【加賀市の雪】山沿いと沿岸部で相当な地域差あり

自然・気候

石川県加賀市(かがし)は、石川県の南西端に位置する市です。市内は北側は日本海に面し平地も見られる一方、南側は山地が広がっています。

気候は「日本海側気候」の特徴が強く見られ、雪が降る・積もることは一般的で、海沿いを中心に強い季節風が吹き付けやすい環境です。但し、北陸地方のため気温はそれほど低くなく、平地の「冬の気候」には年ごとの差が生じやすいと言えます。

豪雪地帯指定

豪雪地帯市内の山中地区を除く地域
特別豪雪地帯山中地区

雪の時期

比較的降りやすい時期12月〜2月
時に降る場合がある時期3月
ほぼ降らない(ごくまれに降る場合も)時期11月・4月
根雪・根雪にならない年が多め
・見られる場合は主に1〜2月中の一部など
上記は加賀市中心部(大聖寺)の場合・過去の一般的な傾向

雪の量

加賀市中心部(大聖寺)・年ごとの差が大きい
・最大30cm以上積もる年が半数以上
・一部の年で50cm以上の積雪が見られる
・1m前後などの豪雪はかなりまれ
・大暖冬の場合など、最大10cm未満の積雪に留まるケースも
地域差・海側ほど少なく、山側ほど多め
・山中温泉方面の雪は多く、一部では1m以上積もる機会も
周辺地域との比較・金沢市と同等程度
・福井市と比べやや少ない
上記は過去の一般的な傾向

加賀中津原アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)467cm(平年値)
年間最深積雪80cm(平年値)
観測史上最大の積雪深246cm(1981/1/17)

気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。なお、加賀中津原アメダスは山沿いに位置し、市中心部と比べかなり雪の量が多い点に注意が必要です。また、山中温泉近くにあった「加賀菅原」アメダスのデータを引き継ぐ形で2022年に移転しており、観測環境が変化している点も確認しておく必要があります。

雪の要因

大半の要因冬型の気圧配置(西高東低)
その他要因頻度は少なく影響は小さい(ごくまれに南岸低気圧など)
ポイント・冬型の場合、西側から雲が入る場合に雪となりやすい
・大雪は冬型の際に生じる「JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)」による場合が大半

ここがポイント

石川の雪みちナビ
石川県,除雪対策,雪みちネットワーク

加賀市は、特に平地の場合はそれほど寒冷な地域とは言えないため、湿った重い雪として降りやすい環境です。年ごとの差も大きくなりやすく、かなりの大雪・豪雪となる年もあれば、雪の影響自体がかなり小さい年もあるなど、状況は様々です。

地域差はかなり目立ち、内陸側・山沿いへ行くと海沿い・市街地周辺と比べ積雪が急増するケースが多くなっています。例えば山中温泉周辺の雪は、市街地(加賀温泉駅)周辺と比べ倍程度になることもあるため、車の運転などには注意が必要です。