「京都駅から龍安寺」への交通・アクセスまとめ(JRバス・市バス・JR線・嵐電)

金閣寺や仁和寺にも近く、「石庭」で外国人観光客からの知名度も高い京都「龍安寺」。

本記事では、京都の交通拠点「京都駅」から「龍安寺」までの交通手段についてなるべく詳しくご案内してまいります。

「京都駅から龍安寺」アクセスの基本

京都駅から龍安寺へ移動する方は多くなっていますが、龍安寺へアクセスする場合、アクセス方法はやや限定されています。

バスでアクセスする場合は、

JRバスを利用:乗り換えなし・約15~30分間隔で運行(本数やや少なめ)・最速ルート
市バスを利用するルート:少し離れた「立命館大学」バス停まで直通便あり・「バス1日券」利用時におすすめ

電車を利用する場合、龍安寺へアクセスするバス路線と地下鉄線などとの連絡が良好ではないので、ルートとしては以下の1種類のみとなります。

JR線と嵐電を利用:運賃割高・駅からの徒歩移動必須

基本的には本数はそれほど多くはありませんが、JRバスのご利用が最も使いやすくおすすめです。

「バス1日券」などの利用時は「市バスルート」、「歩くまち京都・レールきっぷ」ご利用時はJR線と嵐電を乗り継ぐルートがおすすめです。

JRバスを利用する

竜安寺方面へのJRバスが発車する京都駅前「JR3のりば」
ルートJRバス京都駅前バスのりば~JRバス竜安寺前バス停
のりば京都駅前JR3のりば
行き先「栂ノ尾」・「高雄」・「立命館大学」行き
運行間隔平日約15~30分間隔(立命館大学学休期は約30分間隔)
土日祝日約30分間隔
運賃大人230円・子供120円
※市バス「1日券」類は利用不可となっています。
所要時間約31分~
※竜安寺前バス停から竜安寺参道・境内は北方向にすぐ

JRバスをご利用の場合は、京都駅前バスのりば内「JR3」のりばから発車するJRバスの全ての路線バスが利用可能です(行き先は栂ノ尾・高雄・立命館大学方面行き)。

バスは観光客の利用の多い土日祝日の方が運行本数が減り、約30分間隔(1時間に2本)の運行と京都市内のバスとしては少し不便な本数となっています。

なお、バスは所要時間約30分で竜安寺前バス停までアクセス可能なため、本数は少ないですが他の交通手段と比べると所要時間は圧倒的に短く、最も便利な交通手段となっています。

バスの混雑についても市バスより空いていることが多く、紅葉シーズン等の一部を除き、ほぼ確実に座ることが可能です。また渋滞による混雑も紅葉シーズンの一部などを除いては極端に遅れるようなことはありません。

注意点としては、あくまでも「JRバス」の路線バスのため、京都市交通局の「バス1日券」や「地下鉄・バス1日券」はご利用頂けない点が挙げられます。

基本的には通常運賃(大人230円・子供120円)をお支払い頂く形となっていますので、その点はご了承ください。

JRバス「竜安寺前」バス停から龍安寺境内はすぐ

JRバスを降りたら、西側(右側)すぐの場所に龍安寺の参道が見えますので、横断歩道を渡って参道へ入ってください。

なお、お帰りの場合はバスのりばが往路のバス停と比べ、徒歩2分ほど東寄りの場所(龍安寺の駐車場近く)にありますのでご注意下さい。

市バスを利用する

立命館大学行きのバスが発車する京都駅前「B2のりば」
ルート市バス京都駅前バスのりば~市バス立命館大学前バス停
のりば京都駅前B2のりば
系統・行き先50号系統:二条城・北野天満宮「立命館大学」行き
運行間隔約15分間隔
運賃大人230円・子供120円
※「バス1日券」・「地下鉄・バス1日券」が利用可能
所要時間約50分~
※立命館大学前バス停から龍安寺までの徒歩移動含む(約8~10分)

市バスをご利用の場合、竜安寺前バス停へ直通するバスは京都駅前からは運行されていません。

竜安寺前バス停を経由するのは四条河原町方面からの市バス59号系統のみで、途中で59号系統に乗り継ぐルートも考えられますが、基本的には龍安寺まで徒歩約8~10分程度の場所にある「立命館大学前」バス停行きの市バスを使うルートが利便性の面から見ると無難です。

