JR帯解駅周辺のみどころ・観光スポット

基礎知識・お役立ち情報

奈良駅から「JR万葉まほろば線」に乗って2駅目の「帯解駅」周辺は、かつての街道沿いにもあたるため歴史も深く、訪れる人の数以上に魅力あふれる地域となっています。

こちらでは、駅から徒歩で概ねアクセス可能な範囲にある観光スポットや歴史的なみどころについて、一覧で見ていきたいと思います。

安産祈願で大変有名な「帯解寺」

「帯解寺」は、帯解駅から徒歩すぐの位置、かつての「上街道」沿いにある有名な寺院です。

こちらは祀られている「帯解子安地蔵菩薩」が安産のご利益があるということで、古い時代から皇室・徳川家関係者なども祈願してきた歴史を持つ全国的な存在であり、現在は若年の方も多く訪れるスポットとなっています。また、春には美しい桜が咲き誇ることでも知られます。

  • JR帯解駅から北に徒歩約3分
  • 奈良交通バス「下山」バス停から北西に徒歩約9分
  • 地図

駅を起点・終点にハイキング可能「山辺の道(北コース)」

奈良市内から天理・桜井方面へ伸びる山麓の古道「山辺の道」。帯解駅は、山辺の道のうち奈良~天理間を結ぶ「北コース」へのアクセスが可能な範囲に位置します。

奈良~天理間は10キロ程度あるため、全区間を歩くのは少ししんどい・2回に分けて歩いてみたい。といったような場合、帯解駅を起点・終点とするルートを組み立てることで対応可能です。

帯解駅一帯の古い町並みやみどころは、「山辺の道」そのものの区間には含まれていませんが、帯解駅を拠点とすることで、山辺の道・帯解エリアのみどころのいずれも満喫できますので、帯解駅のご利用も検討してみてはいかがでしょうか。

  • JR帯解駅から山辺の道ルート沿いまで東に徒歩約15~20分
  • 奈良交通バス「下山」バス停から山辺の道ルート沿いまで東に徒歩約8分

かつてのお伊勢参りにも利用された「上街道」

帯解駅の東側すぐを南北に通る細い道は、かつて奈良のまちと天理・桜井・長谷寺・伊勢方面などを結ぶ際に用いられた「上街道」にあたります。

街道沿いには現在も古い家並みが見られ、観光地化されていないのどかな奈良の風情を感じて頂けるようになっており、山辺の道ほど一般的ではありませんが、奈良市街地~天理方面へのハイキング・ウォーキングルートとしても利用されています。

  • JR帯解駅から上街道沿いまで東に徒歩すぐ
  • 奈良交通バス「下山」バス停から上街道沿いまで西に徒歩約8分

行基ゆかり・安産祈願で知られる「龍象寺」

帯解駅東側すぐの上街道沿いに建つ「龍象寺」は、奈良時代に行基菩薩が建てた「広大寺」と呼ばれる奥の院にルーツを持つともされる古いお寺です。

なお、こちらも帯解寺と同様に安産祈願で知られていますが、帯解寺と直接的な関係のあるお寺ではありません。

  • JR帯解駅から東に徒歩約2分
  • 奈良交通バス「下山」バス停から西に徒歩約8分
  • 地図

聖徳太子ゆかりとも?野鳥も多く飛来する「広大寺池」

帯解駅の西側には、奈良市内でも特に大きなため池の1つである「広大寺池」があります。

こちらは単なるため池といっても聖徳太子の時代にまで築造時期が遡るともされる極めて古いため池であり、様々な歴史や伝承の残る場所となっています。

また、奈良では貴重な「水辺」の風景は、野鳥が多く訪れるバードウォッチングのスポットとしても知られており、過去にはコウノトリも飛来しています。

  • JR帯解駅から西に徒歩約6分~
  • 奈良交通バス「下山」バス停から西に徒歩約15分~
  • 奈良交通バス「シャープ前」バス停から東に徒歩約15分~
  • 地図

神社の境内にお寺?江戸時代の算額が残る「八坂神社・圓満寺」

帯解一帯の町並みのやや東側、かつての「五ヶ谷道」と呼ばれる街道沿いには、「八坂神社」と呼ばれる神社が鎮座しています。

こちらは神社の鳥居の内側・境内地に「圓満寺」と呼ばれる小さなお寺もあり、このお寺には江戸時代の数学について記された「算額」が残されていることでも知られます。

  • JR帯解駅から南東に徒歩約6分~
  • 奈良交通バス「下山」バス停から西に徒歩約4分~
  • 地図

古墳の上にある珍しい神社「森常稲荷神社(ベンショ塚古墳)」

帯解駅から東へしばらく進み、国道169号線の交差点を渡ってすぐの場所には、小山のような盛り上がった地形となっている部分があり、こちらは「ベンショ塚古墳」と呼ばれる古墳になっており、現在は古墳を利用する形で「森常稲荷神社」と呼ばれる神社が鎮座しています。

  • JR帯解駅から東に徒歩約10分~
  • 奈良交通バス「下山」バス停から南東に徒歩約2分~
  • 地図