は、福島市中心部からは直線距離で30〜40km台の位置にありますが、雪の量は非常に多く、状況が大きく異なります。

とりわけ、裏磐梯エリアは標高800m以上の場所が多くを占め、気温が札幌よりも低い場合があるなど、極寒の地となっているため、雪の量は一層多い環境です。車で訪れる場合などは、十分に注意が必要です。

内陸で気温が低いため、乾いた雪の影響で「吹雪・地吹雪」となり、視界が悪化することもあります。