「京都駅から北野天満宮」へのアクセス情報まとめ(市バス・地下鉄・JR)

菅原道真公をお祀りする全国の天神信仰(天満神社)の発祥の地とされ、学問の神様として広く信仰を集める「北野天満宮」。

本記事では、京都駅から北野天満宮までの交通手段・アクセス情報について詳しくご案内してまいります。

「京都駅から北野天満宮」アクセスの基本

京都駅から北野天満宮にアクセスする場合の交通手段には、以下のようなものがあります。

・市バス:乗り換えなし・最安ルート・観光シーズンには渋滞や遅延の場合あり
・地下鉄+市バス:所要時間やや早い・渋滞回避・運賃割高
・JR+市バス:所要時間やや早い・渋滞回避・運賃割高

遅延がない場合、市バスのみのルート・地下鉄と市バスを乗り継ぐルート・JR線と市バスを乗り継ぐルートともにスムーズなアクセスが可能です。所要時間については、大きな差はありませんが、電車とバスを乗り継ぐ方が早い場合が多くなっています。

ただし、市バスのみのルートは乗り換えなしで最安ルートですが、地下鉄やJR線を利用すると運賃は割高になり、乗り換えも必要となります。そのため、渋滞や遅延がない場合は市バスの利用がおすすめです。

地下鉄線やJR線経由のルートは、京都駅周辺などが観光シーズンに渋滞してバスが遅れている場合におすすめのルートとなっています。

北野天満宮の最寄りバス停について

北野天満宮については、駅からの徒歩圏と言える場所にはなく、地下鉄線やJR線を利用するような場合でも最後は「市バス」の利用が事実上必須となります。

市バスについては、「北野天満宮前」バス停が神社のすぐそばにあり、そちらを便利にご利用頂けます。

京都市バス「北野天満宮前」バス停(西行)
京都市バス「北野天満宮前」バス停(西行、京都駅・烏丸今出川方面からのおりば、西ノ京円町方面行きのりば)

京都駅及び地下鉄線を利用して烏丸今出川バス停からお越しの場合は、上の写真のバス停で下車する形となります。

バス停を降りると左側(東側)に進んでください。すぐに横断歩道があります。

北野天満宮前の横断歩道

横断歩道まで来ると、北側には北野天満宮の鳥居が見えますので、あとは横断歩道を渡るだけで神社に到着します。

京都市バス「北野天満宮前」バス停(東行)
京都市バス「北野天満宮前」バス停(東行、西ノ京円町方面からのおりば、京都駅・烏丸今出川方面行きのりば)

JR円町駅(市バス西ノ京円町バス停)方面からのおりば、及び京都駅方面、烏丸今出川方面へのお帰りの場合のバスのりばは、神社の鳥居から南西にすぐの場所にあります。

北野天満宮の鳥居・タクシーのりば
北野天満宮の鳥居

こちらのバス停からは、横断歩道を渡る必要なく北東に少し歩くだけで鳥居前に到着します。

なお、鳥居の前にはタクシーが大抵は常駐していますので、そちらをご利用頂くことも可能です。

市バスを利用する

ルート市バス京都駅前バスターミナル~市バス北野天満宮前バス停
のりばB2
系統・行き先急行101号系統:「二条城・北野天満宮・金閣寺」行き
50号系統:「(二条城・北野天満宮)立命館大学」行き
※急行111号系統でもアクセス可能ですが、所要時間が長くなるので利用はおすすめできません。
運行間隔いずれも昼間時約15分間隔(2路線合わせて5~10分間隔で利用可能)
運賃230円(子供120円)
※「バス1日券」・「地下鉄・バス1日券」が利用可能
所要時間約30分~

市バスをご利用の場合は、京都駅から急行101号系統と50号系統の2つの路線がご利用頂けます。

急行101号系統は最短約30分~、50号系統は最短約33分~の所要時間となっており、どちらをご利用頂いても大きな差はありません。

所要時間は地下鉄・JR線を利用するルートと比べ、やや長い場合もありますが、京都駅からのバスは本数が多く、乗り換えの手間もかかりませんので実際のところは所要時間面での差もあまりないと言えるでしょう。

