【二名(奈良市)】ってどんな所?【富雄川沿い・住宅も自然も多い】

市内名鑑

奈良市内では最も西側に位置する地域の一つである「二名」地域。こちらでは、地域の地理や居住環境など各種の基本的な情報についてご紹介していきます。

地域の概要

読み方にみょう
※1~7丁目まであり
交通近鉄富雄駅から北方向に徒歩約12~40分程度
奈良交通バス「二名」・「春日橋」・「杵築橋」・「平野橋」・「あすか野南三丁目」・「あすか野団地センター」バス停
人口約2700人(2021年現在)
校区二名中学校・二名小学校
郵便番号631-0072

奈良市の「二名」地域は、奈良市内の西端部、近鉄富雄駅から北にやや離れた富雄川沿いに位置する地域です。

一帯は現在も比較的農地が目立ち、古い農村集落の面影を残す風景も広がっていますが、2・3・4丁目など川沿い一帯は戸建て住宅・マンションなど一般的な住宅街としての開発も進められてきたため、ある程度の市街化が進んでいます。

また、富雄川沿いは交通量の多い県道が通っていることから、大規模なスーパーやホームセンター、飲食店などロードサイドの店舗も開発されており、富雄川沿いの中ではイオンタウンなどのある中町・石木町一帯、また富雄駅前に次ぐ商業地となっています。

地域の面積は比較的広く、川沿い以外の場所は「飛鳥カンツリー倶楽部」の広大な敷地や矢田丘陵の山林など自然豊かな風景も残されており、山の斜面には「王龍寺」と呼ばれる黄檗宗のお寺も見られます。

なお、高台となっている東側(1丁目)は、二名中学校・二名小学校・二名幼稚園・その他保育園や公民館などが集まった区画であり、中学校については学園前駅周辺も含め広い範囲から通学する生徒の方がおられます。

居住環境

住宅地としての開発も進んでいる二名地域は、駅から少し離れていることもあり、戸建て住宅やマンションなどが多く、ファミリー世帯向けの物件が大半を占めます。

賃貸物件については、シングル向け物件ではなくマンション・ハイツなどファミリー世帯向けのものがあり、家賃は3LDKでも6万円台の物件が見られるなど、市内では平均またはやや割安感のある地域と言えるでしょう。なお、物件数自体は多いとは言えません。

売買不動産については、新築の建売住宅が近年も含め一定数開発されており、価格は2000万円台程度と市内では比較的リーズナブルな価格水準と言えます。中古物件については、戸建ての中古物件はそれほど多くありませんが、富雄駅に最も近い2丁目エリアは「ライオンズマンション富雄」・「リヴェール富雄」といった大規模マンションが見られる地域で、時折1000~2000万円程度の中古物件が見られます。

道路沿いには大型店舗も複数

駅からやや離れた場所である二名地域ですが、生活利便性は高く、3丁目の県道沿いには大型のディスカウントスーパー「ラ・ムー 奈良二名店」、またホームセンターの「カインズ 奈良二名店」といいった大型店舗が営業しています。また、各種の飲食店や様々な施設は富雄駅周辺に多く見られます。

歴史・みどころ

富雄川沿いに開けた地域である二名地域は、古くから「上鳥見庄」と呼ばれる荘園として機能してきた歴史を持っています。地名の由来としては、1つの荘園に2つの名田があった・「二名」という名田があった・2つの地名が存在したことから二名となった。など複数の説があります(参考『奈良町風土記』)が、はっきりとしたことはわかりません。

なお、鳥見と呼ばれることのある富雄川一帯は、神武天皇東征の際に長髄彦(ながすねひこ)と戦って勝利した場所でもあるとされ、少し離れた場所には「ゆかりの地」とされているスポットも見られます。

二名地域内の歴史的みどころとしては、矢田丘陵沿いの傾斜地・山林の中には黄檗宗のお寺であり「隠れ寺」らしい風情も漂う禅寺「王龍寺」があります。また、富雄川沿いは春になると桜が美しく咲き誇るほか、この他には法融寺と呼ばれるお寺も立地します。

二名周辺地図・交通

二名地域は、北側を生駒市あすか野南(2・3丁目)・あすか台・上町、西側を生駒市小明町・辻町、南側を奈良市三松ヶ丘・鳥見(4丁目)・三松(2・3・4丁目)・富雄北(3丁目)、東側を百楽園(5丁目)・学園赤松町・二名東町・西登美ヶ丘(7丁目)・二名平野と隣接しています。

交通は、住宅が建つエリアは近鉄富雄駅から徒歩でアクセス可能な範囲ですが、2丁目を除いては直線距離でも1キロ以上離れているため、少し時間が掛かります。

奈良交通バス「二名」バス停

バスについては富雄川沿いの奈良交通バス「二名」・「春日橋」・「杵築橋」・「平野橋」バス停を利用可能ですが、昼間は1時間1本程度と利便性は高いとは言えません。平地のため自転車を利用する方も多くなっています。

なお、王龍寺のあるエリアは、富雄駅の利用圏内とは言えません。王龍寺方面へ公共交通機関でアクセスする場合、生駒駅からのバスをご利用の上・「あすか野南三丁目」・「あすか野団地センター」バス停を利用する形になります。

道路事情については、富雄川沿いを通る片側2車線(川の両岸を通る)の奈良県道7号枚方大和郡山線が二名地域を南北に貫いており、富雄駅方面・学研北生駒駅方面などへのアクセス性は良好です。また、富雄駅からとりみ通りを抜けると阪奈道路富雄ICへもスムーズにアクセス可能です。なお、5~7丁目にかけて広大な敷地を持つ「飛鳥カントリークラブ」へは、阪奈道路から直接入ることも可能となっています。