近鉄富雄駅周辺のみどころ・観光スポット

基礎知識・お役立ち情報

奈良市内で最も西側にある駅「近鉄富雄駅」。周辺エリアは郊外のベッドタウンとなっている場所が多く、一見観光とは無縁に思われがちですが、富雄川沿いは市内でもかなり古い歴史を持つ地域であり、歴史的なスポットが複数見られます。

こちらの記事では、富雄駅周辺にある歴史的なみどころ・観光スポットを一覧でご紹介していきます。

バラのお寺・分厚い歴史を持つ「霊山寺」

富雄駅から南に2キロ少々離れた場所にある「霊山寺(りょうせんじ)」は、一般にはバラ園で大変有名な「花のお寺」として知られる奈良市内でも比較的有名な観光スポットです。

お寺は奈良時代からの歴史を持つ空間でもあり、国宝の本堂や重要文化財の三重塔をはじめ、多数の文化財が残される空間となっています。

◇アクセス

・近鉄富雄駅から奈良交通バス「若草台(または臨時バス「霊山寺」)」行き乗車、「霊山寺」バス停下車すぐ
・近鉄富雄駅から南に徒歩約30分強(距離があるため、近鉄富雄駅からの徒歩はおすすめできません。タクシーを使う方も多くなっています。)
地図

市内西部では最も有名な神社「添御県坐神社(三碓)」

富雄駅の徒歩圏、駅から南に1キロ弱程度離れた三碓地域には、奈良市内西部では最も有名な神社の1つである「添御県坐神社(そうのみあがたにますじんじゃ)」が鎮座しています。

こちらは式内大社・大和国六御県神社に含まれるなど古い歴史、重要性を持つ神社であり、社殿は南北朝時代のものが残されています。なお、同名の神社は平城宮跡北側の歌姫町にもあるため、混同しやすくなっています。

行事としては毎年節分の日の「富雄恵美須大祭」で知られ、開催時には比較的多くの参拝者が訪れます。

◇アクセス

・近鉄富雄駅から南に徒歩約12分
地図

山の中にひっそりと・奈良では珍しい禅寺「王龍寺」

富雄駅から2キロほど北西側に離れた「矢田丘陵」の斜面沿いには、奈良では珍しい禅寺である「王龍寺」があります。こちらは静かで自然あふれる風景が美しく、有名な市内の観光スポットとは一線を画した「隠れ寺」的な魅力にあふれています。

境内は自由に参拝可能で、本尊としては磨崖仏(石仏)となっている十一面観音菩薩像があり、こちらは寺務所で申し出た場合拝観することができます。

◇アクセス

・近鉄富雄駅から北西に徒歩約40分~
・近鉄富雄駅から奈良交通バス「傍示」・「生駒北スポーツセンター」行き乗車、「春日橋」バス停下車、西に徒歩約20分~
・近鉄「生駒駅」から「あすか野南循環」乗車、「あすか野南三丁目」下車、南に徒歩約5分
地図

非常に美麗な境内を持つ「杵築神社」

富雄駅前から富雄川沿いを1.5キロほど北上した場所には、「杵築神社」と呼ばれる立派な神社があります。素戔嗚命・大国主命・市杵島姫命などを祀る神社の歴史は極めて古い時期にさかのぼるとされ、境内には地域の深い崇敬を集めていることもあり、常に境内地は美麗に保たれています。

観光地ではありませんが、奈良市西部を代表する神社の1つとしてぜひ参拝しておきたいスポットといえるでしょう。

◇アクセス

・近鉄富雄駅から北に徒歩約20分~
・近鉄富雄駅から奈良交通バス「傍示」・「生駒北スポーツセンター」・「庄田」行き乗車、「杵築橋」バス停下車、東に徒歩約2分~
地図

近代建築の鉄道遺産「旧大阪電気軌道富雄変電所」

富雄駅のすぐそば、高架の北側にほぼ隣接する位置には、奈良市西部では唯一といってもよい近代建築として、レンガ造りの建物「旧大阪電気軌道富雄変電所」が残されています。

こちらは現在は外側からその様子を伺うことしかできませんが、周辺の風景とは明らかに異なる目立ったその姿は、駅を利用する際には一度見ておいてもよいかもしれません。

◇アクセス

・近鉄富雄駅から北にすぐ
地図

静かな梅の名所「黒谷梅林(公園)」

富雄駅から南に2キロほど離れた矢田丘陵沿いの斜面には、奈良市が管理する「黒谷公園」があり、その一部区域は「黒谷梅林」としてちょっとした「梅の名所」となっています。

こちらは観光地ではなく知名度はそれほど高いわけでもありませんが、春先には美しい梅の花が咲き誇り、周辺住民の方などの憩いの場としても機能しています。

◇アクセス

・近鉄富雄駅から奈良交通バス「帝塚山南循環」乗車、「帝塚山南二丁目」バス停下車、南に徒歩約7分
地図

みねのてらと呼ばれる江戸時代からの寺院「阿弥陀寺」

富雄駅の北側、郊外住宅地と山林が入り混じる高台には、「みねのてら」との別称を持つ「阿弥陀寺」と呼ばれるお寺があります。

こちらは観光寺院というわけではありませんが、江戸時代からの歴史を持つお寺で本堂は創建当初のものが残されているほか、檀家制度に依らず「写経」を主な活動とするという特徴もあるお寺です。

◇アクセス

・近鉄富雄駅から北に徒歩約15分
・近鉄学園前駅から奈良交通バス「学園緑ヶ丘一丁目」行きバス乗車、終点「学園緑ヶ丘壱丁目」バス停下車、南西に徒歩約3分
地図

この他のスポット

富雄駅からアクセス可能なみどころとしては、バスの利用が必須の離れた場所にあるものとしては、このほかに日本最大規模の円墳「富雄丸山古墳」、大阪と奈良を結ぶ旧街道「暗越奈良街道」及び宿場建築の「追分本陣村井家住宅」、また一時期消滅したものの近年復興が進んでいる「追分梅林」などがあります。

いずれのスポットも直線距離でも3キロ前後離れているため、富雄駅から歩いて行くことは現実的な距離ではなく、学園前駅からの方がバスの本数がやや多い場合もありますが、富雄駅から「若草台」行きのバスに乗ることでアクセス可能です。