【北風呂町】地域の基本情報【通り沿い・小さな神社も】

市内名鑑

ならまちエリアの西側、主要道路であるやすらぎの道・ならまち大通りが交差する地点に位置する「北風呂町」。こちらでは、地域の地理など基本的な情報をご紹介していきます。

地理・概要

読み方きたふろちょう
交通近鉄奈良駅から南に徒歩約8~10分
JR奈良駅から東に徒歩約20~22分
※運行日限定のぐるっとバス「元興寺・ならまち」バス停も利用可能
人口約50人(2021年現在)
校区三笠中学校・椿井小学校
郵便番号630-8352

奈良市の「北風呂町」は、近鉄奈良駅などからもそれほど遠くない、奈良市街地の一角、観光で有名な「ならまち」エリアからは西に少しだけ離れた場所に位置する地域です。

「風呂」という地名の由来は諸説ありはっきりとは言えませんが、隣接する「南風呂町」とともに、周辺に元興寺の浴室があったこと、弱者救済に尽力した忍性菩薩ゆらいの十念寺の存在があること、またこちらも弱者救済の施設である「悲田院」が周辺の南城戸町にあったこと(現在は近くの阿弥陀寺の中に建物が再建)などがそのルーツとしては推定可能なものとなっています。

町内は基本的に一般的な市街地・住宅街が広がっていますが、北側には「厳島神社」と呼ばれる小さな神社があります。

交通は、近鉄奈良駅およびJR奈良駅から徒歩でのアクセスが可能な便利な立地です。

また、道路は近鉄奈良駅方面からの「やすらぎの道」と、ならまちエリアを貫く「ならまち大通り」、JR奈良駅方面などへのアクセスに使える通りが交差する地点(馬場町交差点)が町内にあり、交通量が比較的多い場所でもあります。

北風呂町周辺地図

奈良市北風呂町は、奈良市西城戸町・東城戸町・馬場町・南魚屋町・南風呂町・南中町と隣接しています。