【西大寺国見町(奈良市)】とはどんな地域?【駅南側の住宅密集地】

市内名鑑

奈良の副都心として現在も発展中の近鉄大和西大寺駅周辺の中でも、特に人口が多いエリアである南側の「西大寺国見町」。こちらでは、地域の地理や居住環境など基本的な情報についてご紹介してまいります。

地理・概要

読み方さいだいじくにみちょう
※1~3丁目まであり
交通近鉄大和西大寺駅から南にすぐ~徒歩約15分
近鉄尼ヶ辻駅から北に徒歩約8~25分
奈良交通バス「大和西大寺駅」・「大和西大寺南口」バス停
人口約3200人(2021年現在)
校区伏見中学校・伏見小学校
郵便番号631-0823

奈良市の「西大寺国見町」は、近鉄大和西大寺駅の南側の広い範囲を区域とする町で、南北に1キロ以上の範囲を持ち、1~3丁目まで分かれています。町内は近年になっても開発が行われていますが、近鉄線の車庫沿いなど、昭和期から住宅地として開発された区域も多く、大和西大寺駅周辺の市街地としては比較的古い地域となっています。

1丁目周辺は駅南口一帯の区域であり、現在は「ローレルコート西大寺国見町壱番館」などのマンションや、UR賃貸住宅の西大寺駅前・駅前第二団地(1階部分はスーパーや飲食店などが入るショッピングゾーン)など、主に集合住宅やオフィスビルが建っています。URの団地については、UR都市機構のストック計画の記述では「土地所有者等への譲渡、返還等」が予定されていることから、将来的には再開発の可能性もあるかもしれません。

2丁目より南側については、戸建て住宅やハイツ等が立ち並ぶエリアで、敷地面積が広めの物件も多くなっています。

居住環境

西大寺国見町は、住宅密集地でありマンションも多い地域であり、駅に近い場所を中心に奈良県内では最も地価の高い住宅地域の一つとなっています。

賃貸物件は、戸建てやマンション賃貸で家賃10万円以上も目立ちますが、古い物件やシングル向けなど一部では3~4万円台程度のものが見られます。

売買物件については、新築や築浅のマンションは4000万円台以上のものが多く、中には5000万円を越える物件もあるなど、奈良市内では価格の高い地域となっています。また、中古では出回る数は多くありませんが、平成初期などのもので1500万円前後の物件が見られる場合があります(※2021年時点の本サイト調べによる)。なお、2丁目より南側は戸建て物件も多いですが、流通自体はそれほど多くはないようです。

生活利便施設については、駅前団地の建物1階は、「スーパーマーケットKINSHO 西大寺店」や各種飲食店などが入居しており、周辺住民の姿は常に多く見られます。また、駅の南北連絡通路を通れば「ならファミリー」へも徒歩圏で、この他近鉄大和西大寺駅の駅ナカ商業施設「Time’s Place Saidaiji(タイムズプレイス西大寺)」もあるなど利便性は抜群です。

交通

町内については、基本的には近鉄大和西大寺駅の徒歩圏であり、大阪難波・京都・神戸三宮・奈良駅方面への電車によるアクセス利便性は非常に高い地域となっています。また、南口のバスのりばからは、商業施設「ミ・ナーラ」や奈良市庁、近鉄奈良駅・奈良公園方面への「ぐるっとバス大宮通りルート」も2021年より発着しています。

なお、3丁目の一部などは距離的には近鉄尼ヶ辻駅に近い場所もありますが、各エリアへの利便性を考慮すると大和西大寺駅を生活圏にする方が便利でしょう。

西大寺国見町周辺地図

西大寺国見町は、北側を西大寺栄町・西大寺本町・西大寺北町(1丁目)、西側を西大寺小坊町・西大寺南町・菅原東、南側を菅原町・宝来(1丁目)、東側を尼辻北町・二条大路南(5丁目)・二条町(3丁目)と隣接しています。