【深浦町の雪】青森県内の日本海側では雪が増えにくい環境

自然・気候

青森県西津軽郡深浦町(ふかうらまち)は、青森県の西端部に位置する町です。西側は広く日本海に面する環境ですが、町内は大半が山地となっており、世界遺産に指定されている「白神山地」一帯にあたります。

雪はしっかり降る・積もる地域ですが、沿岸部は雲が発達しづらい影響もあり、青森県内では雪が多い地域とは言えません。国の制度上は「豪雪地帯」指定を受けています。日本海側気候の典型的特徴が見られ、「冬型の気圧配置(西高東低)」が雪の主な要因で、冬場は強い季節風が吹き付けやすい環境となっています。

雪の時期

特に降りやすい時期12月〜2月
降る場合がある時期11月〜4月
根雪・年ごとの差がかなり大きい
・根雪になりづらい年もあり
・1〜2月にかけては比較的見られやすい
深浦町の中心部を基準にした場合(地域によってはより長い場合あり)
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

深浦町中心部・多い年には最大50cm以上に達する
・最大30〜40cm台程度の年が比較的多い
・1m積もるような地域ではない
・少ない年は最大20cm未満に留まる場合も
地域差・沿岸部の地域差はそれほど大きくない
・長慶平地域はかなり雪が多く、沿岸部とは全く異なる環境
・追良瀬地域の内陸側でも多い傾向
周辺地域との比較
※中心部の場合
・青森市と比べ少ない
・弘前市と比べ少ない
・八戸市と比べやや多い
全て「過去の一般的な傾向」

深浦特別地域気象観測所の基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)226cm(平年値)
年間最深積雪38cm(平年値)
観測史上最大の積雪深91cm(1984/2/13)
気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。

注意点

深浦町
世界自然遺産 白神山地に抱かれた町「深浦町」/マグロのまち「ふかうら」

深浦町は、青森県内で見た場合は町中心部・沿岸部の雪は「それほど多くない」地域です。但し、雪が降らないという意味ではなく、時にしっかり積もる場合もあります。仙台などの雪が少ない地域とは全く異なり、八戸方面と比べても雪は多い環境ですので、その点はあらかじめ確認しておく必要があります。

冬型の気圧配置に伴い、強い季節風が海から直接吹き付けやすい地域です。気温が低い場合は「吹雪・地吹雪」が生じ、時には「ホワイトアウト状態」となるなど、視界不良に見舞われやすくなっています。車の運転などは積雪量に関わらず注意が必要です。