【藤ノ木台(奈良市)】とはどんな地域?【坂の多い住宅街は奈良盆地への見晴らしも】

市内名鑑

奈良市の南西部に位置し、比較的大規模な住宅地が広がる「藤ノ木台」地域。こちらでは、地域の基本的なデータ(地理や交通・居住環境など)についてご紹介していきます。

地理・概要

読みふじのきだい
※1~4丁目まであり
交通奈良交通バス「奈良国際ゴルフ場」・「藤の木台一丁目」・「藤の木台二丁目」・「藤の木台四丁目」バス停
人口約3300人(2021年現在)
校区富雄南中学校・富雄南小学校
郵便番号631-0044

奈良市の「藤ノ木台」は、奈良市の南西側、近鉄学園前駅からは南に約2キロほど離れた位置に広がる住宅地です。地域内は1~4丁目に分かれており、北側の1丁目周辺にはローレルコート学園前などの大規模マンションもあるほか、広い範囲が戸建ての静かな郊外住宅地となっており、特に3丁目・4丁目周辺には敷地面積の広い邸宅も目立ちます。また、北西側には奈良市立富雄南中学校の敷地も広がっています。

富雄川沿いへと坂道が続く

地理的には町内の広範囲は西ノ京丘陵と呼ばれる丘陵地の高台に位置し、南側は富雄川沿いの低地・西側は杣川と呼ばれる小川が流れる場所にあたるため、ちょうど藤ノ木台地域が傾斜地となっており、場所によってはかなり急な坂道も見られます。また、南側の地域を中心に奈良盆地一帯への見晴らしがよい場所もあり、遠く吉野・大峰の山々のシルエットが見える日もあります。

なお、「藤ノ木」の地名は住宅開発の際に付けられた単なる愛称というよりは、一帯に古くから残されて来た地名を利用したものであり、少し離れた富雄川沿いのバス停にも「藤の木」という名称が使われています。

居住環境

藤ノ木台地域は、主に戸建て・大規模マンションが占める住宅地となっており、一般的な賃貸物件はそれほど多くありませんが、家賃5万円台~のマンション賃貸や、一部でハイツ物件なども見られます。

売買不動産物件については時折流通が見られ、中古のマンション物件については1000万円以下が目立ちます。また、戸建て物件は近年流通した新築物件では2000~3000万円程度と、市内ではやや割安感のある地域となっています。中古物件は出回る物件が比較的広い物件、中には豪邸と言って良い物件もあるため価格は様々ですが、敷地・建物の規模などと比較して考えると不動産価格に割高感はありません。

生活利便性については、町内は通り沿いに飲食店やクリニックが一部見られるほかは大きな商業施設はありませんが、南側には「イオンタウン富雄南」、北側の学園大和町周辺もロードサイド店舗が密集したエリアがあり、マイカーで移動して利用する分には利便性は高めです。また、バスで学園前駅前へ行って所用を済ませる高齢者の方なども見られます。

交通

最寄り駅は「近鉄学園前駅」となっている藤ノ木台地域ですが、駅からは2キロ程度離れている上、坂道が多いため徒歩や自転車による移動はやや厳しい地域です。駅へのアクセスは、基本的に奈良交通の路線バスの利用が一般的です。

奈良交通バスは「奈良国際ゴルフ場」・「藤の木台一丁目」・「藤の木台二丁目」バス停からは赤膚山~学園前駅間を結ぶ路線が運行しており、朝は数分おき、昼間も1時間4本・15分間隔のダイヤとなっているなど、利便性は郊外住宅地としては概ね高い地域と言えるでしょう。

この他、3丁目や4丁目の南側からは「藤の木台四丁目」バス停もご利用頂けます(奈良県総合医療センター・若草台・西の京高校~学園前駅の路線)。こちらは30分程度間隔が開く時間帯があり、上記のバス停よりはやや使いにくくなります。

道路環境については、地域の南北を通る道路が学園前駅方面、またイオンタウン・第二阪奈道路方面へのアクセス道路となっており、カーアクセスは比較的良好な地域・交通量も多い地域となっています。一部を除き同時に開発された区画も多いため、地域内の道路も極端に狭い区間は目立ちません。なお、坂道が多いため電動アシスト車を除き、自転車が使いやすい地域とは言えません。

藤ノ木台周辺地図

藤ノ木台地域は、北側を学園大和町(2丁目)、西側を千代ヶ丘(1・3丁目)、南側を中町、東側を菅野台・大倭町と隣接しています。