立命館大学行きのバスは、京都駅前B2のりばから、15分間隔で運行されています。立命館大学前までは乗り換えなしで約42分、バスを降りたら、バスの通る道路(きぬかけの路)をそのまま西向き(上り坂の方向)に真っすぐ進みます。

しばらく気持ちの良い山麓の道を進んでいくと、竜安寺前バス停の前を通り、龍安寺参道前に到着します。JRバス利用時と同様、横断歩道を渡ればすぐに参道・境内へと入ることが出来ます。

なお、バス停から龍安寺までの徒歩移動の距離、所要時間は嵐電を利用する場合と大差ありません。

JR線と嵐電を利用する

ルートJR京都駅~JR太秦駅・嵐電撮影所前駅~嵐電龍安寺駅
運賃大人420円・子供210円(大人運賃内訳:JR線200円・嵐電220円)
所要時間約45分~
※嵐電龍安寺駅から龍安寺境内までの徒歩移動(約8~10分)を含む
備考・京都駅からは31、32、33番のりばから嵯峨野線(山陰本線)の普通電車を利用(快速は太秦駅に停まりません)
・嵐電撮影所前駅からは北野白梅町行きを利用

JR線と嵐電を利用するルートは、所要時間や運賃面ではJRバスと比べると必ずしも利便性が高いルートとは言えませんが、京都市内の電車のみが乗り放題になる「歩くまち京都・レールきっぷ」」利用時はこちらのルートがおすすめです。

まずJR京都駅から嵯峨野線(山陰本線)の普通電車で太秦駅まで行き、太秦駅を下車したら南西に徒歩約4分ほど離れた場所にある嵐電「撮影所前駅」へ移動します。

撮影所前駅までのアクセスルートについては、以下の地図もご参考にして下さい。

撮影所前駅からは北野白梅町行きの電車に乗って、途中の龍安寺駅で下車します。


◇駅からのルートについて

なお、嵐電をご利用の場合、駅から境内まで住宅街の中などを歩く徒歩移動が必須となります。

駅を降りたら龍安寺への案内表示が見える

龍安寺駅を下車すると、駅出口には案内表示が設けられていますので、その指示に従い右側(北側)に進みます。

しばらく商店街の中を進む

右折したら、しばらくは龍安寺参道商店街の中を進んでいきます。

コインパーキングの前を左折

しばらく進むと、コインパーキングが見える場所にある交差点に左折の案内表示がありますので、指示に従い左に曲がります。

石標が見える角を右折

更に少し進むと、住宅街の中に石標と案内表示がありますので、こちらを右折します。

龍安寺の入口

あとは真っすぐ進んでいくと、住宅街の中の道がそのまま参道に変化して、竜安寺境内へと進んでいくことが可能です。

参道をまたぐ「きぬかけの路」

なお、参道は途中で「きぬかけの路」を越える横断歩道を1回渡ります。嵐電龍安寺駅からここまでの区間は、徒歩約8~10分程度となっています。

まとめ

以上、京都駅から龍安寺までの交通・アクセス情報について各交通手段ごとにまとめてきました。

最後に各交通手段(ルート)の概要について再度まとめておきます。

◇JRバスを利用する
・所要時間は約30分、運賃も230円と最速かつリーズナブルな利便性の高いルートです。京都駅前JR3のりばから、「栂ノ尾・周山・立命館大学」行きをご利用ください。少し使いにくい点としては、バスの本数が土日祝日などは約30分間隔と少な目になっている点が挙げられます。バスの時刻をあらかじめ確認しておくと、スムーズに移動して頂けるでしょう。

◇市バスを利用する
・「バス1日券」などをお持ちの場合は、追加で運賃を払う必要がない市バスルートがおすすめです。市バスは京都駅からの便は竜安寺前まで乗り入れていないため、東側に徒歩8~10分ほど離れた場所にある「立命館大学前」バス停行きの50号系統を利用します。本数はJRバスより多く15分間隔の運行、所要時間は約50分となっています。

◇JR線と嵐電を利用する
・「歩くまち京都・レールきっぷ」をお持ちの場合は、電車のみでアクセスするルートとしてJR嵯峨野線と嵐電を乗り継ぐルートも利用可能です。JR線の太秦駅で下車したら、南東に少し離れた場所にある撮影所前駅から北野白梅町行きを利用することで、龍安寺駅までアクセスすることが可能です。なお、龍安寺駅から龍安寺境内までは北方向に徒歩約8~10分ほどの徒歩移動が必須となります。