【新幹線】大阪から静岡への交通手段には何がある?アクセス方法を徹底解説!

この記事では、大阪から「静岡」のまちへアクセスするための交通手段について、新幹線・高速バス・在来線というルートごとに解説をしていきます。なお、ここでは静岡市中心部(静岡駅)へのアクセスを想定した解説をしていきます。

新幹線を利用する

静岡駅には「のぞみ」はとまりません

静岡へアクセスする際の「基本中の基本」とも言えるルート。それはやはり新幹線を使うルート。所要時間の速さ、運行本数という意味では最も便利なルートとなっており、ほとんどの人は新幹線を利用しています。

ただ、気を付けておかなければならないのは、新幹線の「のぞみ号」は一切静岡駅に停車しないという点。静岡駅には「ひかり号」・「こだま号」しか停まらないので、運行本数としては新大阪~名古屋・東京間などと比較すると少なめになります。ひかり号はおよそ30分おき、こだま号は1時間おきの運行となっています。

なお、この他には名古屋始発のこだま号にのぞみ号から乗り継げる場合もありますが、指定席特急料金が高くなってしまうのでおすすめはできません。

割引プラン「ぷらっとこだま」が便利!

静岡に新幹線を使いながら、比較的割安にアクセスするための手段としては、JR東海ツアーズが販売しているプラン「ぷらっとこだま」があります。こちらは駅の窓口などで発売されている「割引きっぷ」とは異なり、あくまでも旅行会社のパッケージとしての提供となりますが、利用者にとっては発売場所や改札口のルールなどを除いては「割引きっぷ」と同じような形でご利用頂けます。

新大阪駅~静岡駅間の場合、8400円と通常の運賃よりも2000円以上も安くなっており、新幹線を使う上では「最安」の割引プランとなっています。なお、「こだま」という名の通り、新幹線のこだま号の一部しかご利用頂けないという制約がありますので、その点はご留意ください。

「ぷらっとこだま」プランは各主要駅に設置のJR東海ツアーズの店舗、またJTBの一部店舗などで購入することが出来ます。JRのみどりの窓口では一切発売されておらず、改札口も新幹線専用の有人改札のみご利用頂けますので、一般の割引きっぷとは少し都合が異なるということもあらかじめ確認の上ご利用ください。

エクスプレス予約も使えます

新大阪~静岡間では、JR東海の会員制予約サービスである「エクスプレス予約(EX予約)もご利用頂けます。エクスプレス予約は年会費1000円が必要ですが、スマホなどで新幹線を簡単に予約することができるほか、直前のご予約でも割引料金が常に適用されますので、何度も利用される場合は会員になっておくとかなりお得に新幹線を活用して頂けます。

運賃・所要時間など

ルート:大阪駅~(JR京都線)~新大阪駅~(東海道新幹線・こだま号の場合は名古屋駅で乗り換え)~静岡駅

運賃:11090円(指定席利用)・10560円(自由席利用)・10310円(EX予約指定席・自由席)・8400円(ぷらっとこだま通常期)・9600円(ぷらっとこだま繁忙期)

※通常の指定席特急料金は繁忙期は200円増し、閑散期は200円引きとなります。

所要時間:約2時間10分~2時間40分

高速バスを利用する

大阪~静岡間については、新幹線がメインルートであることは否めませんが、高速バスも運行されています。

高速バスは静岡駅など市街地の中心部へアクセスする便は少なく、昼行バスはわずか1往復、夜行バスも2往復となっており、本数は多くありません。

一方で東京方面行きが「東名静岡」を経由したり、河口湖・三島方面行きが「東静岡駅」を経由する便もあり、そちらも合わせると一定の本数があります。

料金は高速バスということで格安となっており、利用する便によって運賃は異なりますが、昼行・夜行ともに3000円台からご利用頂けるようになっています。

時間・スケジュールを気にせず「安さ」にこだわるような場合は、昼行バスも含め高速バスの利用はおすすめと言えるでしょう。

◇静岡駅に乗り入れる高速バス

<昼行・4列シート>京阪神昼特急静岡号(JR東海バス)

