琵琶湖大橋を「バス・徒歩・自転車」で渡りたい人のためのアクセスガイド

このページでは、琵琶湖の南北両岸を結ぶ日本有数の橋「琵琶湖大橋」について、通常のクルマによるアクセスではなく、「バス」で対岸へ渡る場合、また徒歩・自転車で渡るという場合について、アクセス拠点やルートなどをご紹介していきます。

琵琶湖大橋へのアクセス拠点

徒歩や自転車、バスで琵琶湖大橋を渡る・訪れる場合、クルマで乗り付ける場合を除き、基本的には電車などの公共交通機関などでアクセス拠点まで移動してくることになります。

ここでは琵琶湖大橋へ行く際のアクセス拠点についてご紹介していきます。

JR守山駅(琵琶湖線)

琵琶湖大橋の南側のアクセス拠点となるのはJR琵琶湖線「守山駅」。守山駅からは後述する琵琶湖大橋を渡るバス路線が発着しており、琵琶湖大橋の近くにある有名な商業施設「ピエリ守山」へ行くバスも発着しています。

守山駅から琵琶湖大橋まではかなり距離がありますので、徒歩で渡りたい場合は、手前までバスでアクセスすることになります。

JR堅田駅(湖西線)

琵琶湖大橋の北側のアクセス拠点となるのはJR湖西線「堅田駅」

堅田駅からも琵琶湖大橋を渡るバス路線が発着しているほか、琵琶湖大橋までそのまま徒歩で移動することが出来る距離にあり、琵琶湖大橋の「最寄り駅」となっています。

歩いて琵琶湖大橋を渡って、また対岸から歩いて戻ってきたい。そのような場合は堅田駅を拠点にすることをおすすめします。

堅田駅周辺には「浮御堂」や漁港近くの歴史ある町並みなど観光名所も多く、琵琶湖の風景を味わいながら散策も楽しめるようになっています。

車で来た場合は?

クルマ利用の多い滋賀県ということで、公共交通機関ではなく、橋の近くまで車でアクセスし、そこから徒歩や持ってきた自転車で橋を渡ってみたい。サイクリングしたい。という方も大勢いらっしゃるかと思います。

その場合は、琵琶湖大橋の南側すぐの場所にある大規模商業施設「ピエリ守山」の駐車場がご利用頂けます。

こちらは一見駐車してはいけないように感じられますが、サイクリング利用を事実上認めており、駐車台数も3千台弱ありますので満車になる可能性も高くありません。

なお、琵琶湖大橋の北側、堅田エリア側には道の駅「琵琶湖大橋米プラザ」がありますが、こちらはサイクリング利用は禁止されています。

堅田側には駐車可能な大規模駐車場がありませんので、ピエリ守山の駐車場を利用するようにしてください。

琵琶湖大橋をバスで渡る(守山~堅田)

琵琶湖大橋を渡るバス路線は、江若交通・近江鉄道バスにより「びわ湖横断エコバス」という名前の路線バスが、「JR守山駅~JR堅田駅」間で運行されています。

この路線は琵琶湖大橋を渡る風光明媚な観光路線でもある一方、電車では運賃が高く、乗り換えが必要な琵琶湖の対岸同士を結ぶ貴重な交通手段として利用されており、本数も土日祝日も含め1時間に1本以上は確保されています。

のりば

JR守山駅:バスのりばは「1番バス乗り場」です。84系統・86系統「堅田駅」行きをご利用ください。

JR堅田駅:バスのりばは駅正面の「2番バス乗り場」です。84系統・86系統「守山駅」行きをご利用ください。

運賃

守山駅~堅田駅間=520円

所要時間

約40分~45分(一部のバスは経由地の都合で1時間程度かかるものがあります。)

お得なきっぷ

■びわこ横断エコバス1日フリー乗車券

発売価格:1000円

びわこ横断エコバス1日フリー乗車券は、江若交通バス・近江鉄道バスの堅田・守山・雄琴・坂本エリアの広い範囲が1日乗り放題になるフリー乗車券です。

1000円ということで、堅田~守山の往復(1020円)だけでも元が取れる計算となっていますが、途中で降りたり、観光地を回ったりすることも出来ますので、琵琶湖大橋の風景を味わいつつ、周辺観光もしたい場合には最適の乗車券と言えるでしょう。

発売箇所:乗車券は、84・86系統(堅田駅~守山駅)の車内でお買い求め頂けるほか、近江鉄道守山旅行センター・江若交通本社・堅田営業所などでも購入いただけます。

琵琶湖大橋を自転車・徒歩で渡る

もちろん渡れます

琵琶湖大橋を自転車や徒歩で渡る。まず大前提として、自動車専用道路のように見えるので渡れるのかを心配する方もおられるようですが、それは問題ありません。

琵琶湖大橋は歩道も完備されており、歩行者・自転車の通行は可能(歩道も自転車通行可)となっています。

なお、後述するように自転車の場合「北側」の歩道を通行してください。南側の歩道は大変狭く行き違うには危険な状況となっています。

また、料金は自動車や二輪には通行料が掛かりますが、歩行者・自転車はもちろん無料で渡ることができます。特にゲートをくぐったり料金所で申告したりする必要もありません。

最寄りバス停は?

