【JR】大阪から岐阜までの交通手段まとめ(新幹線・在来線)

岐阜へのアクセスは基本的に「電車」のみ

このページでは、大阪のまちから「岐阜」のまちへの交通アクセスについて各交通手段ごとにまとめてまいります。

岐阜への交通アクセスは基本的に電車(新幹線・在来線)のみであり、高速バスはわずかに夜行バスが少しだけ走っている状況のため、バリエーションに乏しい区間ではありますが、この記事では「電車」によるアクセスの詳細についてなるべくわかりやすく解説をしていきます。

新幹線でアクセスする

岐阜駅に行く場合「岐阜羽島駅」は使わない

大阪から岐阜への交通手段として、まず第一に思い浮かぶものと言えば、やはり「新幹線」。岐阜の新幹線駅は、「JR岐阜駅」ではなく、離れた羽島市にある「岐阜羽島駅」となっています。

しかし、岐阜羽島駅周辺に用事がある場合を除き、例えば「岐阜駅」周辺や「大垣」エリアに用事があるような場合は、岐阜羽島駅を使うメリットは実はありません。大阪から岐阜羽島駅へ行くと運賃、所要時間にロスが多くなってしまいます。

基本は「名古屋駅」を使いましょう

では、どうするか。これは大きく分けて2つのルートがあります。

まず第一のルートは新幹線「のぞみ号」などで名古屋駅に行ってしまい、岐阜に在来線で「戻る」ような形でアクセスするというルートです。

そして第二のルートは岐阜県ではなく途中の滋賀県の「米原駅」まで行って、そこからは在来線(東海道本線の普通・新快速など)で岐阜方面へ行くというルート

この2つのルートの場合、最短ルートは実は「名古屋経由」となります。米原経由の場合直線的なルートとなっており一見短く見えますが、「のぞみ号」が使えない上に在来線に乗る距離が長いために所要時間は長くなってしまいます。

また、後述するように、米原経由の場合名古屋経由より運賃は安上がりなのですが、時間帯によっては在来線と所要時間が変わらないというよくわからない事態になることもあります。

次項で述べる「大垣・穂積エリア」発着の場合格安きっぷがあるため米原経由がお得なのですが、岐阜駅に行く場合は、多少運賃が高くても時間の短い名古屋駅経由のルートがおすすめです。

「大垣・穂積エリア」の場合は格安きっぷ有り

岐阜の中でも岐阜駅より大阪寄り、西側に位置する大垣・穂積エリアから京都・大阪方面へ行く場合は、「米原経由」のルートがお得にご利用頂ける格安きっぷがあります。

格安切符の名前は「シャトルきっぷ」

このきっぷは、穂積・大垣地区から米原間の在来線、そして米原~京都・新大阪間の新幹線「ひかり」・「こだま」号自由席がご利用頂けるきっぷとなっており、穂積・大垣~新大阪間が往復で6230円となっています。

この区間は在来線でアクセスしても片道2500円程度かかる訳なので、在来線の往復プラス1000円少々で新幹線が利用できるという相当お得なきっぷということになります。

なぜこのような激安きっぷがあるのか。それは、新幹線は新大阪まで「JR東海」の運行ですが、米原からの在来線についてはJR西日本の運行であるという点が関わってきます。

要するに、「在来線利用」によって岐阜エリアのお客様がJR西日本に流出しないようにするためのJR東海の戦略なのです。

ちなみに、きっぷを分けて買えば岐阜駅からでもお得にご利用頂くことは可能ですが、シャトルきっぷは大垣駅や穂積駅などのシャトルきっぷの発着駅のみでの発売なので、一度改札を出て改めてきっぷを買う必要が出てきます。そのような手間をかけていると、新幹線を使う時間的メリットは完全になくなってしまいますので、結局岐阜駅発着の「米原経由」の新幹線利用はおすすめできないということになるのです。

運賃・所要時間

◇大阪駅~新大阪駅~名古屋駅~岐阜駅

・運賃及び料金の合計=7340円(指定席)・6600円(自由席)

・所要時間=約1時間30分~50分

◇大阪駅~新大阪駅~米原駅~岐阜駅

・運賃及び料金の合計=6140円(指定席)・5610円(自由席)

※米原~岐阜間特急しらさぎ利用の場合、自由席特急料金380円追加

・所要時間=約1時間50分~2時間20分

在来線でアクセスする

米原経由の新幹線と所要時間は互角?

