【嬬恋村の雪】寒冷な地域・雪の量は地域差がかなり大きい

自然・気候

群馬県吾妻郡嬬恋村(つまごいむら)は、群馬県の北西端に位置する村です。基本的に山地または高原が広がっており、全域で標高が高く、吾妻川沿いを除き1,000m以上となっています。

気候は内陸・高標高地域ということで典型的な「中央高地式気候」に該当します。冬は晴れる日が多いですが、日本海側からの雪雲が入ったり、低気圧の影響を受けて雪となることも珍しくなく、状況次第では多く積もる場合があります。

豪雪地帯嬬恋村全域
特別豪雪地帯

雪の時期

降りやすい時期12月〜3月
まれに降る場合がある時期11月・4月
根雪・村中心部一帯では見られない年も
・雪が多く積もった場合、解けにくいため根雪になりやすい
・標高が高い地域ほど根雪となりやすく、その期間も長め
嬬恋村中心部(役場周辺)の場合
全て「過去の一般的な傾向」

雪の量

嬬恋村中心部(役場周辺)・うっすら〜20cm以上など状況により様々
・一度に極端に積もるよりも、時折ある程度の雪が積もるような環境
・50cm以上積もるケースはまれ
地域差・標高が高いほど積雪が増えやすい
・同じ標高で見た場合、町の北側で雪が多めの傾向
・万座温泉周辺など、1m以上の積雪が一般的な地域も存在
周辺地域との比較(中心部で見た場合)・高崎市と比べかなり多い
・前橋市と比べかなり多い
全て「過去の一般的な傾向」

雪の要因

主な要因・冬型の気圧配置(北寄りから雲が入るケース)
・南岸低気圧
ポイント・村内の北側ほど「冬型」の影響を受けやすく、南側は比較的受けにくい

注意点

嬬恋村ポータルサイト
嬬恋村役場ホームページでは、くらし・行政・観光・行事などに関する様々な情報をお伝えしていきます。皆さまのコミュニケーションの場としてもご活用ください!

嬬恋村は、標高が高く気温が低いため、関東平野一帯と比べ雪が降る・積もる機会はかなり多めです。村内の地域差も大きく、50cmの積雪が珍しい地域もあれば、万座温泉周辺など北側の一部では積雪がかなり増えやすく、1m以上の積雪が一般的な場所もあります。

車を利用する場合、十分な冬道走行の対策が必要であり、特に東京方面など雪が少ない地域からアクセスする場合、運転に注意が必要です。

なお、気温が北海道並みに低い場所も多いため、「乾いた雪」の影響で吹雪・地吹雪となり、視界が悪化するケースも時折見られます。