【まとめ】大阪から岡山までの格安・最速交通手段をまとめてみた(新幹線・高速バス)

このページでは、近畿地方の拠点である大阪のまちから四国への玄関口でもある岡山のまちを結ぶ交通手段について、お安いルートから最速のルートまで、なるべく丁寧にわかりやすく解説をしてまいります。

ざっくりまとめると

大阪~岡山間の移動には、

最速かつ割高な「新幹線」を利用するルート、

最安水準かつ時間はかかる「高速バス」もしくは「在来線」を利用するルート、

この3択となっています。

特徴としては「在来線」の運賃・所要時間が高速バスに劣らないレベルであることが挙げられ、少なからず在来線で大阪~岡山間を移動する「強者」もいらっしゃる状況になっています。

ちなみに、「飛行機」はありません。飛行機を飛ばすには余りにも短い距離となっており、新幹線は45分程度で大阪~岡山間を結ぶので、基本的に伊丹空港や関西空港からのアクセスでも、新幹線に乗り継いで頂く必要があります。

新幹線を利用するルート

運賃・所要時間など

ルート:大阪駅など―新大阪駅―(新幹線)―岡山駅

通常運賃・料金:自由席5610円・指定席6140円(大阪駅からの場合)

割引最安料金:3800円(2人以上限定の「こだま指定席きっぷ」)

所要時間:約45分

概要

新幹線は、大阪と岡山を結ぶ交通手段としては圧倒的なシェアを誇る最速ルートとなっており、のぞみ号やみずほ号の利用で新大阪駅から約45分で岡山駅を結びます。

この所要時間は、大阪周辺の「大阪~奈良」や「梅田~河原町」間を電車で移動するのと同等の所要時間となっており、なんともスピーディーに岡山にアクセスできてしまう大変便利な交通手段になっているのです。

本数ものぞみ号が昼間でも約20分おきに走るなど大変多く、指定席が埋まるようなお盆、お正月でなければ高速バスや在来線のように時間を合わせる必要すらありません。

なお、新幹線は必ず新大阪駅からの発着ですので、大阪市内各地から電車・地下鉄などで新大阪駅に移動して頂く必要があります。

すなわち南港方面や住吉大社方面からなど、出発地によってはその移動時間は新幹線の乗車時間に匹敵する場合もあるでしょう。

お得に利用するには?

EX予約(エクスプレス予約)

割引料金:4970円

新幹線をお得に利用したい場合、基本的にお一人の場合はEX予約(エクスプレス予約)を利用するケースでしかお得に利用することは出来ません。

EX予約は、会員制の新幹線のIC乗車券サービスであり、年会費が1080円もかかってしまいます。

EX予約の場合、新大阪~岡山間の場合、通常よりは1000円程度お安く利用できますが、新大阪駅までJRの在来線を利用してアクセスする場合には、乗車券を通しで買うことが出来ないようになっているほか、そもそも1回の利用では元が取りづらいため、既にEX予約サービスをご利用の方や、新幹線を今後頻繁にご利用になる方向けの割引サービスと言えるでしょう。

こだま指定席きっぷ

割引料金:3800円

大阪~岡山間を新幹線の「最安」料金で移動したい場合は、「こだま指定席きっぷ」一択となります。しかし、こちらは「2名様」以上が同一の行程で利用する必要があるため、一人旅やお一人でのビジネス利用ではお使いいただくことが出来ません。2人以上の場合のみ、大変お得に利用して頂けるようになっているきっぷなのです。

またこのきっぷは所要時間の長い「こだま号」以外はご乗車頂けないほか、駅の窓口では一切発売されておらず、インターネット予約サービス「e5489」のみで発売されていますのでその点もご注意ください。

JR+宿泊プランを使う

なお、岡山に日帰りではなく宿泊を伴う場合は、お一人様からでもご利用いただける日本旅行の「JR+宿泊セットプラン」を活用するという選択肢もあります。料金は近場でもあるため極端に安くはなりませんが、JRの運賃・料金とホテル代金を別々にお支払い頂く場合よりは安上がりになります。

新幹線を利用するメリット

・有無を言わせないほどの圧倒的な「最速」ルートです。
本数が多い上に快適で、遅れや運休リスクも少なくなっています。

新幹線を利用するデメリット

運賃が割高で、割引きっぷ、運賃もお一人様の場合利用できません。

高速バスを利用するルート

運賃・所要時間など

ルート:USJ・なんば(OCAT)・なんば高速バスターミナル(南海)・大阪駅・伊丹空港~岡山駅西口・倉敷駅北口など

通常運賃(なんば・大阪駅~岡山駅):片道3150円・往復5800円

最安割引運賃:2680円(WEB早割3)

所要時間:大阪駅~岡山駅間約3時間10分・なんば高速バスターミナル~岡山駅間約3時間30分

予約

大阪~岡山間の高速バスのご予約はいずれの便についても「インターネット予約」が便利となっています。

両備高速バス予約サイト  高速バスネット(JRバス)

概要

大阪~岡山間を結ぶ高速バスは、両備バス・中国JRバス・下津井電鉄バスによる運行で大阪市内各地と岡山・倉敷市内各地を結んでいます。

本数は新幹線よりは少なくなっており、朝夕を除き1時間1~2本程度となっていますが、両備バスによるリョービ・エクスプレスの場合はなんばからも発着するなど使いやすい存在になっています。

またUSJや伊丹空港から利用できる便もあり、新幹線とは違って各地からダイレクトに岡山へアクセスできることが高速バスの最大の特徴と言えるでしょう。

なお、距離が比較的短いため「夜行バス」については運行されていませんので、その点はご注意ください。

お得に利用するには?

