【一覧】大阪~松江・出雲エリアを結ぶ交通アクセス(JR特急・高速バス・飛行機)のまとめ

この記事では、西日本の拠点である「大阪」のまちと、島根県の県都である松江市、また出雲大社で有名な出雲市へのアクセス手段について解説していきます。

簡単にまとめると

・速いルートは「飛行機」
・アクセス性の高いルートは「JR線」
・安いルートは「高速バス」

となります。

JR線を使って行く

大阪~松江・出雲エリアを結ぶ最もポピュラーな交通手段はJR線(電車)を利用するルートです。

アクセスルート

大阪からの場合、新大阪駅から新幹線で岡山駅へ行き、その後は伯備線の特急やくも号・スーパーやくも号に乗り換えてアクセスすることになります。

新幹線については運行本数はのぞみなどの速達列車が1時間3本以上運行されるなど、それほど待たずに乗れるほどに多いですが、特急やくも・スーパーやくも号はおよそ1時間おきの運行となっています。

もっとも、地方都市を結ぶ特急電車としては本数の多い部類となっており、比較的鉄道が使いやすいルートとも言えます。

運賃・料金

運賃と特急料金の合計は、指定席利用の場合

・大阪~松江駅間で10600円(通常期)
・大阪~出雲市駅間で10930円(通常期)

自由席利用の場合

・大阪~松江駅間で9820円(通常期)
・大阪~出雲市駅間で10150円(通常期)

となっています。なお、上記の運賃・料金合計は通常の時期のものであり、JR線の特急指定席料金はJRが指定する繁忙期は200円増し、閑散期は200円引きとなります。

所要時間

JR線を利用した場合の所要時間については、概ね

・大阪駅~松江駅間が4時間弱
・大阪駅~出雲市駅間が4時間少々

となっています。鉄道と飛行機を使い分ける基準となる所要時間が概ね4時間前後と言われていますので、大阪~松江・出雲間の鉄道利用というものは一般的な「許容範囲」にギリギリ収まる範囲と言えるでしょう。

お得に使うには?

JR線利用で大阪~松江・出雲エリアを移動する際、1万円ほどかかる運賃・料金をもっと「お得」にする方法はあるのでしょうか。

結論から言うと、「ないわけではない」のですが、お一人様で移動する場合は割引制度が設けられておらず、2名様以上のみの場合となっています。

■e5489専用「こだま&やくも指定席往復きっぷ」

このきっぷは、大阪方面~松江・出雲エリアの新幹線(こだま・一部ひかり)+特急やくも・スーパーやくも号の指定席をご利用頂ける割引きっぷです。

条件としては「2名様以上同一行程」という制約があり、お一人でのご旅行やビジネス利用には一切使えないため、利用頂けるケースが限定されています。

また、新幹線ののぞみ号・みずほ号・さくら号は利用できないため、最速のアクセス手段としてはご利用頂けないという制約もあります。なお、有効期間は7日間と長めのご旅行にも十分活用して頂けるようになっています。

きっぷの料金は

・大阪市内~松江駅往復=13580円
・大阪市内~出雲市駅往復=13990円

となっており、通常片道1万円程度であることを考慮すると、通常運賃の往復とそれほど変わらない料金で利用できるというかなりお得なきっぷとなっています。2名様以上でご利用の場合で、かつ新幹線「のぞみ」号などを使って急いで行かない場合はおすすめのきっぷとなっています。

