【時風神社】向かいの「辰市神社」を創建した人物を祀る神社 | 奈良まちあるき風景紀行

【時風神社】向かいの「辰市神社」を創建した人物を祀る神社

知られざるスポット

ごあんない

時風神社(ときふうじんじゃ)は、奈良市の南部、大和郡山市との境界にも比較的近い西九条町と呼ばれる地域にある小さな神社です。

この神社は、境内地の北向いに位置する「辰市神社」を創建した人物とされる中臣時風(なかとみのときふう)・中臣秀行(ひでつら)を祀っています。

この2人は、春日大社の創建時に「鹿島国」から武甕槌命(たけみかつちのみこと)に付き従って奈良の地を訪れこの地に住むことになったとされており、春日大社のルーツにもつながる歴史を有しています。

神社は知名度は低く、観光客が訪れるようなことはほぼ皆無ですが、隣接する「辰市神社」を訪れた場合には合わせて参拝しておきたい神社となっています。

時風神社の風景

道路を挟んで辰市神社の南側にある時風神社。神社に鳥居はなく、住宅街の中にある緑地・公園のような風情を漂わせています。

小さな社殿は比較的新しいものとなっています。

境内は木々が生い茂っています。森という程ではありませんが、社殿以外は境内に何もないため、独特の雰囲気が広がっています。

交通・アクセス(電車・バス)

近鉄奈良駅・JR奈良駅から奈良交通バス「イオンモール大和郡山」・「杏南町」行き乗車、「大和ハウス前」バス停下車、北に徒歩約5分

周辺地図・近隣スポット

周辺は「観光」とは関係の薄い奈良の住宅・工業地域ですが、北隣の「辰市神社」、また南東側の倭文神社(しずりじんじゃ)等、地域の深い歴史を感じさせるスポットが見られます。