【南中町】地域の基本情報【立派なお寺】 | 奈良まちあるき風景紀行

【南中町】地域の基本情報【立派なお寺】

市内名鑑

当ページでは、奈良市のならまちエリア西側に位置する「南中町」について、地域の地理など基本的なデータをご案内しております。

地域の概要

読みみなみなかまち
交通近鉄奈良駅から南に徒歩約8~9分
JR奈良駅から南東に徒歩約13~14分
※運行日限定のぐるっとバス「元興寺・ならまち」バス停も利用可能
人口約20人(2021年現在)
校区三笠中学校・椿井小学校
郵便番号630-8347

奈良市の「南中町」は、近鉄奈良駅から南に10分も離れていないならまちエリアの西側、小西さくら通り商店街からそのまま南に伸びる通り沿いに広がる地域です。この通りは近世などには「中街道」と呼ばれ、奈良県中南部一帯と奈良のまちを結ぶ重要なルートとして機能した歴史を持っています(奈良時代の「中ツ道」とはルートが異なります)。

面積は市内の町でも特に小さい南中町は、住宅や畳店が見られる一方、広い範囲が浄土真宗本願寺派の正覚寺と呼ばれる寺院の敷地となっており、お寺のお堂やお墓のほか、暁光ホールと呼ばれるお寺の施設(ビル)なども設けられています。

なお、一帯はお寺も含めて観光地と言う訳ではなく、通行する人も東に一筋離れた脇戸町界隈とは異なり、地域住民や通勤・通学途中の方が大半のエリアとなっています。

南中町周辺地図

南中町は、北側を阿字万字町・東城戸町、西側を北風呂町・南風呂町、南側を南城戸町、東側を脇戸町と隣接しています。