【お得】「伊丹駅」~「伊丹空港」のアクセスには「伊丹市バス」が便利!

関西の「国内線」の拠点である「伊丹空港(大阪国際空港)」

伊丹空港は関西空港と比べて大阪・神戸・京都の都心部に近く「便利な空港」として知られていますが、そのアクセスについては「電車」のみで空港まで行くことはできないことでも知られています。

伊丹空港への交通アクセスとしては阪急線や北大阪急行(御堂筋線直通)との乗り換えが便利な「大阪モノレール」が乗り入れているほか、空港リムジンバスが多数運行されており、一般的にはこの2つの交通手段でのアクセスが有名なものとなっています。

しかし、伊丹空港にはこれ以外の便利なアクセス手段がまだあるのです。

それは、「伊丹市バス(路線バス)」を使ったアクセス手段

伊丹市営バスは、猪名川という川を挟んで伊丹空港の対岸にあるJR伊丹駅・阪急伊丹駅から運行されており、とりわけ「JR線」の駅から伊丹空港に最もアクセスしやすい交通手段の一つとなっています。

乗り場

■JR伊丹駅

・JR伊丹駅の「大阪国際空港(伊丹空港)」行きバス乗り場は、「5番」バス乗り場となります。バス乗り場は駅を降りて北側に位置しています。直通便、阪急伊丹経由便とも同じ乗り場です。

■阪急伊丹駅

・阪急伊丹駅の「大阪国際空港(伊丹空港)」行きバス乗り場は、「6番」バス乗り場となります。6番バス乗り場は駅ビルから降りて北側、タクシー乗り場の左側にあるバス乗り場となっています。

■伊丹空港(大阪国際空港)

・伊丹空港(大阪国際空港)内のバス乗り場は、「7番」バス乗り場となります。バス乗り場は空港の旅客ターミナル側にあり、モノレールの大阪空港駅の向かい側となっています。

運行本数・所要時間

空港と伊丹駅方面を結ぶバスは、JR伊丹駅~伊丹空港の直通バスと、阪急伊丹駅・JR伊丹駅の両方を経由するバスの2種類があります。

本数についてはJR伊丹駅発の場合、平日・土日祝日ともに1時間に3~4本運行されています。直行便は1時間に1本程度で、残りは阪急伊丹経由となります。

なお、1時間に3本以上運行されていますが、運転間隔は15分おき程度が基本ではあるものの、30分開く時間帯もありますので、その点はご注意ください。

阪急伊丹駅発の場合、平日・土日祝日ともに1時間に2~3本の運行となります。JR伊丹直行便は阪急伊丹を経由しませんので、その分運行本数は少なくなります。

所要時間についてはJR伊丹発の場合直通便は20分程度、阪急伊丹経由便は30分程度となっています。また阪急伊丹発の場合概ね20~25分程度となっています。

運賃

運賃は、伊丹市営バスの均一運賃である「210円」均一となっています。

子ども運賃は110円、運賃のお支払いにはICOCA・Pitapaと伊丹市バスが発行するitappyと呼ばれるICカードがご利用になれますが、SuicaやPASMOなどの全国の交通系ICカード類はご利用頂けませんのでご注意ください。

伊丹市バスは便利でお得!

モノレールやリムジンバスではなく、伊丹市営バスを利用して「伊丹空港(大阪国際空港)」へアクセスするルート。「路線バス」ということで不便な印象が持たれがちですが、いったいどのような点が便利でお得なのでしょうか。

JR線沿線からのアクセスがとっても便利!

まず第一のメリットは、「JR線」沿線からのアクセスがスムーズになるという点です。伊丹空港への主要アクセス手段である大阪モノレール線は阪急線及び北大阪急行(大阪メトロ御堂筋線直通)と接続していますが、JR線から直接乗り継ぐことは出来ません。しかし、伊丹市営バスの場合JR伊丹駅からアクセスできますので、例えば大阪駅や尼崎駅、三田駅などから電車1本でJR伊丹駅まで移動して、そこから伊丹空港までバスでダイレクトにアクセスすることが出来ます。

阪急線+バスのご利用でお得に移動

JR線経由以外の場合でも、阪急伊丹駅からバスで移動する場合、とりわけ神戸三宮・西宮北口といった神戸エリア・阪神間エリアからお得に移動することも出来ます。神戸方面からの場合、リムジンバスやJR線経由のルートの場合、運賃が概ね600~700円台となりますが、阪急+市バスのルートの場合、神戸三宮駅から伊丹空港までワンコイン500円で移動できてしまいます。

所要時間は多少長いかもしれませんが、神戸方面からお得に移動したいのであれば、伊丹市バスの利用は大変「使える」交通手段なのです。

基本的に「最速」のアクセス手段ではありません

便利な点が多い伊丹市バスによる「伊丹空港」アクセスですが、あくまでも「路線バス」であり、電車との乗り継ぎが必須となる以上、伊丹市内や阪急沿線の一部を除いては伊丹市バスを利用するルートは伊丹空港への移動手段として「最速」のアクセス手段にはなりえません。大抵の場合は「大阪モノレール」や「リムジンバス」のご利用が最速のアクセス手段となります。

また、都心部からであれば、乗り換えが苦痛であれば「リムジンバス」のご利用一択となります。

伊丹市バスは便利でお得なアクセス手段なのですが、「時間」や「ダイレクトアクセス」にこだわる場合はご利用をお勧めできません。

まとめ

以上、伊丹市バスで伊丹空港(大阪国際空港)へアクセスする手段について、その使い方やお得・便利な点などを解説してきました。

JR・阪急伊丹駅~伊丹空港を結ぶ路線は一般的な「路線バス」と言えども、鉄道アクセスが必ずしも充実していない伊丹空港へは、JR線沿線や神戸方面からの貴重なアクセス手段となっており、使い方次第では非常に便利な存在となっています。

伊丹空港へ行かれる際は、モノレールやリムジンバスの利用が不便な場合などは、ぜひ「路線バス」の利用も検討してみてはいかがでしょうか。