岐阜への交通アクセスで意外なほどに「新幹線」ルートに対し「健闘」している存在。それがJRの在来線のみを使うルートです。

そもそもアクセス手段のバリエーションが少なく、新幹線ものぞみ号で直接アクセス出来ないという状況の中で、在来線によるアクセスルートはかなり「使える存在」となってきます。

所要時間ベースでは、米原経由の新幹線が約1時間50分~2時間20分程度であるのに対し、在来線は約2時間20分~2時間40分程度となっており、一部の時間帯では新幹線で時間が掛かる場合の所要時間と、在来線経由で最速の所要時間が互角、もしくは在来線の方が少し早いというケースすらあります。

運賃は特急料金がない分半額近くで済む訳ですから、「侮るなかれ、在来線」と言ってよい利便性が確保されているということになるのです。

快適で速い「新快速」・乗り換えは1回だけ

なぜ、新幹線経由に匹敵する所要時間が在来線でも出せるのか。それは、JR西日本線内で運行されている「新快速電車」のおかげです。

新快速電車は岐阜方面への乗り換え駅である米原駅まで大阪駅からダイレクトにアクセス可能な列車となっており、最高速度は130キロ、主要駅のみ停車するために米原まで1時間半以内でアクセス可能です。

米原からは普通電車やJR東海の新快速電車などに乗り継げば、1時間もかからずに岐阜に着きますので、新大阪駅で乗り換えが必要な新幹線ルートよりも乗り換えの負担も少なくなり、スムーズな移動が可能ともなっているのです。

唯一問題なのは「混雑」しやすいという問題がありますが、こちらも近年はJR西日本の新快速全列車が12両編成になったため、ラッシュ時を除いては前方や一番後ろの車両など、乗車位置の工夫をすることで座ることが出来る場合がほとんどです。

新快速電車のおかげで「在来線=遅い」イメージとは全く違う利便性が確保されているのです。

運賃・所要時間

◇大阪駅~岐阜駅

運賃:3080円

※青春18きっぷ利用期間は18きっぷでアクセスすることも出来ます。

所要時間:約2時間20分~2時間40分

※米原方面行きの新快速、また岐阜から米原方面への電車はいずれも約30分間隔、1時間に2本の運行です。

高速バスは夜行のみ

基本的には電車しかアクセスするルートがない大阪~岐阜間の公共交通アクセスですが、唯一の高速バスとしては、夜行バスとしてJR東海バスにより運行されている「青春大阪ドリーム名古屋号」があります。

あくまでも夜行であり、更に比較的短距離・乗車時間が短い(大阪駅高速バスターミナル~岐阜駅間で約5時間30~40分)ので快適な眠りが取れるとまでは言えないかもしれませんが、運賃は購入時期によりますが2700円~3700円とJRの在来線とほぼ変わらない運賃でご利用頂けるようになっていますので、時間を効率的に使い、その上リーズナブルに移動したい方は高速バスのご利用もおすすめとなっています。

ご予約は 高速バスネット からご予約下さい。

まとめ

以上、大阪~岐阜間を結ぶ交通手段についてまとめてきました。

改めてざっくりとまとめると、

・名古屋経由が速い「新幹線」ルート
・新幹線(米原経由)に匹敵する所要時間の「在来線」ルート

の2つを軸に、例外として夜行バスもあるという構図となっていました。

大阪側からの場合、名古屋よりも少し手前にあることから位置関係としてはやや中途半端であり、交通手段のバリエーションに乏しい区間ではありますが、「在来線」でもスムーズに移動できるという区間になっていますので不便さはあまり感じずにアクセスして頂けるかと思います。

時間・運賃などを見比べて新幹線・在来線を上手に使い分けてみてください。