【南紀寺町(奈良市)】ってどんな所?【賃貸物件も多い】

市内名鑑

奈良市街地の南東側に位置する「南紀寺町」。こちらでは地域の基本的な情報を解説していきます。

地理・概要

読みみなみきでらちょう
交通奈良交通バス「萩ヶ丘町」・「南方町」バス停
人口約3700人
校区飛鳥中学校・飛鳥小学校
郵便番号630-8303

奈良市の「南紀寺町」は、近鉄奈良駅やJR奈良駅からは2キロ程度離れた奈良市街地一帯の南東端に位置する地域です。

町内はため池などを除きほぼ全域が昭和の中頃などから開発された住宅地となっています。なお、必ずしも市内西部の郊外住宅地のように計画的につくられた地域ではなく、マンションや戸建て・ハイツ・アパート、小規模な事業所などがあちこちに立ち並ぶ風景が見られます。0.3平方キロほどの面積に3700人が住むことから、人口密度は1万人単位と高く、中心市街地からは離れた地域とは言え、比較的密度の高い市街地が広がっています。

町内は1丁目から5丁目まで分かれており、西側の端にあたる国道169号線沿いから、東側の端にあたる県188号線沿いにかけて、ゆるやかな上り坂となっています。

店舗は町内にはコンビニなど少数しか見られませんが、近隣地域にはスーパーその他の店舗が多数見られます。

昭和以降開発された地域で、かつては農地などであったことから、古い面影を残す建物などは特になく、神社やお寺も町内には見られません。紀寺という地名は、かつて存在した「紀寺」と呼ばれるお寺があった一帯を「紀寺」地域と呼ぶようになったもので、その南側エリアということで南紀寺という地名になっています。

居住環境

南紀寺町の東端(県道188号沿い)

人口密度が高い南紀寺町は、マンションやハイツ・アパート・戸建てなどが多数立ち並んでいることから、不動産物件や賃貸物件の流通は比較的多い地域です。

賃貸については、常時100を越える物件が流通しており、家賃2万円台のシングル向け物件も多数あるほか、ファミリー世帯向け物件も3~7万円台と概ね手頃な家賃水準となっており、駅から離れていることもあり、市内でも家賃は低めの地域と言えるでしょう。

不動産物件は、比較的土地面積の狭い戸建てなどが多いこともあり、500万円単位の中古物件から見られるなど、やはり価格は低めです。マンションについても築30年以内で数百万円程度と、やはり駅周辺と比べ明らかに安価となっています。

立地面では駅から遠いという難点はありますが、生活利便施設については、北西側すぐの徒歩圏にスーパーマーケット「万代紀寺店」があるほか、西側を通る国道169号線沿いにはコンビニ・ドラッグストア・リカーショップ・各種飲食店がやはり徒歩圏に多数並んでおり、基本的なお店は揃っています。

なお、教育については飛鳥中学校の校区ですが、距離的に2キロ程度と少し離れており、自転車による通学が無難な地域と言えるでしょう(但し、坂道が比較的長く続きます)。

交通

近鉄奈良駅・JR奈良駅からは2キロ程度離れている南紀寺町一帯は、公共交通機関をご利用の場合は奈良交通バスで駅までアクセスするのが基本です。

バスは町内西側は「南方町」バス停(天理・下山方面から奈良駅行きのバス)、町内東側は「萩ヶ丘町」バス停(山村町方面から奈良駅行きのバス)と、利用するバス路線が異なりますが、いずれも朝は数分~10分おき、昼間時は20分おきの運行で一定の利便性は確保されています。

マイカーを利用される方も多い地域ですが、カーポートを備えていない住宅も多く、月極駐車場があちこちに見られます。町内の道路は一部は朝に一方通行となる区間があるほか、全体的に見てもそれほど広い道はありません。特に個々の住宅へアクセスする小道は袋小路となっている所も多く、軽自動車が多く見られる地域でもあります。

自転車についてはゆるやかな傾斜地とは言え、それほどの坂道はないことから利用は一定程度見られ、駅まで2キロ程度の道のりを自転車で移動される方も少なくありません。

南紀寺町周辺地図

南紀寺町は、北側を東紀寺町(1丁目・3丁目)と紀寺町、西側を南肘塚町、南側を古市町、東側を高畑町と白毫寺町に隣接しています。