新幹線のきっぷの「払い戻し」を詳しく解説 | 奈良まちあるき風景紀行

新幹線のきっぷの「払い戻し」を詳しく解説

奈良周辺の交通アクセス

こちらのページでは、新幹線のきっぷを「払い戻し」する場合の方法やルール・手数料等の情報を解説していきます。

払い戻しについては、きっぷの種類や払い戻す時期によって手数料が異なり、指定席特急券やグリーン券の場合、やや高額な手数料が掛かる場合もあります。

なお、本サイトは奈良の観光情報を取り扱うサイトですが、奈良へは新幹線をご利用になって訪れる(京都経由)方が大変多い為、利用される各種交通機関に関する情報も解説しております。

払い戻し場所は?

新幹線を含むJR各社の全てのきっぷは、窓口のあるJR線の駅であれば、場所を問わずどこでも払い戻しが可能です。

【例】JR九州の博多駅で購入したきっぷを、JR西日本の大阪駅や、JR東海の名古屋駅、JR東日本の新宿駅で払い戻すことも出来ます。

また、ネットで購入したきっぷ(えきねっと・エクスプレス予約・e5489等)については、ネット上での払い戻し手続きが可能です(払い戻しルールが少し異なる場合があります)。ネット予約をして、駅できっぷを受け取る場合については、「受け取り前」はネットからの手続き、「受け取り後」はネットではなく窓口での払い戻しとなります。

なお、旅行代理店の店舗で購入したきっぷについては、「現金」で購入した場合はJR線の駅でも払い戻せますが、クレジット決済をした場合は、購入した旅行代理店の店舗での払い戻しが必要となります。

通常のきっぷの払い戻し条件・手数料一覧表

新幹線も含む、JR各社の一般的なきっぷを「払い戻し」する際の条件、手数料は以下の通りです。

きっぷの種類条件手数料
普通乗車券
・回数乗車券
・定期券
・急行券
・自由席特急券
・特定特急券
・自由席グリーン券
使用開始前・有効期間内
※営業キロ100キロ以上の乗車券は、使用開始後も利用区間の運賃を差し引いて払い戻し可能です。
※往復乗車券は往復で1つのきっぷとして取り扱います。
※金券ショップ等で購入した「バラ売り」の回数券は払い戻し出来ません。
220円
立席特急券出発時刻まで220円
指定席特急券
・指定席グリーン券
・寝台券
・指定席券
列車出発日の2日前まで
※指定席特急券+グリーン券のような場合は、払い戻し手数料はグリーン料金のみに適用されます。
340円
指定席特急券
・指定席グリーン券
・寝台券
・指定席券
出発日の前日から出発時刻まで
※指定席特急券+グリーン券のような場合は、払い戻し手数料はグリーン料金のみに適用されます。
30%、ただし最低340円
各種お得なきっぷ商品ごとに異なります。商品ごとに異なります。

払い戻しには様々な条件がありますが、特に注意が必要なのは指定席特急券やグリーン券を、「出発日の前日」以降に払い戻す場合です。

特に長距離の区間であれば、手数料率が30%のため、手数料だけで2,000円以上掛かる場合もあります。

【例】東京駅~新大阪駅間の新幹線の「指定席」きっぷを「当日」払い戻した場合、きっぷの料金14,920円に対し、手数料は乗車券220円・指定席特急券1,810円の合計2,030円を差し引いて、12,690円が手元に返金されます。3日前までに払い戻した場合は14,360円が返金されます。

また、金券ショップ等で発売されている「バラ売り」の新幹線回数券についても、それぞれの券片が切り離された時点で払い戻し対象外となりますので、それを駅窓口に持ち込んでも払い戻しは出来ません。

長距離の「乗車券」は「乗車開始後」も払い戻し可能

払い戻しは、上記の一覧表でも示しているように、原則としては列車の出発時刻・有効期間内に払い戻す必要がありますが、営業キロが100キロを越える「普通乗車券」のみは、既に乗車開始している場合でも、今まで乗った区間の運賃を差し引く形で払い戻しが可能です。

【例】東京駅~新大阪駅間のきっぷの場合、途中の名古屋駅で下車した場合「新幹線特急券」の払い戻しは利用開始後のため出来ません。一方、普通乗車券については利用していない区間の払い戻しが可能です。払い戻す場合、運賃8,910円から名古屋までの運賃6,380円と手数料220円を差し引いた1,310円が戻って来ます。

なお、これは「通常のきっぷ」の場合であり、例えば乗車券と特急券が1つになった各種「お得なきっぷ類」・回数券類では、この条件は適用されず利用開始後であれば「全て払い戻し不可」となります。

「エクスプレス予約」等の払い戻しは?

新幹線のきっぷについては、駅で買うという一般的な買い方に留まらず、東海道・山陽新幹線の「エクスプレス予約(EX予約)」やJR東日本・JR北海道の「えきねっと」、JR西日本の「e5489」、JR九州のネット予約サービス等、オンラインで新幹線のきっぷを購入するサービスが充実しています。

これらのネット予約サービスを利用する場合の「払い戻し」ルールについては、通常のきっぷと同じ場合と異なる場合がありますが、通常の払い戻しよりも優遇される場合もあります。

以下、主なインターネット予約サービスの払い戻し条件です。

各社のサービス条件手数料
エクスプレス予約(EX予約)サービス
※早特商品も含む
列車の発車時刻まで自由席・指定席ともに340円
e特急券きっぷの受け取りまで自由席220円・指定席340円
e特急券きっぷの受け取り後自由席220円・指定席は料金の30%(最低340円)
えきねっと(特典適用)きっぷの受け取りまで(発車時刻4分前まで)自由席は無料・指定席及びえきねっとトクだ値320円
えきねっと(特典適用)きっぷの受け取り後乗車券220円・自由席220円・指定席は料金の30%(最低340円)
えきねっとトクだ値の場合割引額相当分(最低560円)
e5489(特典付き)きっぷの受け取りまで
※JR東海区間を除く
自由席220円・指定席340円(乗車券分はなし)
e5489(特典付き)きっぷの受け取り後料金の30%
JR九州ネット予約きっぷの受け取りまで自由席220円・指定席340円(乗車券分はなし)
JR九州ネット予約きっぷの受け取り後乗車券220円・自由席220円・指定席は料金の30%(最低340円)
各種お得なきっぷの場合はきっぷごとに異なる場合があります。

まとめ

以上、新幹線のきっぷを「払い戻し」する場合のルールや手数料等について解説していきました。最後に重要なポイントだけを再度まとめておきます。

・新幹線のきっぷは、JRの窓口のある駅であればどこでも払い戻し可能です。但し、旅行会社でクレジット決済した場合は、その店舗で払い戻す必要があります。

・インターネット予約の場合は、きっぷを受け取る前であればネットで払い戻し手続きをする形となります。なお、払い戻し条件はインターネット予約の場合やや異なる場合があります(優遇の場合もあり)。

・各種払い戻し手数料は通常のきっぷの場合、お得なきっぷの場合等に応じてやや異なります。指定席特急券・グリーン券の場合は前日以降は手数料が高額となりますのでご注意下さい。

・利用開始後、出発時刻後の払い戻しは基本的に出来ませんが、100キロ以上の区間を利用する乗車券であれば、途中で降りた駅までの運賃+手数料との差額を払い戻す事が可能です。

ぜひ、便利な新幹線をご利用になって、古都「奈良」の観光に訪れてみてはいかがでしょうか。