【六条(奈良市)】はどんな所?【農村の面影が残る住宅密集地】 | 奈良まちあるき風景紀行

【六条(奈良市)】はどんな所?【農村の面影が残る住宅密集地】

市内名鑑

奈良市の西部に位置し、世界遺産「薬師寺」からほど近い場所に位置する「六条」地域。こちらでは、居住環境や歴史といった地域の基本的な情報についてご紹介していきます。

地理・概要

読みろくじょう(1~3丁目まであり)
交通近鉄西ノ京駅から西方向へ徒歩約すぐ~約15分
奈良交通バス「西ノ京駅」・「六条柳町」・「奥柳」・「六条西町」バス停
人口約3000人(2021年現在)
校区京西中学校・六条小学校
郵便番号630-8043

奈良市の「六条」地域は、近鉄西ノ京駅の西側一帯に広がる地域で、1~3丁目までの区域を持っています。

地域内は広い範囲が一般的な住宅地となっており、西ノ京駅に近い場所はかつての農村集落の面影を残す古い住宅建築なども見られます。

古い家並みも残る

なお、住宅開発は地域で一斉に進められたような場所ではなく、個々のミニ開発や中規模の住宅地開発が積み重なって、現在の比較的密度の高い住宅地になった歴史を持っているため、高の原・登美ヶ丘のような郊外住宅地とはまた雰囲気は異なります。

地形としては多少の丘陵地(西ノ京丘陵)となっており、一部では急な坂道となっている場所もありますが、全体としてみると平坦な場所も多くなっています。

居住環境

賃貸物件は比較的多い

六条地域は広い住宅地となっているため、物件数は賃貸を中心に一定の数が見られます。

賃貸物件はシングル向け物件はそれほど多い地域とは言えませんが、家賃4~6万円程度のファミリー世帯向け物件(ハイツなど)は比較的多く見られます。

売買物件については土地・建物込みで2000万円台前半の新築物件や、時折見られる中古物件も安いものでは数百万円程度のものが見られるなど、奈良市内では不動産価格は比較的手頃な地域と言えるでしょう。

スーパーなど各種店舗も

生活利便施設については、駅前にはそれほど多くのお店はありませんが、駅からやや離れた六条地域の北側にディスカウントストア「プライスカット 西ノ京店」・ホームセンター「ジュンテンドー 西ノ京店」があり、そのすぐ北側には「ドラッグストア木のうた 西の京店」も営業しているなど、日常的な買い物を徒歩圏で済ませることが可能な範囲も広くなっています。

なお、少しだけ離れた六条山地域一帯は、奈良県総合医療センター・国立奈良医療センターがある奈良屈指の医療・福祉ゾーンとなっています。

また、奈良交通バスの「奥柳」バス停そばには「南都銀行西ノ京支店」や交番も見られます。

交通

近鉄西ノ京駅前

六条地域は、最寄り駅は近鉄西ノ京駅となります。狭い道路や一部坂道となっている場所はありますが、概ね全域が徒歩圏であり、電車を使う上での利便性は比較的高い地域です。

バスについては、奈良交通バス「西ノ京駅」・「六条柳町」・「奥柳」・「六条西町」バス停から西ノ京駅・JR奈良駅・近鉄奈良駅・奈良県総合医療センター方面を結ぶバスが運行されています。

バスは西ノ京駅までは昼間時1時間4本、約15分間隔程度と本数は多めで、奈良駅方面へも昼間時約30分おきの運行です。

道路事情は良いとは言えず、町内には一部を除いて2車線の走りやすい道路は見られません。交通量が多い西ノ京駅周辺への道路についても、車幅の広い車の場合、一部対向が難しい場所も見られます。また、通りから入ると一層狭い道や行き止まりとなる区間も目立ち、初めて訪れた場合は迷いやすい地域と言えるでしょう。

自転車については、傾斜地もありますが利用は比較的多い地域であり、とりわけ西の京高校と西ノ京駅間を移動する学生の姿が多く見られます。

歴史・みどころ

六条地域は、近鉄線を挟んで東側には世界遺産薬師寺もあるなど、唐招提寺なども含めた「西の京」界隈の観光客が多いエリアに隣接しています。

地名はかつての平城京の「六条大路」に由来するものとなっています。六条大路はかつて大寺院であった大安寺周辺や薬師寺の南側・現在の大池付近などを東西に通っていたと考えられます。ルート上と推定される場所に現在道路が通っているのは、薬師寺の境内南側となっています。

町内には、いわゆる観光名所と呼べる場所はありませんが、菅原道真公をお祀りする野々宮天神社と呼ばれる神社がバスの通る道沿いに鎮座しています。

地図

六条地域は、北側を五条(2・3丁目)・六条西(1丁目)、西側を六条西(3・4丁目)、南側を七条西町(1丁目)・七条、東側を西ノ京町と隣接しています。