「四条河原町から高雄(神護寺など)」へのアクセス情報まとめ(市バス・阪急・JRバス)

京都市街地から少し離れた紅葉がとりわけ美しい山里の観光地として知られる「高雄」エリア。

こちらのページでは、京都の都心「四条河原町」エリアから、高雄エリアへの交通手段・アクセス情報について詳しく解説していきます。

「四条河原町から高雄」アクセスの基本

京都の奥座敷「高雄エリア」へのアクセス手段としては、一般的には京都駅からのJRバスが知られています。

一方で四条河原町からのアクセス手段については、河原町からの直通バスなどはありません。交通手段としては以下のようなものがあります。

・市バス:四条烏丸から直通・最安ルート・本数少な目・「地下鉄・バス1日券」利用可能・高山寺へはアクセスしにくい
・阪急線+JRバス:四条大宮で乗り継ぎ・本数やや多め・最速ルート・運賃割高・高山寺までアクセス可

市バスは、四条河原町からではなく、東に徒歩約10~15分(阪急電車で一駅・市バスでも移動可能)離れた四条烏丸バス停から高雄行きの直通バスが運行されています。

また、阪急電車(市バスも利用可能)で大宮駅まで移動し、大宮駅のすぐそばにあるJRバスの四条大宮バス停から、京都駅始発の高雄方面行きバスに乗り換えることも可能です。

運賃面では市バスのご利用が便利ですが、徒歩移動も考慮した所要時間、また運行本数などは四条大宮でJRバスに乗り継ぐルートの方が便利です。

バス停の場所についても、JRバスは高山寺最寄り(高雄エリア北端)の「栂ノ尾」バス停まで行きますので、高雄エリアを広く巡る場合はJRバスのご利用が便利です。

高雄エリアのバス停・観光地へのルートについて

高雄エリアのバス停については、市バスとJRバスで利用できるバス停が一部異なります。

市バス「高雄」・JRバス「山城高雄」バス停(神護寺方面へ便利)

京都市バス「高雄」バス停・JRバス「山城高雄」バス停

京都市バスの「高雄」バス停、及びJRバスの「山城高雄」バス停は、高雄エリア南側の拠点バス停であり「神護寺」や「西明寺」を巡る際にご利用頂きやすいバス停です。

案内表示に従い山道を下る

バスを下車したら、左側(南側)に少しだけ引き返すように進んで頂くと、神護寺・西明寺方面への案内表示がありますので、指示に従って山道を下ります。

神護寺方面へは厳しい急坂が続く

神護寺方面へは、谷筋へ向かって一気に急坂を下って行きます。

同じルートで高雄・山城高雄バス停方面へお帰りの場合は、相当急な上り坂となりますので、観光ルートとしては神護寺などを観光してから高山寺方面へ抜けて、JRバスの「栂ノ尾」バス停からお帰り頂くルートもおすすめです。

神護寺方面へは赤い橋を目印に進む

急坂を下り終わり、川沿いまで出てくると赤い橋が見えてきます。神護寺方面へは橋を渡ってアクセスします。

神護寺へは今度は急な参道を上る

橋を渡ると神護寺の近くまでたどり着きます。急坂を下った後は、次は急な参道を上る形となります。なお、境内まで行くと平坦な空間が広がっています。

また、このルートで西明寺・高山寺方面へ抜ける場合は、バス停方面からの急坂を下り終え、赤い橋が見えたらその手前で右方向(川の上流方向)へ曲がります。

なお、神護寺方面、高雄・山城高雄バス停方面から高山寺へ徒歩で移動する場合、途中でやや危険な国道の路肩を歩く必要があります。

歩道などは特に設けられていない区間が続きますのでその点はご注意ください。

JRバス「栂ノ尾」バス停(髙山寺へ便利)

JRバス「栂ノ尾」バス停

JRバスの栂ノ尾バス停は、京都駅・四条大宮方面から高雄方面へ向かうバスの半数程度が折り返す終点バス停となっており、近くには大規模な駐車場、また観光客向けの飲食店も見られます。

