奈良市内の「賃貸」住宅事情は?意外と家賃が安い?その特徴を詳しく解説 | 奈良まちあるき風景紀行

奈良市内の「賃貸」住宅事情は?意外と家賃が安い?その特徴を詳しく解説

奈良の基礎知識

「奈良に住む」と言うと、一見すると「古都」や「田舎」という固定的なイメージから「敷居が高い」ように感じられる方もいるかもしれません。

しかし、奈良市というまちは、ごく普通の大阪のベッドタウンであり、住宅事情は良好で、かつ「賃貸物件」も充実しています。

こちらのページでは、奈良市内の「賃貸事情」について、家賃の水準や地域ごとの特徴などをご紹介していきたいと思います。

バランスのよい物件供給

奈良市内の賃貸物件について見て行くと、まず重要な点は「様々な物件がそれなりに充実している」と言う当たり前の点が挙げられます。

賃貸事情は全国の地域ごとに様々な傾向・特徴があり、東京23区や横浜・京都市街地のように割安な物件が少ない都市もあれば、福岡や金沢のようにワンルーム物件の供給が多く、家賃が非常に安い環境にある都市もあります。

奈良については、物件数が大都市圏程は多くはありませんが、「これといった特色」が少なく、割安な物件からある程度ハイグレードな物件まで、ワンルーム物件からファミリー世帯向けの物件まで、様々な家賃水準・様々な間取りの物件がいずれもある程度は充実していると言えるでしょう。

後述するように、近鉄奈良駅徒歩圏ではワンルーム物件が目立ったり、郊外ではUR賃貸住宅の存在感も大きいといった一定の地域的な特徴はありますが、市内全体として見ると、あらゆるニーズに応える事が出来る「バランスの良い物件供給」が概ねなされていると言えるでしょう。

家賃水準は概ね「安め」

奈良市内の賃貸住宅について「家賃」の面から見て行くと、概ね「安め」と言っても差し支えない状況となっています。

家賃は交通の利便性に大きく左右され、バス利用が必須のエリアの場合は3DK等「ファミリー世帯」で住めそうな物件であっても4万円少々~から見られる等、京阪神エリアの主要地域と比べても割安感を感じる物件が見られます。

ファミリー世帯向けの物件は平均的な家賃としても6万円台程度であり、有名な分譲マンションや一戸建ての貸家についても、家賃が10万円を越えるような物件はどちらかと言えば少数派で、7~8万円程度の予算があれば一定の利便性・一定の広さが確保された「ゆとりある物件」を借りる事が出来るでしょう。

なお、奈良の賃貸住宅については、郊外の住宅地ではマンションのみならず「UR賃貸住宅」が占める割合も高めです。URについては、立地と築年数によって同じ広さで3万円台の家賃~10万円以上と極端に差が開きますが、中登美・富雄・平城第二といった主要な「マンモス団地」の場合、家賃は3~5万円台に収まるケースがほとんどです。

また、学生向けも含めたワンルーム物件の場合、近鉄奈良駅周辺や大和西大寺駅周辺をはじめ、市内の全域で2万円程度からの「超格安物件」のお部屋が見られます。奈良は奈良女子大学の存在を除いては「学生の街」とは言い難い都市ですが、比較的格安の物件も充実しており、あらゆる対象の人々にとって、住みやすく・ある程度借りやすい環境にあると言えるでしょう。

「ならまち」や「きたまち」にも物件あり(ワンルームが多い)

奈良市内の賃貸住宅の特色としては、一戸建て住宅やマンション物件が見つかりにくい「近鉄奈良駅」の徒歩圏であっても、割安な物件であれば多数の物件が確認出来るという点が挙げられます。

近鉄奈良駅周辺は、ある程度の所得階層やリタイア世代からその「ブランド力」に魅力を感じた引き合いが多く、一戸建てやマンション物件は、常に「家探し」をしている人々である種の「待機」状態にあるとも言えます。

一方で、賃貸については大学生向けという側面もありつつ、それだけでは説明が付かない程に割安なワンルーム物件が充実しており、特に「家賃の安い物件」に比重を置く形で物件数が充実しています。

例えば物件が少ないと言われがちな「ならまち」エリアや「きたまち」エリアについても、家賃が3万円台以下の賃貸物件が常に複数見つかるような環境で、売買物件とは状況が大きく異なります。

