【興善院町】地域の基本情報【街道沿い】

市内名鑑

こちらでは、奈良市内の全町名・地域をご紹介していく中で、奈良市内の「興善院町」について、地理や交通に関するごく基本的な情報をご紹介しております。

地域の概要

読みこうぜんいんちょう
交通奈良交通バス「今在家」・「東之阪町」・「般若寺」バス停
近鉄奈良駅から北東方向に徒歩約23~25分
人口約35人(2021年現在)
校区若草中学校・鼓阪小学校
郵便番号630-8103

奈良市の「興善院町」は、市内北部「きたまち」エリアとして知られる一帯に位置する地域です。

町内はかつての「京街道」沿いに広がっており、般若坂・奈良坂と呼ばれて来た坂道の途中となっています。

地名は興福寺にかつて存在した興善院という子院に由来するとされ、興善院の僧侶の墓石五輪塔があること(参考『奈良町風土記』)が関係しているものと思われます。

お寺としては「浄福寺」と呼ばれる浄土宗寺院があり、中世に造立されたとされる阿弥陀如来などを安置しています。

また、貴重な近代建築遺産としては「旧奈良市水道計量器室」が町内にあり、大正時代に建てられたレンガ造りの建築がかつての姿のまま残されています。

興善院町周辺地図

興善院町は、北側を般若寺町、南側を東之阪町、東側と西側を川上町と隣接しています。

交通については、駅からの徒歩移動はやや遠い地域で、奈良交通バス「今在家」・「東之阪町」・「般若寺」バス停が利用可能です(今在家バス停から順に標高が高い場所に位置します)。