【中之条町の雪】地域差が非常に大きい・豪雪地帯の境界線

自然・気候

群馬県吾妻郡中之条町(なかのじょうまち)は、群馬県北部に位置する町です。町内は南東端など一部を除きほぼ全域が山地であり、場所によっては標高がかなり高い環境も見られます。

気候は雪が多い「日本海側気候」と、冬に晴れやすい「中央高地式気候」の境界付近にあたり、町内でも雪の量には南北などで極端なくらいの差があることが特徴です。

豪雪地帯中之条町全域
特別豪雪地帯

雪の時期

やや降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
ほぼ降らないが、過去に降った事例がある時期11月・4月
根雪・見られないことが多い
・かなりの大雪となった際などには、まれに見られる場合も
中之条町中心部(役場周辺)の場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

中之条町中心部(役場周辺)・雪が積もっていない場合も多め(時折積もる程度のことが多い)
・積もる場合うっすら〜10cm程度の積雪が目立つ
・20cm以上積もるような「大雪」はまれ
・50cm以上積もった事例は極めてまれ
地域差・町内には「極端な差」あり
・中心部の雪は「町内で最も少なめ」の環境
・基本的に「北側」や「標高が高い山沿い」ほど急増
・四万温泉、尻焼温泉方面などは雪が多め
・町内でも場所によっては1m以上積もるようなケースあり
周辺地域との比較(中心部で見た場合)・沼田市と比べやや少ない
・高崎市と比べ多い
・前橋市と比べ多い
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

主な要因・冬型の気圧配置(北寄りから雲が入るケース)
・南岸低気圧
ポイント・北側、山沿いほど「冬型の気圧配置」による影響が大きい

注意点

中之条町公式サイト トップページ
「花と湯の町」群馬県吾妻郡中之条町の公式サイトです。くらしの情報や町政情報、観光情報などを掲載しています。

中之条町は、町内における雪の量の差が極端に大きい環境です。北側・山沿いほど雪は多く、場所・状況次第では積雪1m以上となるケースもある一方、役場周辺などは雪が特別に多い地域とは言えず、雪が積もっていないケースも多くなっています。町内へ車でアクセスする場合、役場周辺に雪がない場合であっても、その後積雪が急増するケースが一般的ですので、運転には注意が必要です。

なお、町内では雪が少なめの役場周辺についても、東京方面などより雪が少ない地域と比べた場合、雪の頻度・積もる量は多めであり、その点も確認しておく必要があります。