【高山村の雪】雪の量や時期に関する傾向を知る

自然・気候

群馬県吾妻郡高山村(たかやまむら)は、群馬県北部に位置する村です。村内は周囲を山に囲まれたような地形で、標高が高い小さな盆地が中央に見られます。

気候は内陸・高標高地域ということで「中央高地式気候」に該当します。冬は晴れる日が多いですが、日本海側からの雪雲が入ったり、低気圧の影響を受けて雪となることも珍しくなく、時にはまとまって積もる場合があります。

豪雪地帯高山村全域
特別豪雪地帯

雪の時期

やや降りやすい時期12月〜2月
まれに降る場合がある時期3月
滅多に見られないが、降った事例がある時期11月・4月
根雪・役場周辺では見られないことが多い
・大雪となった際などに長期間残り、まれに根雪となる場合あり
高山村中心部(役場周辺)の場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

高山村中心部(役場周辺)・うっすら〜20cm台程度となるケースが最も一般的
・最大30cm以上積もる年も見られる
・50cm以上積もった事例はかなりまれ
地域差・北側、東側、標高が高い場所でやや増えやすい傾向
周辺地域との比較(中心部で見た場合)・高崎市と比べ多い
・前橋市と比べ多い
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

主な要因・南岸低気圧
・冬型の気圧配置(北寄りから雲が入るケース)
ポイント・村内の北側、東側ほど「冬型」の影響を受けやすい傾向

注意点

高山村公式サイト|群馬県
群馬県吾妻郡高山村の公式ウェブサイトです。村政や生活情報を掲載しています。

高山村は、標高が高く気温が低いこともあり、関東平野一帯と比べ雪が降る・積もる機会は多めです。冬場に常時雪が積もっているような地域ではありませんが、車で訪れる際には、一般的な冬道を走行する上での対応が必要な地域と言えます。

また、主に「南岸低気圧」の影響を受ける場合、周辺の地域(高山村内より標高が低い地域)で雨の場合でも、高山村内では雪となる場合が見られます。