姫路から京都への交通手段まとめ(JR新快速・JR新幹線・山陽・阪急)

こちらでは、世界遺産「姫路城」のある近畿西端の拠点都市「姫路」から、古都「京都」への交通手段について各交通手段ごとに詳しくまとめていきます。

なお、京都市内へはマイカーで訪れることはその交通環境の性質上おすすめできません。本記事では「公共交通機関」による交通手段のみご案内させて頂きます。

アクセスの基本

姫路~京都間は、直線距離でちょうど100キロほど離れています。姫路からの場合、中国地方の岡山市や山陰地方の鳥取市、四国の高松市の方が単純な距離では近くなっており、一見京都は「遠い」街に感じられます。

しかしながら、京都へは距離の割には所要時間が短い交通手段、もしくは所要時間は長くても運賃が割安の交通手段が充実しています。

姫路から京都を結ぶ交通手段としては、基本的には以下の3つのルートがあります。

◇JR線(新快速)ルート:在来線の最速ルート(所要時間約90分)・15分おきに運行
◇JR線(新幹線)ルート:圧倒的な最速ルート(所要時間1時間以内)・料金高い
◇私鉄(阪急・山陽)ルート:日帰りの場合お得なきっぷの活用で格安に・所要時間長い

いずれのルートにも利用するメリットがありますが、基本的にはJR線(新快速)を利用するルートが最も所要時間と運賃のバランスの取れた、利用しやすいルートになっています。

新幹線利用は、コストパフォーマンスは悪くなりますが、とにかく早くアクセスしたい方にはおすすめです。

また、私鉄線利用のルートは、日帰りの場合に限り「お得なきっぷ」の活用で大変お得になりますが、宿泊を伴うご旅行の場合はお得なきっぷが使えないという特徴があります。

JR線(新快速)を利用する

ルートJR姫路駅~JR京都駅(乗り換えなし)
利用する列車新快速(基本的に深夜などを除き全ての新快速が京都を経由します。)
運行間隔約15分間隔
運賃2310円
所要時間約1時間30分

姫路駅から15分おきに運行されている「新快速電車」を利用して京都へ行くルートは、姫路~京都間を結ぶ最も基本的で便利なルートです。

新快速電車は在来線を走る電車としては日本で一番早い電車と言っても過言ではない存在であり、100キロ以上離れた京都まで約1時間30分でアクセス可能となっています。

また、新快速は姫路始発の便も多く、基本的にほとんどの場合で「座る」ことが可能です。

運賃は2310円と割安とは言えませんが、新幹線よりは大幅に安上がりであり、JR西日本が発売する「1デイパス」や「青春18きっぷ」のご利用で日帰りの場合の往復コストを削減することも可能です。


◇お得なきっぷについて

姫路~京都間の運賃は、以下のお得なきっぷを活用することで「日帰り」などの場合はお安くすることが可能です。

「関西1デイパス」:大人3600円・子供1800円で姫路~京都間を含む関西の広い範囲のJR線などが乗り放題になります。日帰りの往復利用であれば、姫路~京都間の往復通常運賃よりも安くなります。

「青春18きっぷ」:5日分がセットで12050円でJR全線の普通・快速・新快速電車などがが乗り放題になります(1日あたり2430円)。5日分セットのため、他の日程にもご旅行される場合や、グループでのご利用の場合大変お得にご利用頂けます。

JR線(新幹線)を利用する

ルートJR姫路駅~JR京都駅(乗り換えなし)
運賃・料金のぞみ号利用の場合:指定席5690円・自由席4840円
運行間隔運行間隔はやや不規則
※のぞみ号は約1時間に1本程度、ひかり・さくら・こだま号などを合わせて毎時2~4本程度
所要時間約45分~

新幹線を利用するルートは、姫路~京都間を名実ともに「圧倒的最速」で結ぶ交通手段です。

45分という所要時間は、新快速と比較してもちょうど半分の時間となっており、100キロ以上の距離ながら1時間も掛からずに移動できるようになっています。

運賃・料金は5000円前後と非常に割高のため、新快速電車と比べての利用するメリットはやや少ないかもしれませんが、とにかく早く京都へアクセスしたいのであれば、新幹線の利用はおすすめとなっています。