高速バスのお得な運賃制度は、基本的に3日前までの予約で運賃が割り引かれるWEB早割3(2680円)がお得になっているほか、通常の往復きっぷでも片道当たり2900円で移動できるようになっています。

その他の割引制度は学割などを除きありません。もっとも、高速バスの運賃そのものが格安な存在ですので、通常運賃で利用しても割高感を感じるようなことはないでしょう。

高速バスのメリット

梅田、なんば、USJなど大阪市内の主要エリアと岡山をダイレクトに結ぶ唯一の交通手段となっています。
・在来線利用とほぼ同水準、もしくは更に割安な運賃で移動することが出来ます。

高速バスのデメリット

・所要時間は在来線を乗り継ぐルートよりも遅くなることもあり、渋滞のリスクもないとは言えません。
・バス酔いしやすいなど、車内の環境が苦手な方にはそもそもバスの利用はおすすめできません。

在来線を乗り継ぐルート

大阪~岡山間の第3のルートとしては、マイナーな存在と思われがちな「在来線」を乗り継ぐルートというものがあります。

在来線を乗り継いでいく場合、大阪駅~姫路駅~岡山駅という単純かつスムーズなルートがあり、乗り換え回数は姫路で1回、もしくは姫路・相生で計2回程度となっており、それほどの不便を感じるルートではありません。

大阪~姫路間については一般的な特急電車よりも早い「新快速」を利用できますので、在来線といっても「遅さ」を実感するようなこともありません。

本数としては、相生~姫路間が昼間は1時間おきの運行であるため、多少は乗り継ぎのスケジュールなどを前もって確認する必要がありますが、スムーズに乗り継げる場合は全体の所要時間が3時間を切るようなケースもあるなど、高速バスと時間面では互角の存在となっています。

「運賃」のほうは、通常運賃が3020円と、やはり高速バスと互角の運賃水準になっているほか、春・夏・冬の一部期間のみ発売される「青春18きっぷ(5日分11850円)」を上手に活用すれば、1日当たり2370円で移動できるため、日帰りで大阪~岡山間を往復するような場合、その他の交通機関ではありえないような圧倒的な安さ(実質の片道運賃1185円)で利用できるという優れものにもなります。

但し、青春18きっぷの有効期間中は、「同じような事」を考えて在来線で移動するお客さんが増える傾向があり、とりわけ相生~岡山間の普通電車はかなりの混雑に見舞われるケースもありますので、その点については十分ご留意ください。

車で移動するルート

大阪~岡山間をマイカーをはじめとするクルマで移動される場合、当然ながら高速道路と一般道(下道)ルートの2種類が考えられます。

高速道路の場合

高速道路の場合、ルートは概ね出発する場所にもよりますが、

阪神高速池田線―中国自動車道―山陽自動車道

を経由して岡山インターで降りるというルートがベターです。高速料金はETC割引の適用状況で大きく異なりますが、概ね3500~5000円程度と見込まれます。また所要時間は約2時間30分程度と、高速バスや在来線よりは少し早くなります。

高速料金の水準から考えると、ご家族連れなどの場合高速道路の利用がお得になるケースもあると考えられますので、状況次第で十分選択肢になるルートと言えるでしょう。

一般道(下道)の場合

一般道を利用して大阪~岡山間を移動する場合は、国道2号線をひたすら西に進んでいくルートが基本となります。渋滞のリスクも大きくなりますが、途中加古川バイパスや姫路バイパスといった自動車専用道路もあるため、とりわけ夜間などは高速道路を使わずとも比較的スムーズに移動できるようになっています。所要時間は4時間~5時間程度は掛かりますが、決して移動できない距離ではありませんので、実際に一般道を使う方も一定数いらっしゃるようです。

おわりに

以上、大阪~岡山という比較的近い都市間についてその移動手段、交通アクセスを一覧形式でまとめてまいりました。

基本的には

速さの新幹線

安さの高速バス・在来線

という構図となっており、高速バスの場合は大阪の各エリアからのダイレクトアクセスも魅力の一つとなっています。また、近場やので夜行バスや飛行機は一切ないということもご説明してまいりました。

速いルート、安いルートが明確に分かれていて使いやすくなっている大阪~岡山間の交通アクセス。皆さんもそれぞれのご都合や予算に合わせて使いやすい交通手段を選んで移動してみてくださいね。