薬師寺の駐車場・車でのアクセスについて

基礎知識・お役立ち情報

世界遺産である奈良「薬師寺」は、奈良駅周辺から離れているということもあり、マイカー(車)でアクセスされる方も少なくありません。

当記事では、薬師寺に車でアクセスする場合の「駐車場」や「アクセスルート」に関する情報をご案内してまいります。

薬師寺へは、アクセスルートが混雑することは少なくありませんが、駐車場自体はかなりの台数が確保されており、一部の利用が集中する時期を除き、ほぼ通年駐車しやすい環境です。但し、東大寺・奈良公園方面などと合わせて観光する場合は、駐車料金や渋滞の可能性などを考慮すると、公共交通機関のご利用が無難です。

薬師寺の駐車場について

境内南側に大きな駐車場が確保

薬師寺の運営する駐車場は、薬師寺の境内南側にあり、敷地の広さは唐招提寺の駐車場を上回る規模を持つなど、比較的大きな駐車場が確保されています。

駐車場は南北に伸びる県道沿い(各エリアからアクセス道路)から西に少し入った場所にあります。駐車場の入口はバス用と普通車用のゲートがそれぞれありますので、間違えないようにご注意下さい。

駐車場からは、金堂や東塔などのある「白鳳伽藍」の入口までは北に徒歩約4分程度です。また、期間限定で公開される「玄奘三蔵院伽藍」へは、白鳳伽藍を通って北に徒歩約10分程度で到着します。やや距離はありますが、全域が薬師寺の境内地ですので、散策気分で各みどころへアクセスして頂くことが可能です。

各伽藍へは、「薬師寺参道」と書かれた大きな看板がありますので、その案内表示に従い駐車場脇の参道をご利用下さい。

料金・営業時間

薬師寺駐車場の駐車料金は以下の通りです。

普通車二輪車大型車中型車
500円100円2200円2000円

料金は基本的に唐招提寺駐車場と同じ料金であり、2寺院を巡る場合、どちらを利用してもコストパフォーマンスに変わりはありません。なお、時間料金ではなく「1日料金」ですので駐車料金としては市内ではやや割安な水準です。

利用時間は、8時30分~17時となっています。

混雑は?

薬師寺の駐車場については、比較的広い敷地を持つこともあり、通常時は混雑することはまずありません。むしろ、オフシーズンの平日などは閑散としている場合が目立つほどです。

利用が多くなる時期は、初詣の時期や、薬師寺で各種行事・展覧会が開催される時期となります。混雑については、まれにかなりの駐車台数になることもあるようですが、駐車できないようなケースはほとんどないと言って良いでしょう。

但し、観光シーズンは渋滞の可能性が高くなりますので、基本的に公共交通機関のご利用が無難です。

駐車場へのアクセスルートは?

薬師寺の駐車場へ車でアクセスする場合のルートについては、以下の通りです。「薬師寺駐車場」への入口は、案内表示はありますが素通りしてしまいやすい場所ですので、その点は少しご注意下さい。

大阪・神戸方面から

・第二阪奈道路及び阪奈道路から続く高架道路を進みます。
・高架道路の途中に右側からの分岐(国道308号線「大和郡山・薬師寺・唐招提寺」の表示)がありますので、そちらへ進んで下さい。
・しばらく進み、高架から降りて2つ目の信号(三条大路五丁目交差点「大和郡山・薬師寺・唐招提寺」の表示)で右折して下さい。
・2キロほど南下し「西の京病院」を通り過ぎてすぐの信号(薬師寺駐車場の案内表示あり)を右折して下さい。
・信号を右折して400メートルほど進むと、右手に駐車場が見えてまいります。

京都方面から

・京奈和自動車道、国道24号線経由で奈良市内へ入ります。
・国道24号線を通り奈良市内を進み、高架のバイパス区間に入ってすぐに左側の分岐(奈良公園等の表示)がありますので、そちらへ進み地上の側道へ下りて下さい。
・地上の側道へ下りたら2つ目の信号で右折(三条大路二丁目交差点「大阪・生駒」の表示)し、その後はしばらく直進して下さい。
・通りを1キロほど進んだ場所に、「薬師寺・唐招提寺」の表示がある4つ目の信号(三条大路五丁目交差点)がありますので、そちらを左折して下さい。
・2キロほど南下し「西の京病院」を通り過ぎてすぐの信号(薬師寺駐車場の案内表示あり)を右折して下さい。
・信号を右折して400メートルほど進むと、右手に駐車場が見えてまいります。

奈良市街地から

・近鉄奈良駅方面方面からの場合、駅前を東西に伸びる大宮通りを当分の間西方向に直進します。
・駅から3.5キロほど西に進むと、「薬師寺・唐招提寺」の表示がある交差点(二条大路南五丁目交差点)がありますので、そちらを左折して下さい。
・更に2キロほど南下し「西の京病院」を通り過ぎてすぐの信号(薬師寺駐車場の案内表示あり)を右折して下さい。
・信号を右折して400メートルほど進むと、右手に駐車場が見えてまいります。

こんな時には「公共交通機関」のご利用も

薬師寺は、駐車場も比較的広く車でアクセスする人も多い観光名所ですが、以下のようなケースの場合、車の利用のみならず電車・バスなど「公共交通機関」の利用もおすすめします。

東大寺・奈良公園・興福寺・春日大社など「奈良駅方面」に近い観光スポットを合わせて観光する場合、それぞれに駐車料金が生じますので公共交通機関のご利用が無難です。

春や秋の連休シーズンなど「観光客が多い時期」は、道路混雑が生じやすいため、公共交通機関のご利用が無難です。

薬師寺で大規模な行事や展覧会が行われる場合は、車のみならず公共交通機関のご利用も検討してみてもよいでしょう。

まとめ

薬師寺の「駐車場」は、境内の南側に比較的大きな駐車場が確保されており、駐車しやすい環境となっています。料金は普通車1回500円利用時間は8時30分~17時です。

アクセスルートについては、それほど複雑なルートではありませんが、観光シーズンには周辺道路が混雑することもありますので、時期や観光ルートによっては公共交通機関のご利用がおすすめです。