地下鉄と市バスを利用する

ルート地下鉄京都駅~地下鉄今出川駅・市バス烏丸今出川バス停~市バス北野天満宮前バス停
市バスの系統・行き先※烏丸今出川から
203号系統:〈西大路通〉「(北野天満宮)西大路四条」行き
急行102号系統:「北野天満宮・金閣寺」行き
運賃地下鉄260円+市バス230円=合計490円(子供250円)
※「地下鉄・バス1日券」が利用可能
所要時間約25分~

地下鉄線と市バスを乗り継ぐ場合は、地下鉄烏丸線京都駅から国際会館行きをご利用の上、今出川駅までアクセスします。

今出川駅では3番出入口から出て頂き、地上に出てすぐの横断歩道を南側(京都御苑方向)に渡り、渡った後は左側(東側)に今出川通沿いを少し進んで頂くと、市バス「烏丸今出川」バス停があります。

烏丸今出川バス停からは203号系統・急行102号系統がご利用可能です。バスは最低でも約10分間隔で運行されており、比較的利用しやすくなっています。

このルートをご利用の場合、京都駅からの場合と比較すると渋滞などによる遅れを回避することが可能ですが、203号系統は四条河原町方面も通るため、観光シーズンには遅れが波及して運行間隔が開いてしまう場合もありますので、その点はご留意下さい。

JR線と市バスを利用する

ルートJR京都駅~JR円町駅・市バス西ノ京円町バス停~市バス北野天満宮前バス停
のりば(西ノ京円町バス停)E
系統・行き先(市バス)203号系統:〈西大路通〉「(北野天満宮・出町柳駅)銀閣寺」行き
運賃JR線200円+市バス230円=合計430円(子供220円)
所要時間約25分~

JR線と市バスをご利用の場合、JR京都駅から嵯峨野線(山陰本線)の普通・快速電車に乗って円町駅まで向かいます。嵯峨野線は昼間時は1時間に5本程度の運行となっています。

JR円町駅を降りたら、北側の出口から出て頂き、広場の北側を通る丸太町通を右方向(東方向)へ進んで頂くと「円町」の交差点がありますので、交差点を左側(北側)に渡って頂き、あとは西大路通沿いを少しだけ進んで頂くと、「西ノ京円町」バス停の「Eのりば」に到着します。

バスは203号系統のみご利用頂けます。バスは約10分間隔の運行となっており、ご利用頂きやすくなっています。なお、観光シーズンには遅れにより運行間隔がばらつくこともあります。

運賃面では地下鉄とバスを乗り継ぐルートよりも安く、市バスよりはかなり割高な水準となっています。なお、「地下鉄・バス1日券」はJR線では利用できませんのでご注意ください。

まとめ

以上、「京都駅から北野天満宮」までの交通手段・アクセス情報について詳しく解説してきました。

最後に改めて3つのルートについてまとめておきます。

◇市バスを利用する
・本数が多く、最安で乗り換えなしの最も便利なルートです。所要時間は電車とバスを乗り継ぐルートよりも少しだけ時間が掛かる場合もありますが、乗り換えのタイミングなどもあり、実質的にはほとんど変わりません。なお、観光シーズンなどには渋滞による遅れが生じる可能性もあります。

◇地下鉄と市バスを利用する
・地下鉄今出川駅経由で北野天満宮まで移動するルートです。観光シーズンの渋滞時には、バスのみでアクセスする場合と比べると、遅れ・渋滞をやや回避できるルートになります。「地下鉄・バス1日券」がご利用頂けます。

◇JR線と市バスを利用する
・JR円町駅経由で北野天満宮まで移動するルートです。地下鉄ルートと同じく観光シーズンの混雑をやや回避できるルートとなっています。JR線では「地下鉄・バス1日券」などは利用できません。