新幹線のきっぷの「有効期間(期限)」を詳しく解説 | 奈良まちあるき風景紀行

新幹線のきっぷの「有効期間(期限)」を詳しく解説

奈良周辺の交通アクセス

こちらのページでは、新幹線のきっぷを使用するにあたっての使用可能な「有効期間(期限)」について解説していきます。

新幹線のきっぷは通常のきっぷであれば「乗車券」と「特急券」に分かれており、それぞれ扱いが異なります。

なお、本サイトは奈良の観光情報を取り扱うサイトですが、奈良へは新幹線をご利用になって訪れる(京都経由)方が大変多い為、利用される各種交通機関に関する情報も解説しております。

乗車券の有効期間は距離に応じて

新幹線のきっぷは、いわゆる「運賃」にあたる部分である「乗車券」、そして自由席・指定席を利用するための「特急券」(又はグリーン車を利用するためのグリーン券)の2枚で構成されています。

このうち運賃部分の「乗車券」については、乗車する「距離」に応じて利用可能な有効期間(期限)が設定されています。

・100キロ以下=1日(当日限り有効)
・200キロ以下=2日
・400キロ以下=3日
・600キロ以下=4日
・800キロ以下=5日
・1000キロ以下=6日
・1001キロ以上についても200キロごとに1日加算

また、「往復きっぷ」の場合は、乗車券の有効期間(期限)はこの2倍となります。

【例】東京駅~新大阪駅間であれば600キロ以下の区分に当てはまるので、片道乗車券の有効期間(期限)は4日です。

【例】東京駅から近距離の小田原駅まで、新大阪駅から姫路駅までといった利用の場合、移動距離(営業キロ)は100キロ以下ですので、片道乗車券のの有効期間(期限)はその日限りになります。

【例】東京駅~博多駅(福岡)のような長距離区間の場合、営業キロは1000キロを越えるため片道乗車券の有効期間(期限)は7日とかなり長めに設定されています。

新幹線に乗るための「乗車券」に限って見れば、距離に応じて利用可能な期間は長くなっているのです。

特急券の有効期間は当日限り

「運賃」部分にあたる「乗車券」については、上述したように有効期間(期限)は距離によって比較的長めになります。

一方で、新幹線に乗るためには「乗車券」だけではなく「特急券(自由席・指定席)」又は「グリーン券(グリーン車)」が不可欠です。

これらの特急券・グリーン券については、有効期間(期限)は「利用指定日(乗車日)」当日限りです。

【例】10月1日、朝6時発の東京駅~新大阪駅間の「のぞみ号」の指定席やグリーン券を予約・購入した場合、列車と座席が「指定」されている以上、原則として10月1日のその列車しか利用できません(乗り遅れた場合、自由席のみ10月1日当日は利用可能)。乗り遅れてから、別の列車の座席を再度指定する事は不可能です。

【例】指定席ではなく10月1日分の自由席特急券を買った場合は、10月1日当日の列車にしか使えません。利用しなかった場合でも、翌日以降の新幹線には乗ることが出来ません。

特急券は、乗車予定日「その日限り」しか使えませんので、もし新幹線に乗る予定が別の日に変わってしまった場合は、発車前にきっぷを「変更」する必要があります。

きっぷの「変更」は、きっぷを買った以降でも、利用開始前(乗る予定の列車が発車する前・自由席券であれば利用日当日まで)であれば「1回」までは無料で変更する事が可能です。10月1日の特急券を、10月2日や3日に変更する事も可能です。

きっぷの変更をせずに、乗車予定日も過ぎてしまった特急券類は、ただの紙切れになってしまいますので、その点は十分ご注意下さい。

回数券の有効期間は3か月が基本

新幹線をお得に利用できるきっぷとしては、金券ショップ等でもおなじみの「回数券」が発売されていますが、こちらの有効期間(期限)は、東海道・山陽新幹線の一般的な回数券であれば、6枚つづりで窓口等で購入してから3か月以内となります。

なお、JR九州の「定期券専用新幹線特急料金回数券」のようなきっぷの場合は、有効期間(期限)は1か月となっているなど、回数券と名の付くきっぷが全て有効期間(期限)3か月という訳ではありません。

一般の新幹線回数券の場合、「指定席・グリーン席」回数券については乗車する前に駅の窓口で座席指定をして頂く形となります。指定席の座席指定をした後、その指定列車に乗り遅れた場合はその「当日」の新幹線自由席のみ利用可能となりますので、3か月の有効期間(期限)ではなくなります。

エクスプレス予約・お得なきっぷ類は要注意

新幹線の割引サービスやお得なきっぷ類としては、会員制の割引サービス「エクスプレス予約」やJR西日本のお得なきっぷ「スーパー早特きっぷ」のようなものも各社によって提供されています。

エクスプレス予約にしても、スーパー早特きっぷにしても、きっぷのルールとしては通常のきっぷとは異なる点が多くなります。

【例】エクスプレス予約や各種お得なきっぷ類は、「乗車券+特急券」がセットの扱いですので、乗車券部分の有効期間(期限)という概念はありません。当日利用しなかった場合、乗車券も含めて全て無効となります。

【例】エクスプレス予約のうち「早特」商品、JR西日本「スーパー早特きっぷ」、JR九州の「九州ネット早特7」等のお得なきっぷ類は、「指定列車」以外は利用できません。乗り遅れた場合は後続の自由席を使う事も出来ず、全て無効になります。

また、指定列車の変更はエクスプレス予約の場合自由ですが、「スーパー早特きっぷ」は変更も出来ません。お得なきっぷ類は、この他にも様々なものがあります(JR九州のきっぷ類が特に充実しています)が、お得度が大きい程に、変更不可・乗り遅れた場合の救済措置なしといった条件も目立ちますので、利用にあたってはそれぞれの割引サービスやきっぷ類の「ルール・条件」を確認しておくことをおすすめします。

まとめ

以上、新幹線のきっぷ類の「有効期間(期限)」について解説して来ました。最後に重要なポイントだけを再度まとめておきます。

・新幹線の通常の「きっぷ」は、「乗車券」と「特急券(グリーン券)」の2枚セットとなっています。このうち乗車券については例えば100キロ以下=1日(当日限り有効)、200キロ以下=2日、400キロ以下=3日といったように有効期間(期限)が設定されています。

特急券、グリーン券については有効期間(期限)は当日限りです。指定席とグリーン席については、乗り遅れた場合はその日の「自由席」に限って利用可能です。自由席については、利用を指定した日のみ有効です。いずれにしても、きっぷに表示している日を過ぎると、きっぷは無効となります。

・回数券については、東海道・山陽新幹線の6枚つづりの回数券は3か月間有効です。指定席やグリーン車用の回数券の場合、乗車前に列車を指定する必要があります。指定した後に乗り遅れた場合は当日の自由席のみ利用可能となります。

・エクスプレス予約や各種お得なきっぷ類については、乗車券と特急券はワンセットであるため、指定した当日に利用しなかった場合、乗車券も含めて全て無効となる場合が大半です。また「早特」きっぷ類では、「指定列車のみ有効」であるため、乗り遅れても自由席に乗れる「救済措置」がありません。お得なきっぷ類の利用時にはこれらの点をご注意下さい。

ぜひ、便利な新幹線をご利用になって、古都「奈良」の観光に訪れてみてはいかがでしょうか。