もっとも、ファミリー世帯向けの物件はマンション・貸家が一定数見られますが、それほど充実しているとは言えません。

要するに、一定以上のグレードの物件や売買物件へのニーズは高く、供給がやや不足している一方、ワンルーム物件等の格安物件へのニーズは極端に高いとは言えず、供給も十分に足りている。そのような少し珍しい環境にあるのが近鉄奈良駅周辺エリアと言えるのです。

ある程度の経済的基盤をお持ちの場合、ワンルーム物件に住むという選択肢はないと思われますが、売買物件であれば高額で取引されるような駅近のエリアでも、ワンルーム賃貸ならばお得に住める。という少し倒錯した状況がありますので、若い人で奈良に興味がある場合等は一時的な住処としてもおすすめ出来る環境と言えるでしょう。

なお、数は少な目ですが、近鉄奈良駅徒歩圏のきたまちエリアを中心に「古家(レトロ民家)」についても流通しています。レトロな民家については家賃が5~7万円程度ではあっても、敷金と礼金はしっかりと掛かる(場合によっては合計30~50万円程度のケースも)場合が多々ありますので、ある程度の予算的な裏付けは必要です。なお、より本格的な「町家」物件については家賃が高い上に流通は稀で、町家バンクや個々の人脈を介した動き等に頼るケースが大半です。

奈良市内の賃貸物件を探すには

奈良市内で賃貸物件を取り扱っている各不動産業者は多数ありますが、主要なものとしては以下のような

賃貸のマサキ:学生向け賃貸等に強みを持つ、山晃住宅とともに市内では最も知られた業者です。
山晃住宅:賃貸不動産を取り扱う事業者としては県内最大手となっています。
賃貸のニッセイ:一般的な賃貸の他、きたまちエリアをはじめとする「古家(レトロな家)」に強みを持っています。
この他紀伊國屋商事福住ハウジング平和不動産奈良ピュア等といった各種業者もあります。

また、当然の事ながら全国展開の賃貸仲介業者も奈良にありますので、お部屋探しの心配はありません。

奈良特有の「賃貸慣行」はあるのか?

賃貸事情としては、全国を眺めると地域によって賃貸の借り方・費用の設定のあり方に一定の違い(慣行)がある場合あります。

奈良について見ると、基本的には奈良特有の賃貸上の慣行は確認は出来ません。例えば奈良のみで掛かる特別な費用、手続きのようなものは原則としてありません。

また、敷金・礼金についてはハイグレードな物件では高額になるケースもありますが、ごく普通に「敷金・礼金ゼロ物件」が多数見られる等、首都圏や京阪神の賃貸事情と大きな差はありません。

賃貸を借りる上において「奈良だから~」といった理由で困ったり、余分な手間や出費が掛かることはないとお考え頂いてよいでしょう。

なお、「古都」という事で「近所付き合い」等を心配される方もいるようですが、マンション・ハイツ・アパート等一般的な賃貸物件の場合、首都圏や京阪神の各地と何ら状況は異なりませんし、古い町並みが広がる「ならまち・きたまち」エリアに住む場合であっても、ごく一部の特殊な状況を除き、近所付き合いや自治会関係に深く関わるようなケースはむしろ稀です。賃貸物件に住む場合については、基本的には「奈良だから~」という点で心配する必要はあまりないでしょう。

まとめ

奈良市内の賃貸事情については、流通している物件は様々なグレード・間取り・家賃の物件がいずれもある程度充実しており、様々ニーズに対応可能となっています。

家賃については、ワンルーム物件では2万円~、ファミリー世帯向けの物件でも4万円台~からあり、7~8万円程度の家賃でゆとりある物件に住む事が可能である等、全体として見ると「割安感」のある環境が広がっています。

地域的な特徴としては近鉄奈良駅周辺には比較的ワンルーム物件が多く、郊外はUR賃貸住宅が目立つといった特徴があります。とりわけ近鉄奈良駅周辺は比較的ハイグレードな物件や売買物件へのニーズが高い一方、格安のワンルーム物件については常時空室が見られる等、需要がある意味で逆転しているような環境も見られます。

奈良市内の賃貸物件に住む上にあたっては、市街地であり、かつ一般的なマンション・アパート・ハイツといった物件である場合、借り方・費用面の特徴・近所づきあいをはじめ、基本的には首都圏や京阪神の市街地・郊外と大差ありません。「奈良だから~」といった理由のみで特別な懸念を持つ必要はありません。