【円照寺大師堂】門跡寺院への参道そばにある小さなお堂 | 奈良まちあるき風景紀行

【円照寺大師堂】門跡寺院への参道そばにある小さなお堂

知られざるスポット

ごあんない

円照寺の大師堂は、山村御殿と呼ばれ、通常拝観が一切出来ない門跡寺院(尼寺)円照寺のやや西側、うっそうとした森の中にひっそりと佇むお堂です。

この大師堂は「山辺の道」沿いに面しており、ハイキングの途中に見える場所ですが、立ち寄る人は少なく、知名度は高くありません。なお、お堂の他に石仏・石碑なども多数並んでおり、深い森の風景もあいまって、奈良市内でも有数の神秘的な雰囲気が感じられるスポットとなっています。

円照寺参道沿いから「山辺の道」の一部として石段が伸びています。こちらをしばらく進むと大師堂に到着します。

大師堂一帯にはお堂のほかに観音石仏や石碑も多数立ち並んでいます。

交通・アクセス

奈良交通バス
・JR、近鉄奈良駅から「山村町」行き乗車、「円照寺」バス停下車、東に徒歩約6分

JR帯解駅から東に徒歩約25~30分

周辺地図

円照寺の境内地はすぐ東側にありますが、基本的に拝観はできません。大師堂は山辺の道(北コース)沿いにあり、こちらは奈良~天理間の歴史散策ハイキングコースとなっています。