乗車券の予約・購入

きっぷのご予約、購入は主要駅の「みどりの窓口・みどりの券売機」、もしくはJR西日本のインターネット予約サービスであるe5489をご利用ください。

JR線を使うメリット

大阪~松江・出雲エリアの移動に鉄道を使うメリットとしてはどのようなものが挙げられるでしょうか。

1.松江・出雲エリアの中心部にダイレクトアクセス

まず挙げられるメリットとしては、松江駅・出雲市駅ともにまちの中心部にあることから、松江・出雲エリアの中心部にダイレクトアクセスが可能という点が挙げられます。

飛行機の場合は、市街地から離れた空港からのアクセスとなりますので、その手間が省けることになるのです。

2.航空便よりも安い場合が多い

運賃・料金についても1万円前後となっており、決して安くはありませんが、一方では飛行機(航空便)利用の場合よりは安くなる場合が多くなっています。

3.高速バスよりは速い

所要時間は4時間程度。この所要時間は飛行機には大幅に劣りますが、高速バスよりは比較的速い所要時間となります。

高速バス(くにびき号)を使う

大阪~松江・出雲エリアのアクセス手段として鉄道・飛行機に並ぶ存在としては「高速バス(くにびき号)」の存在も忘れてはいけません。

アクセスルート

高速バスは、大阪梅田の阪急三番街バスターミナルからJR松江駅・出雲市駅などを結ぶルートで運行されています。

運行は阪急バス・中国JRバス・一畑バスによる共同運行となっており、一部夜行便なども運行されています。

運行本数はJR線の特急やくも・スーパーやくも号とそれほど変わりはなく、1時間おきに運行される時間もあるなど一定の本数が確保されています。

運賃

大阪(阪急三番街)からの通常運賃は

・大阪(阪急三番街)~JR松江駅=5000円~5800円
・大阪(阪急三番街)~JR出雲市駅=5500円~6300円

となっています。運賃は繁盛期や閑散期に応じてS・A・B・Cの4区分に分かれていますので、乗車する日程に応じて運賃が変わる仕組みになっています。

また、お得な割引制度としては5日前までの購入で利用できる「早売り5」があります。早売り5の運賃は、

・大阪(阪急三番街)~JR松江駅=4500円~4860円
・大阪(阪急三番街)~JR出雲市駅=4950円~5310円

となっています。こちらも乗車日程に応じて運賃が変わります。

所要時間

高速バスの所要時間は

・大阪(阪急三番街)~JR松江駅で約4時間30~40分程度
・大阪(阪急三番街)~JR出雲市駅で約5時間30~40分程度

となっています。この所要時間は通常時の所定の時間であり、大型連休や年末年始といった時期には渋滞によって所要時間が大幅に伸びる可能性がありますのでご注意ください。

JR線が4時間前後であるのと比べると、所要時間は長くなりますが、高速バスにしては比較的速達性が確保された存在となっています。

乗車券の予約・購入

高速バスは、電車のように乗る直前ではなく、必ず事前予約が必要となります。とりわけ混雑しやすい週末などはお早めにご予約になることをおすすめします。早めの予約・購入で運賃が割引となるシステムもありますので、スケジュールが決まり次第早めに予約することがお得に利用するコツとなっています。

高速バスを使うメリット

1.電車・飛行機よりも大幅に安い!

高速バスを使う最大のメリットとして挙げられるものは、やはり「運賃」の安さ。JR線の割引きっぷよりも更にお得な運賃が通常運賃となっている高速バスは、購入時期によっては往復1万円以内で大阪~松江・出雲エリアを移動できるようになっています。

安さにこだわるならば、間違いなく「高速バス一択」と言えるでしょう。

2.松江・出雲中心部にダイレクトアクセス!

第2のメリットとして挙げられるものは、JR線と同じくまちの中心部にある「松江駅」・「出雲市駅」にダイレクトにアクセス可能であるという点。

飛行機では空港から市街地までのバス移動が別途必要になりますが、高速バスであればその必要はありません。お得に気軽に移動したい人には高速バスは非常におすすめ出来る存在となっているのです。

飛行機を使う

比較的距離がある大阪~松江・出雲エリアの移動にはJR線と高速バスに留まらず「飛行機(航空便)」を使うというものがあります。

アクセスルート

飛行機は「伊丹空港(大阪国際空港)」から「出雲空港(出雲縁結び空港)」を結ぶルートとなっています。

空港を使うということは、都心部・中心街から伊丹空港(大阪国際空港)・出雲空港(出雲縁結び空港)ともに空港までのアクセス手段が別途必要ということにもなります。

大阪駅(梅田)エリアからの場合空港リムジンバスや阪急+大阪モノレール線のご利用で伊丹空港へ、また出雲空港へは松江駅や出雲市駅から空港連絡バスを利用しなければアクセスすることが出来ません。