髙山寺は、バス停を降りてすぐ南側に参道がありますので、そちらから入っていくだけです。

なお、「栂ノ尾」バス停には市バスは乗り入れていません。高山寺へ直接アクセスする場合はJRバスのご利用が便利です。

市バスを利用する

ルート市バス四条烏丸バス停~市バス高雄バス停
のりばEのりば
系統・行き先8号系統「高雄」行き
運行間隔平日・土曜日約60分間隔
土日祝日約40分間隔
運賃大人530円・子供270円
※「地下鉄・バス1日券」が利用可能・往復利用の場合1日券がお得(900円)
所要時間バスの乗車時間:約50分~
四条河原町~四条烏丸間の徒歩移動:約10~15分(阪急電車・市バスも利用可能)

市バスを利用して高雄エリアへアクセスする場合、四条河原町エリアから西に離れた市バス「四条烏丸」バス停まで行き、そこから8号系統の高雄行(始発)をご利用頂くルートとなります。

高雄エリアまでの通常運賃では、こちらのルートが最安ルートとなります。

四条烏丸バス停までは、四条河原町交差点・バス停付近からであれば約1キロ弱の距離となっています。

この区間は徒歩10~15分程度で移動することも可能ですが、阪急電車で京都河原町駅から烏丸駅まで一駅利用することも可能であり、「地下鉄・バス1日券」を利用の場合市バスで四条烏丸バス停まで移動するのもおすすめです。

なお、高雄行きの市バスについては、日曜・祝日を除いては約1時間おきにしか運行されていませんので、バスをご利用の場合はあらかじめ運行時刻をご確認の上ご利用頂くことをおすすめします。

また、この市バスの終点は「高雄」バス停です。

「高雄」バス停は神護寺や西明寺へのアクセスには便利ですが、高山寺まで直接アクセスしたい場合は最寄りはJRバス「栂ノ尾」バス停となるため、高雄バス停からであれば国道沿いの徒歩移動が必須となります。その点もご留意ください。

阪急線とJRバスを利用する

ルート阪急京都河原町駅~阪急大宮駅・JRバス四条大宮バス停~JRバス山城高雄・栂ノ尾バス停
のりば四条大宮駅出口1から西にすぐの位置にあるJRバス(北行)のりばを利用
行き先「栂ノ尾」行き・「周山」行き
※「立命館大学」行きでは高雄エリアまで行くことが出来ません。
運行間隔約30分間隔~
運賃690円
※市バス・地下鉄などの1日券類は一切利用できません。
所要時間約45分~

阪急電車とJRバスを乗り継いで高雄エリアへアクセスするルートは、高雄エリアへの最速のアクセス手段となります。

京都河原町駅から大宮駅へは準急・普通などをご利用下さい。特急は大宮駅には停まりません。

大宮駅で下車したら、東側にある「出口1」から地上へ出てください。出口1から地上に出ると、西側に横断歩道がありますので、そちらを渡って頂くと、横断歩道のすぐ右側(北側)にJRバスのバス停があります。

JRバスは、市バスとは異なり神護寺の最寄りにあたる「山城高雄」バス停、高山寺の最寄りにあたる「栂ノ尾」バス停のいずれにもアクセス可能です。高山寺へ直接アクセスする場合は、JRバスのご利用がおすすめとなっています。

なお、バスは京都駅始発です。平日や大半の土日祝日は、そこまで混雑することはないため四条大宮バス停でも座れる場合が多くなっていますが、紅葉シーズンなど高雄エリアの観光繁忙期には、バスが混雑する場合、続行便が出るほどの利用が見込まれる場合もあります。

また、運賃は690円と割高になっています。JRバスについては割引きっぷなどもありません(京都駅からの場合のみあり)ので、その点はあらかじめご承知おき下さい。

まとめ

以上、四条河原町から神護寺・高山寺などのある「高雄」エリアへの交通手段・アクセス情報について詳しく解説してきました。

最後に市バスルート、阪急電車+JR線ルートの概要について、改めてまとめておきます。

◇市バスを利用する
・四条河原町から高雄エリアへアクセスする場合の最安ルートです。バスは四条烏丸始発のため、四条河原町から四条烏丸までの徒歩移動(阪急・市バスも可能)が必須となります。またバスは「高雄」終点であり、高山寺に近い「栂ノ尾」までは行きませんので、その点はご留意下さい。

◇阪急電車とJRバスを利用する
・大宮駅まで阪急線を利用し、JRバスの四条大宮バス停から高雄方面行きのバスを利用するルートです。運賃は割高になりますが運行本数もやや多めで、所要時間も最短となります。また高山寺最寄りの「栂ノ尾」バス停までアクセス可能となっています。