京都駅から京都国立博物館への交通・アクセスを解説(市バス・JR・京阪電車)

京都の各社寺から寄託された貴重な文化財を多数所蔵し、近隣には三十三間堂や智積院といった観光スポットがあることでも知られる「京都国立博物館」。

こちらのページでは、京都の玄関口「京都駅」から「京都国立博物館」までの交通・アクセス情報についてわかりやすくご案内してまいります。

「京都駅から京都国立博物館」アクセスの基本

京都駅から京都国立博物館へ向かう場合、アクセス手段は以下の2ルートがあります。

市バスを利用する:基本ルート(おすすめ)・最速・最安・本数非常に多い・徒歩移動少ない

JR線と京阪電車を利用する:乗り換えあり・運賃割高・渋滞回避ルート・徒歩移動あり

基本的な移動手段としては、京都駅から京都市バスを利用してアクセスするというルートがおすすめとなります。

市バスは本数も非常に多く乗り換え不要、博物館のすぐそばのバス停までアクセス可能なため、徒歩移動もほとんどありません。バスは「1日券」類も利用可能となっています。

一方、春や秋の観光シーズン(土日祝日など)には渋滞などで運行ダイヤが乱れることが時折あります。その場合はJR線と京阪線をご利用頂く方がスムーズな移動が出来る場合もあります。

また、「歩くまち京都・レールきっぷ」をお持ちの場合はバスには乗れませんが、電車は乗り放題になるためJR線と京阪電車を使うルートがおすすめとなります。

ルートについては、これ以外にも厳密には京阪バスのステーションループバス(京都駅近くのザ・サウザンド キョウト前~七条京阪前)を使ったり、京都駅八条口から「プリンセスライン」のバスを使ったりするルートもありますが、いずれも「バス1日券」は使用不可であるほか、京阪バスは博物館前までは行かず、プリンセスラインは京都女子大学の学生がメインとなっているため観光利用にはやや不向きであるため、本記事では推奨ルートとしてご案内することはありません。

なお、京都駅から京都国立博物館へは徒歩で移動することも不可能ではありません。本記事では徒歩ルートについても後ほど簡単に解説してまいります。


京都国立博物館の最寄りバス停は「博物館三十三間堂前」バス停、最寄り駅は「京阪七条駅」となっています。

バス停、駅の位置図については以下の地図をご参照ください

市バスを利用する

ルート市バス京都駅前バスのりば~市バス「博物館三十三間堂前」バス停
のりば京都駅前「D1」のりば・「D2」のりば
系統・行き先※D1・D2のりば発のほぼ全てのバスが利用可能
<D1>急行100号系統:「清水寺・銀閣寺」行き
<D1>急行106号系統:「清水寺・祇園」行き
<D1>急行110号系統:「祇園・平安神宮」行き
<D2>206号系統:〈東山通〉三十三間堂・清水寺経由「祇園・北大路バスターミナル」行き
<D2>208号系統:〈東山通〉博物館・三十三間堂経由「泉湧寺・東福寺」行き
<D2>86・臨(楽洛東山ライン)号系統:〈東山通〉「清水寺・祇園・三条京阪」行き
<D2>88号系統:〈東山通〉「東福寺」行き
※「東山シャトル」はご利用頂く事が出来ません。
運行間隔約3~4分間隔以下で運行
運賃大人230円・子供120円
※「バス1日券」や「地下鉄・バス1日券」が利用可能
所要時間約7分~
※「博物館三十三間堂前」バス停から京都国立博物館は東側へすぐ

市バスをご利用の場合、京都駅前バスのりば「D1」及び「D2」のりばからバスが頻発しています。バスは1時間に20本程度運行されており、非常に本数が多くなっています。

乗るバスは上記の表に記している通りですが、大半の場合「急行100号系統」か「206号系統」に乗ることになります。

バスは遅れがない場合最短7分でアクセス可能となっており、電車と徒歩でアクセスするよりも圧倒的に速いルートとなっています。また運賃も最安ルートとなっており、「1日券」類をお持ちの場合は追加運賃が不要となっています。

なお、春や秋の一部土日祝日など「観光繁忙期」には急行100号系統や206号系統などのダイヤが大幅に乱れることがあります。博物館三十三間堂前バス停までの区間については極端な渋滞に見舞われることはほとんどありませんが、バスの運行間隔が乱れて使いにくくなる場合があるほか、とりわけ京都国立博物館から京都駅への「お帰り・復路」に関しては激しい混雑でバスに乗れない場合がありますので、そのような場合に限っては電車を使うルートをご検討いただいてもよいでしょう。