但し、運行本数は新快速よりも少なく、利用する列車によっては新大阪駅での乗り換えが発生する場合もあります。最速45分ののぞみ号を利用するには、約1時間に1本程度の運行スケジュールに合わせて頂く必要がありますのでその点はご留意下さい。


なお、新幹線については頻繁に利用する方向けの会員制予約サービス「EX‐IC」などを除き、割引が適用されるお得なきっぷ類は特にありません。

私鉄線(山陽電車・阪急電車)を利用する

ルート山陽姫路駅~神戸高速新開地駅~阪急十三駅~阪急京都河原町駅
運賃山陽・神戸高速970円+阪急630円=合計1600円
所要時間約2時間20分

最も運賃を安くできるルートは、姫路から私鉄の「山陽電車」に乗り、途中で阪急電車に乗り換えて京都へ向かうルートです。

乗り換えは計2回。姫路駅からは阪神梅田行きの直通特急にご乗車頂き、途中の新開地駅で阪急電車の大阪梅田行き特急に乗り換え、大阪の十三駅で京都行の特急に乗り換える形となっています。

こちらのルートは、所要時間は新快速よりも1時間近く長くなっており、少しご面倒に感じられる方もいるかもしれませんが、通常運賃でも最安、また「お得なきっぷ」の活用で更に圧倒的な「格安」運賃でアクセス可能となり、コストパフォーマンスを重視される場合にはおすすめのルートとなっています。

なお、京都側の玄関口は阪急の京都河原町駅や四条駅となっており、京都駅ではありません。京都駅方面へは地下鉄や市バスで移動する形となっています。

もっとも、市内の主要観光地へは、河原町エリアからでも便利にアクセス出来るため、京都駅を経由して移動する必要性はほとんどありません。


◇お得なきっぷについて

山陽姫路駅から京都方面への移動にご利用頂ける「お得なきっぷ」には以下の2種類があります。

「いい古都チケット」:春・秋の季節限定発売ですが、通常の往復運賃よりも安い2800円で山陽・阪急電車が1日乗り放題になる上に京都市バス・京都バスの大半の区間、京都市営地下鉄線も乗り放題になり、京都への日帰り観光のほぼ全てが賄える圧倒的にお得なきっぷとなっています。

「三宮・姫路1dayチケット」:通年発売で、1400円で姫路~阪急三宮の区間が乗り放題となります。阪急線の通常運賃と組み合わせると通常の往復運賃よりも安く移動できるようになっています。なお、阪急線内については別運賃のため、駅改札窓口などでの乗り越しが必須となりますのでその点はご留意下さい。

まとめ

以上、姫路~京都間の交通手段について、JR線(新快速)・JR線(新幹線)・私鉄線(山陽・阪急)の各交通手段ごとにまとめてきました。

最後に、3つの交通手段について概要を改めてまとめておきます。

◇JR線(新快速)を利用する
・所要時間と運賃のバランスが取れた最も利用しやすいルートです。新快速は15分おきの運行、乗り換えは一切必要ありません。お得なきっぷ類もあり、通常の往復運賃よりも安く移動することも可能です。

◇JR線(新幹線)を利用する
・所要時間は約45分~と圧倒的な速さを誇ります。もっとも、運賃・料金は圧倒的に割高で、運行本数は新快速よりも少ないため、のぞみ号などの時刻に合わせてとにかく早く移動したいという場合におすすめのルートと言えるでしょう。

◇私鉄線(山陽・阪急)を利用する
・所要時間はかなり長く、乗り換えも2回必須となりますが、運賃面ではとりわけ春・秋の観光シーズンには「お得なきっぷ」の活用で京都市内の移動も含め、非常にお得なルートとしてご利用頂けるようになっています。コスト重視の場合はこちらのルートがおすすめです。