なお、航空便は日本航空と日本エアコミューターで合わせて1日5往復が運行されています。JR線・高速バスと比較すると本数は少なくなりますので、スケジュールには注意が必要となります。

運賃

飛行機を使う場合の通常普通運賃は、

・伊丹空港(大阪国際空港)~出雲空港(出雲縁結び空港)=21760円(当日)~23060円(翌日以降)

となっています。

もっとも、飛行機を使う場合割引制度が別途ありますので、

・往復割引:19660円(当日)~20760円
・特便割引(3日前までの購入):14660円~15660円(便により異なる)

などを活用すると、往復3万円弱~4万円程度でご利用頂けるようになっています。

なお、空港アクセスが必要なことから、飛行機の運賃以外にも空港連絡バスなどの運賃も別途必要になります。

まず、伊丹空港(大阪国際空港)への空港アクセスに関しては

・阪急梅田駅~(阪急宝塚線)~蛍池駅~(大阪モノレール)~大阪空港駅=420円(阪急220円・モノレール200円)
・大阪駅前(梅田駅)~(空港リムジンバス)~大阪伊丹空港=640円

となっています。所要時間30分程度とは大差ありませんが、渋滞リスクなどを考慮した場合は鉄道利用がおすすめとなっています。

また、出雲空港(出雲縁結び空港)へのアクセスについては、

・JR松江駅~出雲空港間の空港連絡バス(一畑交通)=1030円
・JR出雲市駅~出雲空港間の空港連絡バス(出雲一畑交通)=720円

となっています。いずれも所要時間は30分程度、航空便の運航スケジュールに合わせた運行時刻となっていますので使いやすい存在になっています。

所要時間

飛行機を利用する場合の所要時間はあらゆる交通手段の中で最も短くなっていますが、飛行機の搭乗・下車、また空港アクセスにかかる時間を考慮すると、必ずしも所要時間が大幅に短縮できるという訳ではありません。

航空便(伊丹空港~出雲空港)の所要時間は45分ですが、それぞれの空港アクセスに30分程度、また搭乗までには余裕を持って1時間弱は確保しておくことがベターとなりますので、大阪駅(梅田)~伊丹空港~出雲空港~JR松江駅・JR出雲市駅界隈への所要時間はおよそ3時間程度となります。

乗車券の予約・購入

飛行機をご利用の場合も、時間に余裕を持って事前予約して頂く必要があります。事前予約で割引される運賃制度もありますので、スケジュールが決まり次第早めに予約・購入をすることがお得に利用するコツとなっています。なお、その逆に空港リムジンバスなどについては予約不可・不要となっています。

飛行機を使うメリット

少しでも所要時間を短くしたいならおすすめ!

飛行機を使う最大のメリットは、なんといってもその「所要時間」。JR線の約4時間、高速バスの約4時間半~5時間程度と比べると「3時間程度」という所要時間はやはり短く、使い勝手のよい存在となっています。本数が少ないためスケジュール調整をして頂く必要性や、運賃が割高となるというデメリットもありますが、時間にこだわるならば飛行機のご利用がおすすめとなっています。

まとめ

以上、大阪~松江・出雲エリアを結ぶ交通アクセスについて一覧形式でまとめてきました。再度まとめると

■JR線(電車)

・所要時間4時間前後
・通常の運賃料金の合計10600~10930円(通常期)、2名様以上限定の割引きっぷ:往復で13580・13990円

■高速バス

・所要時間4時間半~5時間程度
・通常運賃5000~6300円、割引運賃4500~5310円

■飛行機

・所要時間約3時間
・通常運賃の合計2万円少々、割引適用で2万円以下の場合も

となっています。JRであれば2名様以上限定の割引きっぷ、高速バスや飛行機であれば事前の購入で運賃が安くなる割引制度などがあり、当日以外の予約・購入であれば一層お安くご利用頂けるという仕組みになっていました。

JR・高速バス・飛行機のいずれを利用しても少なくとも3時間以上はかかるご旅行ですので、決してアクセスしやすい区間とは言えませんが、運賃や所要時間など、それぞれの重視する要素に応じて交通手段を使い分けてアクセスしてみてください。