琵琶湖大橋を徒歩で渡る際に、最寄りのバス停となるのはどこか。

最寄りバス停は、

・守山側(南東側)は「琵琶湖大橋東詰」バス停となっています。

守山駅~琵琶湖大橋東詰間のバス運賃は500円、所要時間は約25分~30分、一部のバスは経由地の関係で50分程度となっています。

乗るバスは先述した約1時間おきに運行84・86系統堅田駅行きです。

堅田駅~琵琶湖大橋東詰間のバス運賃は250円、所要時間は約10分となっています。

堅田駅方面行き(北行)は全てのバスが堅田駅行きです。本数は1時間に約2~4本程度の運行となっています。

・堅田側(北西側)は「勾当内侍前」バス停となっています。

堅田駅からは琵琶湖大橋まで歩ける距離ですが、市街地を歩くのが面倒であればバスも使えます。

堅田駅~勾当内侍前間のバス運賃は180円、所要時間は約5分となっています。

堅田駅からのバスは守山駅・免許センター・佐川美術館・琵琶湖マリオットホテル行きがご利用頂けます。

本数は1時間に約2本程度の運行となっています。

なお、橋へのアクセスについては、南側の歩道沿いへのアクセスは便利ですが、北側の歩道へは北にある道の駅沿いから回り込むようにアクセスする必要がありますので、バス停から少し時間が掛かります。

堅田駅からのルートは?

堅田駅から徒歩で歩く場合、どのようなルートがよいのでしょうか。

簡単に言えば、橋の南側の歩道であれば、駅から真っすぐ通りを進み、道なりに進んだのちに橋の高架に上がるというルート。

また橋の北側の歩道であれば、駅前の通りを左に進み、「真野二丁目」の交差点からは右折して橋にアクセスするルート。この2種類があります。

ルートの詳細については以下の地図をご覧ください。

ピエリ守山からはすぐそこです

自転車を積んだりして来られた方が駐車することが出来る商業施設「ピエリ守山」の敷地は、琵琶湖大橋の南東側起点(道路の料金所)に隣接しています。

自転車等が走りやすい橋を渡る北側の歩道へは、ピエリ守山の南端の駐車場からすぐにアクセス可能となっており、信号なども渡ることなくそのまま橋を渡ることが可能です。

渡る上での注意点は?

自転車は北側の歩道を

琵琶湖大橋は、北行き・南行きいずれの車線の側にも歩道が設置されており、いずれも自転車通行可となっています。

しかし、南側(堅田方面行き道路側)の歩道は歩行者1人が安全に通ることが出来る最小限の幅しかなく、歩行者や自転車が安全に行き違うことが難しくなっています。

いずれかが車道にはみ出すような形を取ることは非常に危険ですので、自転車を利用する場合は必ず比較的歩道の幅が広い北側の歩道(守山方面行き道路側)を使うようにしましょう。

対向する歩行者・自転車に注意

北側の歩道が比較的安全とは言え、車道と歩道の間には柵などはなく、歩道から湖に落ちないために設置されている橋の欄干も湖をのぞき込めるなど、それほど高さがあるとは言えません。

スピードを出した自転車同士、また自転車と歩行者のが対向する際に事故などが起きると、どのような状況になるかわかりませんので、十二分に注意して通行するようにしてください。

荒れた天候になりやすい

琵琶湖大橋は、琵琶湖の真上にかかっている一方、通常の欄干が掛かるのみであり頑丈な防風柵などは全く設置されておらず、特に冬には比良おろしと呼ばれる強い風が吹きつけることも多く荒れた天候になりやすいため、下手をすると落下するような危険性もない訳ではありません。

陸上ではなくあくまでも「湖上」であり、常に天候が悪化しやすいというリスクを念頭に入れて渡って頂くようにしてください。

おわりに

以上、琵琶湖大橋を「バス」や「徒歩」・「自転車」で渡るという場合について、その運賃・所要時間やルート・渡り方はどうなっているのかという点についてまとめてきました。

再度まとめると

・交通拠点はJR琵琶湖線守山駅もしくはJR湖西線堅田駅

・「バス」は約1時間間隔で琵琶湖大橋を渡る便が運行

・橋の近くまでバスでアクセスしてから渡ることも可能

・クルマで橋の近くにある「ピエリ守山」へ行き、そこから徒歩や自転車で渡ることも可能

こういった内容をまとめてまいりました。天候が悪い場合などに徒歩や自転車で橋を渡ることはおすすめできませんが、日本でも屈指の美しい「湖の風景」を眺めながら橋を渡ることはそれだけでも「観光」になるものですので、ぜひ使いやすい交通手段でアクセスして琵琶湖大橋の風景をお楽しみ頂ければと思います。