【長野原町の雪】積雪は一般的・地域差は非常に大きい

自然・気候

群馬県吾妻郡長野原町(ながのはらまち)は、群馬県の北西部に位置する町です。町内は山地または高原(浅間高原)が大半を占め、北側には吾妻川・八ッ場ダムが見られます。

気候は内陸・高標高地域ということで気温が低い「中央高地式気候」に該当します。冬は晴れる日が多いですが、低温で雪になりやすく、積雪することは一般的で、状況次第では多く積もる場合があります。

豪雪地帯長野原町全域
特別豪雪地帯

雪の時期

やや降りやすい時期12月〜3月
まれに降る場合がある時期11月・4月
根雪・役場周辺の場合は見られないケースが多め
・大雪となる場合、雪が解けづらいため見られるケースも
・標高が高いエリアの状況は異なる
長野原町中心部(役場周辺)の場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

長野原町中心部(役場周辺)・雪が積もっていない場合も一般的
・積もるケースは「うっすら〜10cm程度」の場合が最も多い
・20cm以上積もると十分に「大雪」
・50cm以上積もるケースはかなりまれ
地域差・標高の高さに応じ状況は大きく異なる
・北軽井沢方面は気温が札幌並みに低く、根雪になりやすい
周辺地域との比較(中心部で見た場合)・高崎市と比べかなり多い
・前橋市と比べかなり多い
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

主な要因・南岸低気圧
・冬型の気圧配置(北寄りから雲が入るケース)
ポイント・雪が降る頻度は冬型の方が多め、積もる量は通常南岸低気圧の方が多め

注意点

長野原町
群馬県長野原町の公式ホームページです。暮らしや手続き、観光、町政情報などを掲載しています。

長野原町は、標高が高く気温が低いため、関東平野一帯と比べ雪が降る・積もる機会は多めです。地域差も見られ、北軽井沢方面など標高が特に高い地域では根雪になりやすくなっています。関東で一般的な「南岸低気圧」のみならず、日本海側からの雲が流れ込むケースによって雪が積もることもあります。

一般的な冬道走行の対策が必要であり、特に東京方面などより雪が少ない地域から車でアクセスする場合、運転に注意が必要です。

なお、草津温泉周辺との比較では、玄関口となる町内の「JR長野原草津口駅」周辺の雪はかなり少なめです。長野原草津口駅周辺の雪がない・少ないことに油断をして、草津温泉方面へアクセスすると危険な状況です。草津温泉に近づくほど路面がツルツルで、大量の積雪に見舞われるというケースはごく一般的です。