「京都駅から東福寺」までの交通アクセスまとめ

紅葉の名所「通天橋」や壮大な伽藍で有名な京都の「東福寺」。

本ページでは、京都駅から東福寺までの交通手段・アクセス情報についてわかりやすく解説していきます。

「京都駅~東福寺」アクセスの基本

東福寺は、京都駅から南東側に比較的近い場所にあります。

直線距離にすると約1.5キロ少々しか離れておらず、東本願寺・西本願寺・東寺などに次いで京都駅から近い有名観光スポットの一つとなっています。

なお、いくら近いとは言え1.5キロ程離れており、途中鴨川も挟んでいるため「徒歩」でのアクセスは一般的ではありません。

公共交通機関によるアクセス手段としては、以下の2ルートがあります。

JR線:基本はこのルートで・最速・最安・一駅だけ移動
市バス:「1日券類」お持ちの場合はこちらも検討・所要時間長め・本数少な目

JR線を利用する場合、一駅移動するだけで東福寺の近くまでアクセス可能となっていますので、基本的にはこのJR線ルートをご利用頂ければ構いません。

また、市バスについては「バス1日券」や「地下鉄・バス1日券」を利用の場合に限っては、追加運賃が不要ですので、所要時間が長くなっても、本数が少なくてもご利用頂く価値があります。

なお、1日券類をお持ちでない場合は市バスを利用するメリットはありません。

東福寺の最寄り駅・最寄りバス停と境内までのルートについて

東福寺はJR東福寺駅、また市バス「東福寺」バス停が基本的な最寄り駅になります。

主要伽藍一帯へは、どちらからも概ね徒歩約10分程度でアクセス可能です。

最寄り駅:JR東福寺駅

JR東福寺駅は、京都駅からJR奈良線(全ての電車が利用可能)に乗って一駅目、わずか2分ほどで到着する東福寺の最寄り駅です。

JR東福寺駅の改札を出たら左側へ

東福寺駅を降りて階段を上ったら改札口がありますので、案内表示にも示されている通り、改札を出て左側へと進みます。

通路を真っすぐ道なりに進む

しばらく通路、階段を道なりに進んで駅の出口まで進みます。

京阪電車の改札前から本町通り沿いへ進む

出口は京阪電車東福寺駅の改札前となっています。正面には道路(本町通り)が見えますのでそこまで出ます。

本町通りを右折・南側へ進む

お店が立ち並ぶ本町通りへ出たら、右側(南側)へと進みます。

本町通りを少しだけ南下する

右に曲がったら、少しだけ本町通りを真っすぐと南へ進みます。

高架下を通り抜けたらすぐに左折

本町通りを南下するとすぐに高架下をくぐります。高架下を通り抜けたらすぐに左折します。

高架下に設けられた「東福寺」への案内表示

左折する場所では、東福寺への案内表示が設けられています。

左折したら、しばらくゆるやかな上り坂を進みます。

名勝「通天橋」の石標前で右折

上り坂を上り終えると、「名勝通天橋」の石標がありますので、これを目印に右折します。

次第に東福寺の伽藍内へ入っていく

石標前で右折したら、しばらく真っすぐ南へ進み、お寺らしい風景が見えて来た突き当りの場所を左折します。

あとは基本的に道なりに進んで頂くと、東福寺の伽藍へと入っていくようになっており、東福寺「日下門」前、主要伽藍へと到着します。

最寄りバス停:京都市バス「東福寺」バス停

京都市バスの最寄りバス停は、東福寺駅の南東側にある「東福寺」バス停です。

京都市バス「東福寺」バス停

京都駅(烏丸口・バスターミナル)方面からの場合、東福寺寄りの場所にバス停がありますので信号などを渡ることなく境内までアクセス可能です。

なお、京都駅八条口からのバスも一部ありますが、こちらは反対車線側のバス停に到着します。

バス停南西側すぐの位置には石標が

バスを降りたら右側(南西側)に歩道を下っていきます。

すぐに「大本山東福寺」の石標が見えますので、そこで左折し、南へ進んでいきます。

東福寺駅からのルートと同様、お寺らしい風景が広がりはじめる道の突き当りを更に左折し、あとは道なりに進んでいけば東福寺の日下門、主要伽藍へと到着します。

JR線を利用する(基本ルート)

