【東吾妻町の雪】雪の量や時期に関する傾向を知る

自然・気候

群馬県吾妻郡東吾妻町(ひがしあがつままち)は、群馬県のやや北西側に位置する町です。町内は榛名山の北側斜面、浅間隠山周辺など山地が広がっており、平地はわずかな環境となっています。

気候は内陸で朝の冷え込みなどが厳しい「中央高地式気候」であり、冬は晴れる日が多いですが、地域によっては日本海側からの雪雲が比較的入りやすいなど、雪が降る・積もることは珍しくありません。

豪雪地帯東吾妻町全域
特別豪雪地帯

雪の時期

やや降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
ほぼ降らないが、過去に降ったことがある時期11月・4月
根雪・見られないことが多い
・かなりの大雪となった際などには、まれに見られる場合も
東吾妻町中心部(役場周辺)の場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

東吾妻町中心部(役場周辺)・雪が積もっていない場合も多め
・積もる場合うっすら〜10cm程度の積雪が目立つ
・20cm以上積もるような「大雪」はまれ
・50cm以上積もった事例は極めてまれ
地域差・標高などに応じて状況は異なる
・中心部(役場周辺)の雪は町内では少なめ
・松谷地域の雪が多め
・南岸低気圧通過時などは、標高に応じ雪〜雨に分かれるケースも
・標高が高い場所では根雪になりやすい場合あり
周辺地域との比較(中心部で見た場合)・沼田市と比べやや少ない
・高崎市と比べ多い
・前橋市と比べ多い
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

主な要因・南岸低気圧
・冬型の気圧配置(北寄りから雲が入るケース)
ポイント・雪が降る頻度は冬型の方が多め、積もる量は南岸低気圧の方が多め

注意点

道路除雪についてのお願い
道路除雪についてのお願い

東吾妻町は、県内のより北側の地域のような豪雪地ではありませんが、標高が高めの地域も多いため、雪が降る・積もることは珍しくありません。町内で差が生じることも多く、役場周辺には積雪がない場合も、それ以外の地域では積雪が見られるケースもあります。

一般的な冬道走行の対策が必要であり、特に東京方面などより雪が少ない地域から車でアクセスする場合、運転に注意が必要です。