市バス「博物館三十三間堂前」バス停

バス停は、京都国立博物館の敷地に隣接する場所にあります。バスを降りたら右手(東側)に進んでください。

バス停のすぐ近くにある京都国立博物館の入口

バス停からは徒歩1分もかからずに京都国立博物館の入口(観覧券発売所)付近に到着します。

JR線と京阪電車を利用する

ルートJR京都駅~JR東福寺駅・京阪東福寺駅~京阪七条駅
運賃大人290円・子供150円(大人運賃内訳:JR線130円・京阪電車160円)
※「歩くまち京都・レールきっぷ」が利用可能
所要時間約15分~
※京阪七条駅から京都国立博物館まで徒歩約8分程度

京都駅から電車を利用して京都国立博物館へアクセスするルートは、所要時間は長め・運賃は割高となり利用がおすすめと言う訳ではありませんが、電車が乗り放題になる「歩くまち京都・レールきっぷ」を利用の場合、また先述したように繁忙期でバスが使いにくい場合には選択肢となるルートです。

電車で移動する場合は、まずはJR京都駅の8・9・10番のりばから「奈良線」の電車(全て利用可能)で隣の東福寺駅まで行きます。

JR東福寺駅

東福寺駅をご利用の場合、京都駅で「後ろ寄り」の車両にご乗車頂くと、階段を上ることなく、そのまま京阪電車に乗り換えることが出来る乗り換え改札口をスムーズに利用して頂けます。

午前7時から夜7時までのみ利用可能な京阪電車へののりかえ口。こののりかえ口を利用すると、出たホームが「京阪七条駅」方面行きののりばとなります。

七条駅へは来た電車(出町柳行き)が全て利用可能です。


◇京阪七条駅からの徒歩移動について

京阪七条駅から京都国立博物館へは、東向きにゆるやかな上り坂を徒歩6分程度歩く必要があります。

京阪七条駅改札を出たら左側へ

京阪七条駅改札口を出たら、案内表示が見えますので出口「4・7」の方向(左側)へと進んでいきます。

出口4からエスカレーターで地上へと上る

出口4・7の案内表示に従い進んでいくと、エスカレーターご利用の場合は出口4、エレベーターご利用の場合は出口7から地上へ出て頂く形となります。

どちらも地上へ出る場所はほぼ同じです。

京阪七条駅出口4

出口4、出口7から地上に出たら、歩道沿いをそのまま左折する形で東西に通る七条通りへと出ます。

横断歩道などを渡る必要はありません。

七条通り沿いをしばらく直進

その後は、七条通り沿いをしばらく直進します。ゆるやかな上り坂へと入っていくと京都国立博物館はもうすぐです。

京都国立博物館の入口付近

京都市バスの「博物館三十三間堂」バス停を通り過ぎるとすぐに京都国立博物館の観覧券の発売所、ミュージアムショップなどがある区画に到着します。

ここまで京阪七条駅からは徒歩約8分程度となっています。

徒歩で移動する

京都駅から京都国立博物館へは、距離は少し長いですが「徒歩のみ」で移動することも出来ない訳ではありません。

徒歩移動の場合は、京都駅から七条通り方面へと抜けて、あとは七条通り北側の歩道沿いをひたすら東に向けて歩いていけば、「博物館三十三間堂前」バス停前、京都国立博物館の入口に到着するようになっています。ルートは「これ」というルートがあるというよりは、七条通りへ抜ければよいだけですので、それほど複雑な訳ではありません。

詳しい推奨ルートについては以下の案内図をご覧ください。

まとめ

以上、京都駅から京都国立博物館までのアクセス手段について解説してきました。

最後に市バスルート、JR+京阪電車ルートの概要について、改めてまとめ直しておきます。

◇市バスを利用する
・基本的にはこちらのルートをご利用ください。所要時間7分~の最速ルート・運賃230円の最安ルートとなっており、「バス1日券」や「地下鉄・バス1日券」ももちろんご利用頂けます。最寄りバス停は「博物館三十三間堂前」バス停。バス停を降りたらすぐに京都国立博物館の入口に到着します。なお、観光繁忙期にはバスのダイヤが大幅に乱れることもあり、そのような場合に限り電車ルートの方が使いやすくなる場合もあります。

◇JR線と京阪電車を利用する
・運賃は割高で、所要時間も長くなるルートですが、繁忙期のバスを回避するルート、また「歩くまち京都・レールきっぷ」をお持ちの場合は追加運賃が不要のルートとしてご利用頂けます。ルートは京都駅からJR奈良線で隣の東福寺駅へ行き京阪電車へ乗り換え、また隣の七条駅まで行くというルートとなっています。