【吉岡町の雪】雪の量や時期に関する傾向を知る

自然・気候

群馬県北群馬郡吉岡町(よしおかまち)は、群馬県の中央部に位置する町です。町内は多くが平地(関東平野北端部)ですが、西部は榛名山の斜面沿いにあたり、山地となっています。

気候は関東平野一帯の冬に晴れやすい気候が基本で、雪は山沿いではやや頻度が増えるものの、全体的に見ると多いとは言えません。但し、豪雪地帯指定を国から受けており、全国の豪雪地帯指定自治体の中ではやや特殊なケースと言えます。

豪雪地帯吉岡町全域
特別豪雪地帯

雪の時期

時に降る場合がある時期12月〜2月
まれに降る場合がある時期3月
ほぼ降らないが、降った事例がある時期11月・4月
根雪通常見られることはない地域
吉岡町中心部(役場周辺)の場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

吉岡町中心部(役場周辺)・真冬でも雪が積もっていないことが多い
・10cm程度の積雪でも「大雪」と言える水準
・20cm以上積もるようなケースはかなりまれ
・雪が少ない年は、ほとんど積もらないことも
地域差・平地の雪は全体的に少なめ
・西部の山沿いで降る頻度、積もる場合の量がやや増加
周辺地域との比較(中心部で見た場合)・高崎市と同等程度〜やや多い
・前橋市と同等程度〜やや多い
・沼田市と比べ少ない
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

主な要因・南岸低気圧
・強い冬型の気圧配置(北寄りから雲が入るケース)
まれな要因・シアーライン(異なる風向きがぶつかることによる雪雲の発生)

注意点

道路の除雪に関するお知らせ
町では、冬期の円滑な交通を確保するため、主要幹線道路や通学路の一部等を業務委託路...

吉岡町は、豪雪地帯指定を受けているものの、目立って雪が多くなる環境ではありません。但し、東京方面など典型的な関東平野一帯の地域と比べた場合、特に榛名山に近いエリアを中心に、雪となる機会はある程度増える傾向があります。