・USJ・JRなんば(湊町バスターミナル)・大阪駅JR高速バスターミナル~静岡駅北口
・運賃3960円~4950円、所要時間約5時間45分

<夜行・4列シート>京阪神ドリーム静岡号(JR東海バス・西日本JRバス)

・USJ・JRなんば(湊町バスターミナル)・大阪駅JR高速バスターミナル~静岡駅北口
・運賃2800円~6700円、所要時間約8時間10分(大阪駅~静岡駅)

<夜行・3列シート>静岡大阪線(しずてつジャストライン)

・USJ・大阪(阪急三番街)・新大阪駅~静岡駅前・清水駅前
・運賃3900円~7800円、所要時間約8時間(大阪~静岡駅)

在来線を利用する

通常時は「高速バス」が最安の交通手段となる大阪~静岡間ですが、JRの「青春18きっぷ」の利用期間(春・夏・冬)には1日あたり2370円で移動可能になりますので、在来線で移動しようとする方もいらっしゃいます。

在来線で大阪~静岡間を移動しようとする場合は、ひたすら「東海道本線」を辿っていくというルートとなります。

なお、青春18きっぷを使わない場合の運賃は、6260円です。

快速・普通電車でアクセス

青春18きっぷ利用の「王道」である普通電車や快速電車を利用するルート

大阪~静岡間の場合、大阪から米原へJR京都・琵琶湖線の新快速でアクセスし、米原駅からは大垣駅まで普通電車、大垣駅から豊橋駅は新快速・特別快速を利用し、豊橋駅から浜松駅・浜松駅から静岡駅は普通電車というルートが一般的です。

ムーンライトながらを利用

かつては毎日運行されていましたが、現在は繁忙期の一部期間のみ運行される東海道本線の夜行快速電車「ムーンライトながら」

座席指定券(520円)さえあればご利用頂ける電車は「大垣駅~東京駅間」を結んでおり、青春18きっぷユーザーの厚い支持を集め続けています。大阪方面からご利用頂くには、大垣駅まで新快速・普通を乗り継いでアクセスし、そこからご利用頂く形となります。静岡着は深夜2時頃と中途半端な時間ではありますが、昼間に移動する場合と比べ、乗り換え回数や所要時間を短縮できるようになっています。

なお、座席指定券については18きっぷユーザーの争奪戦となるケースも多くなっています。駅のみどりの窓口でお早めにお買い求めください。また、運行時期についてはJR東海のサイトなどからその都度ご確認ください。

リンク:JR東海

サンライズ出雲・瀬戸を利用(大阪発のみ)

このほかには、大阪発の列車に限り、夜行列車である「サンライズ出雲・瀬戸」をご利用頂くことも出来ます。こちらは毎日運行となっており、大阪午前0時半過ぎの発車で、静岡午前4時半過ぎの到着ですので、ムーンライトながらと比較すると無理のないご利用が可能です。

もっとも、夜行高速バスと比較すると比べものにならない運賃・料金(1万円弱~1万円以上)となりますし、青春18きっぷは使えませんので、コスト面でのメリットは全くありません。夜行列車に乗りたいというニーズがある場合のみおすすめできる交通手段と言えるでしょう。

航空アクセスはありません

新幹線・高速バス・在来線のほか、大阪~静岡間の交通手段としてネット検索では「大阪 静岡 飛行機」などといった検索ワードで探される方も散見されます。

しかし、伊丹空港(大阪空港)・関西空港と静岡空港と結ぶ直行便は一切ありません。そもそもJR東海・新幹線の分厚いテリトリーということで、航空便の競争力はないために運行のしようがない。というのが実情です。飛行機が使いたくても、大阪~静岡間に関しては新幹線などをご利用して頂くほかないのです。

まとめ

以上、大阪~静岡間の交通アクセスについてまとめてきました。

再度簡単にまとめると

・圧倒的競争力、利便性を持つ「新幹線」
・安さでは新幹線を圧倒する「高速バス」
・青春18きっぷユーザーなどに人気の「在来線」

という3つのルートがありました。

所要時間面の速さから、基本的には新幹線のご利用が無難と言える状況ですが、コストを気にするような場合は、高速バス・在来線(18きっぷ)の活用なども図りながらスムーズに移動して頂ければと思います。