【久慈市の雪】太平洋側ながら時折まとまった雪も

自然・気候

岩手県久慈市は、岩手県の北東側に位置する市です。市の東部は太平洋に面する環境で、海に近い地域には一部平地がありますが、市域の大半は北上山地一帯に含まれる山地となっています。

気候は「太平洋側」の特徴がはっきり見られ、冬は晴れる日が多めです。但し、比較的寒冷な地域のため、雪が降る・積もる機会もある程度見られます。

豪雪地帯久慈市全域
特別豪雪地帯指定なし

雪の時期

やや降りやすい時期12月〜2月
降る場合がある時期11月〜4月
根雪・見られない年も多め
・見られる場合の期間は様々(概ね短め)
・見られる場合1〜2月中が大半
久慈市中心部を基準にした場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

久慈市中心部・30cm以上の積雪は「十分多い」水準
・過去には50cm以上の積雪記録あり
・雪が少ない年は、最大10cm台などに留まったケースも
地域差・市西部(海沿い)よりも東部(山沿い)で多い
・山形、山根地区の雪は比較的多め
・標高が高い地域ほど多い傾向(平庭峠などは特に多い)
周辺地域との比較
※中心部の場合
・宮古市と比べやや多い
・八戸市と比べやや少ない
・盛岡市と比べ少ない
全て「過去の一般的な傾向」

久慈アメダスの基本データ

年間降雪量(降雪の深さ合計)169cm(平年値)
年間最深積雪32cm(平年値)
観測史上最大の積雪深73cm(1994/1/30)
気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索

詳細は気象庁のデータをご確認下さい。

雪の要因

要因・低気圧、気圧の谷、冬型の気圧配置など様々
大雪のケース・三陸沖で低気圧が発達するケース

注意点

久慈市

久慈市は、太平洋側の地域のため、日本海側の地域と比べると雪は少ない地域です。但し、同じ太平洋側でもより南側(気仙沼・仙台など)と比べれば、雪が降る・積もる機会は多めです。冬場に雪を見る機会自体は一般的な地域ですので、その点はあらかじめ確認しておく必要があります。

また、市内は山深い地域・かなり内陸側の地域も存在し、地域差が目立ちます。山形地区等は久慈市街地と比べ、まとまった量の積雪が見られやすい環境です。同じ市内でも状況が異なる場合がある点に注意が必要です。

気温が低く「乾いた雪」となり、風の影響を受ける場合は視界不良となるケースもあります。