【横井】地域の基本情報【奈良市南部】

市内名鑑

こちらでは、奈良市内の全ての町・地域をご紹介する中で、市内の「横井」地域について、地域の地理などごく基本的なデータをご紹介していきます。

地理・概要

読み方よこい
※1~7丁目まであり
交通奈良交通バス「穴栗神社」・「横井」バス停
JR帯解駅から北西方向に徒歩約6~25分
人口約900人(2021年現在)
校区都南中学校・東市小学校
郵便番号630-8422

奈良市の「横井」地域は、市内の南側、市街地からはやや離れた場所に広がる地域です。

一帯は北西側は市営住宅などが並ぶ地域、北東側は古い集落の風景が残る地域、それ以外は主に広大な農地(田園風景)となっています。

農地が広がるエリアからは、若草山・春日山・高円山方面や大和高原・奈良盆地一帯の山々を望む美しい風景が広がり、奈良ののどかな雰囲気を感じられる地域でもあります。

歴史的なスポットとしては、春日大社の境内末社とも関わりがあるなど深い由緒を持つ「穴栗神社」が鎮座しており、こちらは延喜式神名帳における「穴吹神社」であると考えられます。また、『日本書紀』の景行天皇に関する部分で記述がみられる「春日穴作邑」はこの横井地域一帯であったともされるなど、相当古い時期から歴史に名を残す地域であったことが伺えます。

横井地域周辺地図

横井地域は、北側を古市町・北永井町、西側を南永井町・今市町、南側を横井町・柴屋町・山町、東側を八島町・藤原町と隣接しています。

公共交通機関については、奈良交通バスの利用が基本で、JR奈良駅・近鉄奈良駅より「天理駅」・「下山」・「窪之庄」行きにご乗車の上、「穴栗神社」・「横井」バス停のご利用が便利です。

道路については奈良市街地・天理市内などを結ぶ「国道169号線」沿いにあたり、国道の交通量はかなり多くなっています。国道を除いては幹線道路などはありませんが、農地や市営住宅周辺を通る道は比較的幅員が確保されており、狭路は古い集落の内部に限られます。