近鉄尼ヶ辻駅周辺のみどころ・観光スポット一覧

観光お役立ち情報

奈良の主要駅である近鉄大和西大寺駅の1駅南側に位置する近鉄「尼ヶ辻駅」

こちらでは、尼ヶ辻駅の概ね徒歩圏に位置する歴史的なみどころ・観光スポットについて一覧でご紹介していきます。

美しい風景も魅力・全国有数の規模を持つ古墳「垂仁天皇陵(田道間守墓)」

尼ヶ辻駅のすぐそばには、奈良市内はおろか、全国的に見ても比較的大きな規模を持つ古墳である「垂仁天皇陵(すいにんてんのうりょう・宝来山古墳)」があります。こちらは古墳内に天皇に仕えて「橘の実」を探したとされる「田道間守」の墓所とされる場所も見られるほか、水辺の自然が織りなす風景も大変美しく、歴史散策に適した環境となっています。

◇アクセス
近鉄尼ヶ辻駅から西に徒歩約5分
地図

西大寺駅周辺の主要観光地へもアクセス可能

尼ヶ辻駅は、奈良で最もにぎわう駅である大和西大寺駅からそれほど離れてはおらず、大和西大寺駅周辺の歴史スポット・主要な観光地へもアクセス可能な範囲です。

とりわけ夏の蓮で有名な「喜光寺」や学問の神様・盆梅展で有名な「菅原天満宮」、遺跡を整備した「菅原東遺跡埴輪窯跡群」は距離的には尼ヶ辻駅からの方がやや近いくらいであり、散策時には両方の駅を利用するルートなどを組み立てることでスムーズに各スポットを巡ることも可能となります。

なお、尼ヶ辻駅からのルートは奈良市の設定した歴史散策ルート「歴史の道」上にあたる部分もありますが、交通量もやや多い上ややわかりにくい場合がありますので、地図であらかじめご確認の上アクセスすることをおすすめします。

◇アクセス
喜光寺まで:近鉄尼ヶ辻駅から北西に徒歩約10分
地図
菅原天満宮まで:近鉄尼ヶ辻駅から北西に徒歩約11分
地図
菅原東遺跡埴輪窯跡群まで:近鉄尼ヶ辻駅から北に徒歩約12分
地図

城跡跡と同じ場所にある御陵「安康天皇陵」

駅から西に1キロ少々離れた場所には、中国古代史上で記述される「倭の五王」の一人でもある「安康天皇」の御陵があります。こちらは天皇陵とされていますが、実際には中世の城郭跡「大和宝来城」にもあたり、造りとしては古墳ではなくお城そのものと言ってよいほどです。

◇アクセス
近鉄尼ヶ辻駅から西に徒歩約18分
地図

鎌倉時代の石仏は屋根の下に「尼ヶ辻地蔵石仏」

尼ヶ辻駅から東方向(奈良駅方向)へ通りを少し進んだ場所には、「尼ヶ辻地蔵石仏」と呼ばれる等身大の石仏があります。こちらは鎌倉時代に造立されたものとなっています。

◇アクセス
近鉄尼ヶ辻駅から東に徒歩約5分
地図

東大寺大仏ゆかりの地「古跡 伏見崗」

駅から尼ヶ辻地蔵石仏のある場所に行く途中には、「古跡 伏見崗」と呼ばれる場所があり、小さなお堂の中には鎌倉期の石仏が安置されています。こちらは東大寺大仏建立時にその事業をお守りするために文殊菩薩が「伏見翁」に化身して現れた地とされています。

◇アクセス
近鉄尼ヶ辻駅から東に徒歩約5分
地図

垂仁天皇陵に隣接する神社「皇大神社」

尼ヶ辻駅の西側、垂仁天皇陵の周濠と隣接する位置には、一帯にあたる平松地域の人々の信仰を集める地域の神社として「皇大神社」があります。こちらは春日大社摂社から社殿を移築した歴史を持ち、境内には天皇陵の陪塚とも思われる空間もあります。

◇アクセス
近鉄尼ヶ辻駅から南西に徒歩約8分
地図

静かな境内に笑う狛犬「蓬莱神社」

安康天皇陵の近く、宝来と呼ばれる地域の古い集落のそばには、「蓬莱神社」と呼ばれる神社があります。こちらは地域のごく一般的な信仰空間ですが、狛犬が笑みを浮かべていることが特徴となっています。

◇アクセス
近鉄尼ヶ辻駅から西に徒歩約16分
地図

古い集落一帯を守る地域の神様「天神社」

観光客の動きとはほとんど関わりのないスポットですが、尼ヶ辻地域に根差した神社としては、駅南東側にある「天神社」もあります。こちらの神社は天照大日孁貴尊(あまてらすおおひるめむちのみこと)・豊国主命(とよくにぬしのみこと)をお祀りしています。

◇アクセス
近鉄尼ヶ辻駅から南東に徒歩約6分
地図

垂仁天皇陵陪塚・一時は安康天皇陵ともされた「兵庫山古墳」

駅から東西に伸びる国道309号線を西にしばらく進んだ場所には、現在は垂仁天皇陵の陪塚(飛地い号)とされる「兵庫山古墳」があります。こちらは江戸時代には安康天皇陵であるとされたことがあるほか、かつては神社も設けられていたという歴史を持ちます。

◇アクセス
近鉄尼ヶ辻駅から西に徒歩約6分
地図