東福寺へは京都駅8・9・10番乗り場からJR奈良線を利用(一駅)
ルートJR京都駅~JR東福寺駅(一駅のみ移動)
のりばJR京都駅8・9・10番乗り場
乗る電車JR奈良線の全ての電車(みやこ路快速なども含む)が利用頂けます。
運賃大人150円・子供80円
所要時間電車の乗車時間:約2~3分
JR東福寺駅~東福寺主要伽藍一帯までの徒歩移動:約10分

JR線をご利用頂くルートは、京都駅から東福寺へアクセスする場合の基本となるルートです。

もっとも、「ルート」という程のものではなく、JR京都駅からJR奈良線に乗って一駅目(隣)のJR東福寺駅で降りるというだけの非常に短時間、非常にシンプルな移動となっています。

東福寺駅は、JR奈良線の全ての電車(みやこ路快速・快速・普通)の奈良・城陽・宇治行きが全て停車します。稲荷駅とは異なり乗り間違えたりすることもありません。

運行本数は1時間に6本程度で、最大で15分ほど待つことはありますが、不便を感じさせるようなことはありません。

所要時間としてはほんのわずかですので、駅から東福寺までの徒歩移動の方が長くなっています。

市バスを利用する(1日券利用時のみ)

ルート市バス京都駅前バスのりば~市バス東福寺バス停
のりば京都駅前D2のりば
乗るバス208号系統〈東山通〉博物館三十三間堂「泉湧寺・東福寺」行き
88号系統〈東山通〉「東福寺」行き
運行間隔平日昼間時約20~30分間隔
土日祝日昼間時約15分間隔
運賃「バス1日券」・「地下鉄・バス1日券」利用時は追加運賃なし
(通常運賃大人230円・子供120円)
所要時間バスの乗車時間:約15分~
東福寺バス停から東福寺主要伽藍一帯までの徒歩移動:約10分

市バスは、「バス1日券」や「地下鉄・バス1日券」をお持ちの場合は追加運賃なしでご利用可能なルートとなっています。

1日券類をお持ちでない場合は、運賃・所要時間ともにJR線より使いにくいですので利用はおすすめできません。

バスは本数はそれほど多くなく、平日は約20~30分間隔と待ち時間が長くなる場合があります。

のりばは多数のバスが発着するD2のりばですが、乗車可能なバスは「208号系統」と88号系統」のみです。間違えて本数の多い206号系統に乗ることが無いようにご注意下さい。

なお、バスは京都駅八条口からも土日祝日は昼間時に運行されていますが、乗車機会は京都駅前(烏丸口)バスのりばが多いですので、基本的にはD2のりばからのバスをご利用頂くとよいでしょう。

まとめ

以上、「京都駅~東福寺」間のアクセス情報についてまとめてきました。

歩けるほどではないにせよ、京都駅からかなり近い場所にある東福寺。アクセス手段としては、JR線が基本ですが、1日券類をご利用の場合は市バスも活用可能です。

最後に、それぞれのルートの概要について改めてまとめ直しておきます。

◇JR線を利用
・京都駅から東福寺への最速、最安の基本的なルートです。電車はJR奈良線を利用します。東福寺駅は京都駅の隣、わずか2分ほどで到着する距離にあります。1日券類をお持ちでない場合は、JR線をご利用ください。

◇市バスを利用
・「バス1日券」や「地下鉄・バス1日券」をお持ちの場合のみ、追加運賃がかからないためおすすめのルートです。京都駅前D2のりばから208号系統もしくは88号系統のバスで「東福寺」バス停までアクセス可能となっています。バスは平日は20~30分おき、土日祝日は約15分おきの運行です。